女性を発情させるセンス「繁殖力」の育て方

人間関係

 

繁殖力――それは男の自信を支える根本的な力の1つです。繁殖力とは女性を発情させるセンス――つまり「この人に触れられてもいい」「触れられたい」「抱かれたい」といった欲求を女性に起こさせる力のことを言います。

 

いかに肩書き、学歴、収入が良くても「女性を発情させるセンスを持たない男」はどこか自信がなさげです。この繁殖力を持つ男性は、肩書き、学歴、収入に関係なく「自信」に満ち、そして「自然体」でさらには「ユニーク」さも持っています。実際に繁殖させるかどうかは別として女性がその気にさせられる。そのための能力を身につけることはオス冥利に尽きるのではないでしょうか? もちろん、恋の乱獲は破滅を招きます。TPOにあわせてこの力を活用して頂けましたら幸いです。さて、今回は「繁殖力のある男性になるための方法」についてご紹介したいと思います。

 

 

■女を感じる初対面の女性と頻繁に話す

 

馴れ合いの女性や女を感じない女性ではなく「女を感じる女性」と話す機会をつくります。店、交流会、スポーツジム、勉強会、ボディケアサロン、異性の友人がいる方はその女性からさらに友人を呼んでもらい食事会を。初対面×女を感じる存在と出会い続けることで、まずは自分自身が「発情」することができます。まず自分が恒常的に発情することでフェロモンを放つところから、「繁殖力の強化」はスタートします。

 

 

■出会える大人のラウンジ&バーに行く

 

都市圏には、自然体の出会いが生まれる店が必ずあります。もちろん、魅力がなければ女性に無視されたり流されたりします。しかし魅力さえあればどんどん出会い、発情し合える関係がつくれる……、そんな場所です。夜遊びの情報通やネット情報などから「場所」を突き止めます。過去に戦歴がある人なら、まずは行ってみること。過去に戦歴がない人は、まずは現場に行き、無視されて傷つくことからはじめましょう。そしてうまくいっている殿方を観察。自身との力の差を見せつけられることが大切です。痛い経験をもとに「奮起する」。それが次のステップです。

 

 

■仕事の付き合いだけではない名目で女性をランチに誘う

 

ディナーに異性を誘うのではなくランチに誘ってみましょう。「自分の魅力」では女性を誘えない人は「旬の食材が食べられる店」で誘います。まずはこうして1対1で誘って了承を貰うことからです。女性がノって来ないのは、あなたに魅力がないからです。ノってくるのは「食事ぐらいならいい」という基準を越えているということ。連戦連勝もいれば全敗もいます。すべてを受け入れ、越えるべき課題を見つけることです。

 

 

■女性と恋バナをする

 

女性の恋バナに耳を傾け「男性達はこう思っているよ」とアドバイスすることで「持ちつ持たれつの関係」を作ることができます。これを繰り返すうちに女心が手に取るように分かるようになります。それを知らずして女性を発情させることはできません。

 

 

■恋の予感のする女友達を増やす

 

まずは女友達です。モテない余裕のない男性に限って、女友達の1人もいないのに、誰でもすぐに恋人にしようとします。しかし崖っぷち売れ残り感満載の男性に女性が発情することはありません。もっと余裕を持たない事には話にならないのです。余裕をつくるために「自分が好きになりそうな女性」をあえて大量に友達として大切にします。すると女性に対してそっけない距離感が生まれます。モテない男が余裕を醸しだすにはこの方法が得策です。また、複数人に恋することで、あなたはいつも数多くの女性に発情している状態となります。この分散恋愛状態が女性の本能を刺激するのです。

 

 

■女性が落ちた瞬間の実話を数多く聞く

 

周囲のモテ男の信じられないようなセクシャルな体験にしっかり耳を傾け、そういう事実が起こっていることをしっかり本能で把握します。そして同じ男として、自分の「枯れ感」を反省しつつ、なりたい男のセルフイメージを膨らませます。そうすることでオスになるためのスイッチがオンになります。

 

 

■自由恋愛主義の女性と複数仲良くする

 

自由恋愛主義の女性と複数仲良くなるだけで男の色気は倍増します。複数好きになり、複数食事にゆき、スキンシップをとってください。決して重い男になったり、一途にならないこと。モテない男ほどすぐに一途になりがち、ここをグッと我慢して何人を発情させられるかを試します。そして本気の恋をしたい女性に対して「嘘」はだめ!「付き合おうね!」とお泊まりしてそのまま逃げるなどはルール違反です。これは「色気」ではなく「誠意」をかざして騙しただけ。絶対にやってはいけません。あくまで遊びの自由恋愛のなかで互いがフェロモンの交換をするというスタンスが大事です。

 

 

■モテる男と遊びにゆき、がっつかずに並走する

 

モテる男と遊びに行く事が重要です。しかし足手まといにならないように、ファッショナブルな服を纏い、あとはがっつかずに控えめに並走すること。「自分も同じオスだし!」と、下手にオラオラになった瞬間に下衆な空気が漂い、空気がぶちこわしになることも。モテ男のペースを崩さずにコバンザメのように並走する。そして正しい発情のさせ方を学ぶことが先決です。

 

 

繁殖力がある男性が身近にいない方にとっては「そんな女性を発情させる男なんかいるのか?」と思うかもしれません。

しかし繁殖力のある「色気男」はこの社会のいたるところに生息しています。あなたが「色気に満ちた繁殖力のある男」になれば、おのずと身近なその存在に気付くことができるはずです。さあ、あなたも繁殖力のあるオスになって一度の「男人生」を謳歌しましょう。

 

【関連書籍】

男の自信のつくり方』(あさ出版)

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

潮凪洋介

潮凪洋介

エッセイスト・講演家。「もういい 人になるのはやめなさい(中経出版)」「男が大切にしたいと思う女性50のルール(三笠書房)」「バカになれる男の魅力(三笠書房)」がベストセラーに。 大人の海辺の社交場「...

潮凪洋介のプロフィール
続きを読む
ページトップ