スマホでイルミネーションを美しく撮る3つのコツ――その場の感動やキラキラを写真に残すには?

テクノロジー

GetNavi web

キラキラと輝くイルミネーションを見て感動し、夢中になってシャッターを切っても、撮れた写真は今ひとつ……。その場で感じた華やかな印象は損なわれ、ただ小さな光の点が写っただけの写真になってしまった。そんな苦い経験はないだろうか。今回は、iPhoneなどのスマホカメラを使って、イルミネーションを美しく撮るコツを紹介しよう。

 

↑カメラはiPhone 7 Plusを使用したが、今回の掲載カットに望遠レンズは使わず、すべて広角レンズで撮影。スマホの多くは広角レンズ搭載なので、iPhone 7 Plusス以外のマホユーザーも参考になるはずだ

 

 

1.シャッターチャンスは日没後の薄明かりの時間

 

イルミネーションの撮影で、まずこだわりたいのは時間帯だ。多くのイルミネーションは日没と同時くらいに点灯開始になるが、日没直後の時間帯こそ、輝きが特に映える最大のシャッターチャンスといっていい。

 

下の写真は上から順に、日の入りから約10分後、約20分後、約30分後にそれぞれ撮影したもの。この時間帯では短い間に写真の印象が大きく変わることがわかるだろう。

 

↑日の入りから約10分後。まだ空が明るく夜景らしさがやや欠ける印象だ

 

↑日の入りから約20分後。空が濃紺になり、タワーの輝きがいっそう際立っている

 

↑日の入りから約30分後。空の青みはほぼ消えて一般的な夜のイメージに

 

3枚のうちどれが好ましく感じるだろうか。私としてはライトアップやイルミネーションを引き立たせるには、2番目の日の入りから約20分後のカットがベストだと思う。つまり日没から撮影を開始すれば、最初の20~30分が勝負である。この「マジックアワー」と呼ばれる時間帯を逃さないよう、日の入り前に下見をし、構図やアングルをある程度決めておくといいだろう。

 

↑こちらは日の入りから約1時間後に撮影。肉眼では空の青さはほぼ消えていたが、明るめの露出を与えたことで、空は薄い紺色になった。本来は、もう40分前がベターかもしれないが、こうして露出を明るくすることである程度の対応は可能だ

 

 

2.小さなものに接近して背景を美しい“玉ボケ”にする

 

2つの目のポイントは「ボケ」を生かすこと。イルミネーションの光源であるLEDは、くっきりとピントを合わせると小さな点として写るが、ピントを外せば丸いボケとして表現される。つまり、ピントを合わせるポイントを、LEDの位置から遠ざければ遠ざけるほどボケ量が増え、玉ボケは大きく写る。

 

下の2枚の写真を見比べてほしい。1枚目は奥にあるLEDに、2枚目は手前にあるクリスマスツリーの飾りに、それぞれピントを合わせた。構図は同じだが、ピント位置によって、ボケの雰囲気が大きく異なることが分かるだろう。

 

↑奥にあるLEDにピントを合わせた。LEDの配線などもはっきり写ってしまっている

 

↑手前の雪だるまの飾りにピントを合わせた。ボケ効果によりLEDの配線は写らなくなり、光量も増えた印象になった

 

一般的にスマホのカメラはボケ表現が得意ではない。センサーサイズが極めて小さく、それにともなってレンズの焦点距離が短いためだ。とはいえ接写の場合には、それなりのボケは生じる。つまり、イルミネーションをボケとして表現するには、イルミネーションの手前にある適当な小物を探し、そこにピントを合わせればいいのだ。

 

被写体は、クリスマスツリーの飾りのほかに、小さな草花や標識、自動車のエンブレム、ベンチの意匠などイルミネーションに似合うものなら何でも構わない。現場に適当なものがなければ、自分の手や腕時計、持参した小物でもいいだろう。

 

↑懐中時計をベンチに置いて撮影。ライトアップされた背景の街並みがきれいなボケになった

 

↑木馬の小物を接写。明るくするためにカメラのLEDライトを発光させて撮影した

 

 

3. 全体を青や赤に染めて幻想的な雰囲気を強調する

 

3つの目のポイントは、色の設定だ。近ごろのスマホカメラは高性能なものが多く、オートのままで撮影しても発色に不満を感じることは少ないはず。しかし、イルミネーションは非常にカラフルな人工照明のためオートホワイトバランス機能が適切に作動せず、見た目とは違った発色で写ってしまうことがある。

 

そんなときは、「ホワイトバランス」の設定を切り替えよう。使用するスマホのカメラアプリに、ホワイトバランスの選択機能がある場合は、それを利用すればいい。残念ながらiPhoneの純正カメラアプリでは、ホワイトバランスの切り替えはできない。iPhoneユーザーの場合は、例えば「Lightroom mobile」や「ProCam」、「ProCamera」といったサードパーティ製のカメラアプリを使うといいだろう。

 

↑iPhone 7 Plusの純正カメラアプリで撮影。道路が赤くなり、やや華やかさに欠ける

 

↑ 同じ場面をLightroom mobileを使ってホワイトバランスを「タングステン」にして撮影。全体が青く染まり、幻想的な雰囲気が高まった

 

↑Lightroom mobileのカメラ画面。「WB」というのが「ホワイトバランス」の設定だ。今回は「オート」から「タングステン」に変更した

 

以上の3つのポイントを踏まえ、スマホによるイルミネーション撮影を楽しんでみてほしい。

 

文:永山 昌克

この記事が気に入ったらいいね!しよう

GetNavi webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

GetNavi web

GetNavi web

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュースをテーマに、「新」がつくものなら何でも取り上げるウェブメディア。取り扱うジャンルはデジタル・家電からエンタメ、ミニ四駆まで幅広い。スポーツコンテンツにも...

GetNavi webのプロフィール
ページトップ