ついにお賽銭まで電子決済! Edyの五円と現金の五円、ご利益は同じなのか?

ライフスタイル

 

日本人は無宗教と言われますが、その反面、妙に信心深い部分も持っており、神社や寺にお参りするときは、ほとんどの人がお賽銭をすると思います。とりわけ初詣に大きな神社に行くと、賽銭箱が普段より大きく、かつオープンな形になっており、小銭に交じる一万円札を目のあたりにして驚愕します。


いったいどこの誰が、この一万円札を投げ入れたのか。それともこれは、お参りする者にプレッシャーを与え、より多くのお賽銭をを促すためのサクラなのか。いや、神聖な場所である神社がそのようなことを仕組むわけがないから、これはやはり、ご利益にあずかった人からのお礼なのだ。その人は、高額なお賽銭をしてもびくともしないほどの大金を儲けたか、もしくは、宝くじに当たったのか。いずれにせよ、これだけたくさんのお賽銭が集まるということは、それだけここの神さまのご利益が絶大ということだから、自分も、思い切って高額なお賽銭をしておけば、少しは運が開けるのかも知れない。


賽銭箱の前に立つと、そのようなあれこれを考え、心は千々に乱れます。しかし、いざ財布から一万円札を出そうとすると、どうしたって躊躇する人が多いでしょう。お賽銭は金額の多寡ではなく、どれだけ誠意がこもっているかが大切なはず。自分はまだ大金を儲けたわけではないから、身の丈に合った額にしておこう。で、それはいくらだ。千円か?いやいや、千円と言えば、ワンコインランチが二回食べられる。ならばどうする?五百円でもまだキツい。かと言って、三百円というのはいかにも半端だ。そうだ、やはり自分にとって妥当な金額は百円なのだ!


ようやく決心し、財布を探ります。しかし、そんな時に限って、財布の中に百円玉はひとつもない。そんな時に便利なのが、最近一部の神社で始まった電子マネーでお賽銭をする方法。まずは希望する金額を一円単位で入力し、読み取り端末に楽天エディなどのカードをかざすと、そのままお賽銭として決済されるという、実によくできた仕組みです。これに関しては、小銭の持ち合わせがないときに助かるという意見がある一方、「神社仏閣という日本古来の伝統を継承する場にそぐわない」など、否定的な見解もあるそうですが、わたしは、お賽銭は気持ちの問題であり、すること自体に意義があるのだから、どんな方法でもかまわないと思います。確かに神社仏閣は伝統を重んじる場ではありますが、創建された奈良時代や平安時代のままではなく、世の中の流れにしたがっていろいろと変化してきた結果、今があるわけですしね。

 

 

しかしながら、もしもわたしがお参りに行き、電子マネーの賽銭箱と、初詣特有のオープン式賽銭箱のどちらでお賽銭をしたいかと聞かれたら、やはり、昔ながらの賽銭箱の方を選びますね。なぜなら、適度なコンプレックスこそが、次なる飛躍のバネになると信じているからです。


世の中には、一万円札をお賽銭にするほどの成功者がたくさん存在するというのに、自分はまだ、千円をためらうほどみみっちい。でも、今に見ておれ、来年の初詣こそは、先陣を切って札束を投げるような身分になってやる、と思い続けてうん十年。いまだに百円どころか、五円しか投げないわたしです。五円=ご縁。つまり、まだ縁結び祈願すら成就していないってことですね。いささかトホホな気分ではございますが、願いごとは宝くじと一緒で、諦めた時点で終了ですから、今年もまたいつもの神様のところに行き、「今度こそお願い」とお賽銭をしてくるつもりです。それだとやっぱり、「五円」と入力して電子決済されるよりも、「神様に気持ちが届きますように」と、気合を入れて五円玉を投げ込む方がご利益ありそうですよねっ!!

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

寺と神社の旅研究家

吉田さらさ

岐阜県生まれ、早稲田大学第一文学部美術史学科卒。長年の出版社勤務後、寺と神社の旅研究家として独立。独自の視点で神社仏閣詣でをより楽しむ方法を考察し、雑誌記事、単行本などを数々執筆。各種講座、講演会、ツ...

吉田さらさのプロフィール&記事一覧
ページトップ