本当にキレイになるロボット掃除機はどれだ!? ルンバ・ダイソン・日立の最新モデルでお掃除力を徹底検証!!

ライフハック

GetNavi web

全自動で部屋をキレイにしてくれるロボット掃除機は、家電の1ジャンルとして完全に定着しています。この年末商戦でも、大きな目玉となるのは間違いありません。本稿では、このカテゴリの王者アイロボット 「ルンバ」と、今回は対抗馬としてダイソンと日立の最新機種をピックアップ。各モデルの掃除性能を徹底的にテストしたうえ、家電の達人・戸井田園子さんに全4項目で採点してもらいました!

 

テスト方法はコチラ!

 

ミニテーブルとカーペットを設置した約2.6㎡の空間に、重曹20gとウッドチップ10gを撒き、掃除性能を検証。どれくらいゴミを取ったか計測するとともに、「カーペット」「部屋の隅・壁際」「家具の脚周り」の3つのエリアごとのゴミの取れ具合をチェックしました。なお、今回は充電台を使わず、部屋の端から運転を開始しました。

 

 

エントリー01 

家具が多い場所で多彩な動きを見せつつ効率よく掃除を遂行!

アイロボット ルンバ960

実売価格9万7070円

●稼働時間:最大75分●充電時間:約3時間●アプリ:iRobot HOMEアプリ●集じん方式:ダストビン式●サイズ/質量:W353×H92×D353㎜/約3.9㎏

特殊樹脂のローラーで重曹とウッドチップをほぼ集じん。カーペット前の段差にはウッドチップがやや残りました。

部屋の隅・壁際 

サイドブラシが届かない部屋の隅に重曹がやや残りました。四隅手前の本体走行跡にもわずかに重曹が……。

家具の脚周り 

テーブルの脚周りをグルッと回ってゴミを確実に捕集。狭い場所もキビキビ走行するプログラムが優秀です。

 

【4項目ジャッジ】

集じん性能4.5/5 走行性能5/5 独自機能5/5 メンテナンス性4.5/5

8分48秒で運転終了し、30g中27.2g集じん。走行性能は優秀でしたが、走行回数が少ない場所では取り残しも。「家の全部の部屋を自動掃除できるのが最大の魅力。吸込口ローラーは毛絡みがなく、手入れもラクです」(戸井田さん)

 

 

エントリー02

パワフルな吸引力とタテ横の動きでゴミをどんどん回収していく!

ダイソン Dyson 360 Eye

実売価格13万2010円

●稼働時間:最大45分●充電時間:約2時間45分●アプリ:Dyson Linkアプリ●集じん方式:サイクロン式●サイズ/質量:W230×H120×D240㎜/約2.4㎏

走行1回で集じんしたゴミの量は、ほかより明らかに多い結果に。重曹はほぼ除去しましたが、木チップが少し残りました

部屋の隅・壁際

壁にぶつからない設定なので、壁際に重曹とウッドチップが残りました。狭い場所でゴミが多めに残る場合も。

家具の脚周り 

家具の脚元で1/4周回り込み、矩形の動きに戻りました。脚に接触しないため、脚元に少し木チップが残る結果に。

【4項目ジャッジ】

集じん性能4/5 走行性能3.5/5 独自機能4.5/5 メンテナンス性4/5

5分10秒で掃除終了し、30g中25.1gを集じん。吸引力の高さは文句なしですが、壁際に寄れない点は惜しいところ。「静音モードが追加されるなど、ソフトウェアのアップデートで使い勝手が向上する点も魅力です」(戸井田さん)

 

 

エントリー03

幅約25㎝の小型ボディと独自のAI制御でキビキビ掃除する

日立 minimaru(ミニマル) RV-DX1

実売価格10万7560円

●稼働時間:最大約60分●充電時間:約3時間●アプリ:非対応●集じん方式:ダストケース式●サイズ/質量:W250×H92×D250㎜/2.3㎏

1回の集じん率はそれほど高くありません。しかし、同じ場所を何度も掃除した結果、ほぼすべてのゴミを除去しました。

 部屋の隅・壁際

テーブルの脚を検知すると周りを1周走行。次に旋回して別の脚を探し、4本の脚をきれいに掃除していました。

【4項目ジャッジ】

集じん性能5/5 走行性能4.5/5 独自機能4.5/5 メンテナンス性5/5

13分でほぼゴミを除去。30g中29.7g捕集。同じ場所を何度も通り、時間はかかりましたが集じん率は高いです。「瞬時に状況を判断して賢く掃除。充電台に戻ると集めたゴミを圧縮するため、ゴミ捨て頻度が減ります」(戸井田さん)

 

 

 

PROFILE

 

家電コーディネーター 戸井田園子さん

テレビや雑誌など様々なメディアで活躍。ユーザー目線に立った製品レビューで厚い支持を集めています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

GetNavi webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

GetNavi web

GetNavi web

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュースをテーマに、「新」がつくものなら何でも取り上げるウェブメディア。取り扱うジャンルはデジタル・家電からエンタメ、ミニ四駆まで幅広い。スポーツコンテンツにも...

GetNavi webのプロフィール
ページトップ