男だって自由に働きたい! 育児参加すると戦力外にされる「パピートラック」をなくすために…

人間関係

清水なほみ

 

ちょっと前にはやったドラマ「コウノドリ」の中で、小栗旬扮するシングルファーザーの「パピートラック」が描かれていましたが、男性が育児に参加するために働き方を変えようとすると「戦力外」とされてしまうケースは現実でも起こりうることのようですね。今の企業の上層部にいるメンバーのほとんどが育児参加も家事参加もしたことのない「ひと昔前」の世代の男性が中心であれば、育児のために勤務時間を短縮したり、「会社に滞在する日数」を減らしたりすることは理解しがたいのかもしれません。「そんなことは妻に任せておけ。何のために妻がいるんだ」という考え方をもった世代が、まだ企業の上層部を占めている可能性は十分にあります。

 

OECDの13年の調査では、日本は男女の賃金格差が加盟国で3番目に大きい。収入が低い女性のほうが仕事を辞めたりセーブしたりするのが「合理的」な構造のため、「男は仕事、女は家庭」という意識が変わりづらい。

出典:長時間労働にパタハラ 男性の家庭進出を阻む壁(AERA)

 

という意見もありますが、実は「女性が稼げない」わけではありません。女性は妊娠・出産・育児のために正規雇用での労働が続けられない人が多いだけです。そのために「平均」すると男性よりも収入が低くなります。私も含め、専門職についている女性は、例え非正規雇用になっても収入は保たれますので、「平均」しなければ女性の方が収入が多い家庭も多数存在することになります。「男は仕事、女は家庭」という考え方は、「男の方が稼げる」と「思い込んでおきたい」男性が作り出した幻想でしかありません。

 

「男が稼ぐべき」「男は仕事を優先すべき」「男が家計を支えるべき」、こういったジェンダーバイアスは女性の社会進出を阻むだけでなく、男性の生き方も窮屈なものにしてしまっているように思えます。全ての男性が稼ぐことが得意とは限りませんし、働きたくて働いているとも限りません。妻が稼げるのなら、自分はあまり仕事をしたくないという男性もいるでしょう。どちらが何をしなければいけないという一定のルールはなく、各家庭で「得意な人が得意なことをする」ことがベストな配分を決めることにつながります。

 

そもそも長時間労働=戦力になる、という考え方自体が間違っていますから、古い考え方の上司には早々に見切りをつける方が賢い選択と言えるでしょう。有能な人ほど残業はしません。ダラダラと長時間働くことが、必ずしも会社にとってもメリットのあることではないということに、いい加減気付くべきなのです。

 

最近はライフワークバランスを意識する企業や、ダイバーシティーマネイジメントを推進する企業も増えてきました。ダイバーシティーを進めることは、女性の働きやすさだけを追求するものではなく、男女ともに「個々の特性とニーズにあった働き方」を選択しやすくすることにつながります。

 

男性が育児参加のために仕事に携わる時間を減らすことに対して不満を抱える人が存在するとしたら、それはその人が今の自分の働き方や仕事に満足していないということです。心からやりたい仕事を満足のいく形で行っていれば「他人がどういう働き方をしているか」は気になりません。不満を抱えたまま我慢して仕事を続けていたり、「こうあるべきだ」「こうしなければいけない」という気持ちで働いていれば、自分と同じ「べき論」を他人にも押し付けようとしますから、育児休暇や時短勤務に対して「不公平感」を持ったりするのです。パピートラックやパタハラが蔓延している企業では、まずは上層部の「仕事に対する満足度」や「自分に対する肯定感」を上げてあげる必要があるのかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

清水なほみ

女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。女性医療の先駆者の下、最先端の性差医療を学び、「全ての女性...

清水なほみのプロフィール&記事一覧
ページトップ