お金がないと幸せになれない!という常識を疑う

マネー

 

マクロ経済だとかミクロ経済だとか、難しい話はさておき、日本が幸せになれば個人が幸せになるのか?それとも個人が幸せになれば日本が幸せになるのか?

 

どちらも幸せになることには、大切で必要なことなのでしょう。自分だけが幸せになっても、周りが幸せに見えなければあまり幸せな気分になれませんし、日本が幸せになれば自分が幸せ感を味わえなくても問題ないということも言えません。自分が幸せを実感し、周りも幸せを実感できる世の中が必要なのでしょうけれども、これがなかなか難しい。

 

日本が幸せになれば、個人も幸せになれるはず!というのが、今の日本の政策でしょうし、世界の政策。日本が幸せでなければ、世界各国が幸せでなければ、個人が幸せだと言う実感を得るのは難しいでしょ?ということになると思うのですが、いくら周りが幸せだと実感できても、自分が幸せを実感できなければ、不平不満は溜まるモノ。本当に難しい話なのです。

 

しかし、FPという立場からモノを言わせて頂ければ、完全に主観的なモノとなりますが、個人に与えられた範囲内で如何に幸せを実感できるか?ということが、必要なのだと考えております。

 

お金で幸せを買うことは出来ませんが、お金で防げる不幸はある。

 

つい最近まで、私の名刺に入れていた文言ですが、すごい言葉だと思いませんか? お金は無いよりもあった方がいい。これは誰でもそう思うと思いますが、お金が無ければ不幸せかと言えば、そうとも限らない。お金など無くとも幸せに暮らしている方々は多数いらっしゃいますし、お金があっても不幸せな方々もいらっしゃる。

 

でも、お金は無いよりあったほうがいいのは、誰でも思うこと。もちろん、無いよりはあった方が良いけれども、あればあったで不幸を招きかねないということも言えますので、お金はないよりもあった方が良いけどねぇ、という程度かもしれません。

 

与えられた範囲内ということが大切で、与えられた範囲以上のことを求めてしまうと、無理が生じてしまいます。200ccの入るコップに300ccの水を入れることはできません。100ccが溢れてしまうことは誰にでも分かることです。しかし、人間は200ccしかないところに300ccの水を求めてしまうモノ。この100ccのギャップを埋めることから始めることが、ライフプランなのかもしれません。

 

自分の可能性に挑戦することは大切なことですが、現状把握をしないと、可能性に挑戦しているのではなく、無謀への道へ突っ走っているだけになる。土台がしっかりしていないところに、立派な家を建ててもモロいのと一緒で、ライフプランも夢ばかりを追っていても、リスクだけを背負うだけ。モロさと背中合わせで送る人生が楽しいのかどうかをしっかりと考えてみるのも良いのではないでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

中村 毅

中村 毅

FP-RECO ご当地FP。1969年東京生まれ 某商社系運用会社にて個人向け資産運用を提供。退職と同時にファイナンシャルプランナーとして『何故、人は損をする行動を好んで取るのか?』をテーマに、個人向けライフプラン...

中村 毅のプロフィール
続きを読む
ページトップ