【深刻なタクシー不足】自家用車で客を送迎する「ライドシェア」に半数以上が反対!? 日本での解禁は実現するか

コラム

citrus 編集部

 

 

SNSで盛り上がった選りすぐりのネタを紹介するcitrus。

 

「ライドシェア」がSNSで話題となっています。

 

 

■いまさら聞けない? 『ライドシェア』とは…

 

海外で普及している「ライドシェア」。昨今のインバウンド需要に伴う深刻なタクシー不足を受け、耳にする機会も多くなりましたが、そもそもどういった仕組みなのでしょうか?

 

ライドシェアとはいわゆるシェアリングエコノミーのひとつで、海外にあるのは大きく2つ。

 

  1. 目的地が同じ人同士がライド(乗り物)をシェア(共有)する、いわゆる「相乗り」。
  2. ドライバーの自家用車で客を有償運送する、タクシーと類似した営利サービス。

 

後者は日本では「白タク」と呼ばれ、厳密に禁止されていますが、近年では深刻なドライバー不足の影響を受けて緩和化の動きが出ていました。

 

そんな中「日本でのライドシェア導入に55%が反対している」というニュースが報道され、今回SNS上で話題となっているようです!

 

賛否両論の様子はというと……。

 

 

・意外と反対多いな! 日本大丈夫?
・反対する人は乗らなきゃいいだけなのに、なんで反対?
・いやいや怖すぎる! 何かあったときどうするの?
・言い方変えようと、やろうとしていることは「白タク」じゃん!
・タクシー業界が打撃受けちゃう。
・課題はあるけど、試験的にやってみれば便利さに気が付くと思うけどなあ。

 

「選択肢が増えるだけなのに、反対する理由がわからない」という人から、安全性や責任問題を考慮する慎重派まで、さまざまな意見が見られました。

 

 

■みんなはどう思う?

 

SNSでアンケートをとったところ、約8割が「反対」という結果になりました!

 

 

意見をくれた人の中にはこのような人も。

 

 

 

 

ライドシェア問題だけでなく、数年後には自動運転の実用化なども見込まれるなど、今後も様々な動きが予想されるタクシー業界。

 

ライドシェアを含め、今後の移動サービスに注目ですね!

 

 

最後に、「ライドシェア」についてより詳しく知りたい方は、こちらのリンクから!

こちらの記事もおすすめ!
【理想と現実】お洒落なカフェの常連になるのが夢だったはずが、実際は…「寧ろ正しい」「美味しいは正義」

【理想と現実】お洒落なカフェの常連になるのが夢だったはずが、実際は…「寧ろ正しい」「美味しいは正義」

ページトップ