コーヒー1杯500円! 高いけど行ってしまう「銀座ルノアール」の魅力3つ

話題

citrus kimusawa

コーヒー1杯500円! 高いけど行ってしまう「銀座ルノアール」の魅力3つ

PCを持って外で作業をする時、僕は必ず銀座ルノアールを使います。でもルノアールってスタバやエクセルシオールのような綺麗さやもなければ決してお洒落なわけでもありません。またトイレも「めちゃくちゃ綺麗!」と言えるほどではありません。そしてコーヒーは一杯500円以上と決して庶民的ではない値段。

 

それなのになぜかルノアールを選んでしまうんですよね。近くに他のカフェがあるにもかかわらず、わざわざルノアールを探していくほどです。

 

いったいルノアールには何が隠されているのか!? 今回は銀座ルノアールの魅力に迫ります!

 

■1.とにかく広い!
ルノアールの魅力としてまずあげられるのはその広さでしょう。他のカフェではとにかく隣のお客さんとの距離が近いでよね。カウンターの席となると、隣の人のPCなんて簡単に見られてしまうほど近いことがあります。

 

ファーストフード店とかになると、隣の人と方がぶつかってしまいそうなほど間隔が狭いことだってあります。

 

しかし、ルノアールではそんなことは決してありません。どの店にいってもテーブルとテーブルの間隔は結構広くあけてあります。思い切り伸びをしても周囲の人に当たることはありませんし、また隣の人を気にしながらこぢんまりとする必要なんてありません!

 

■2.すいているカフェを探して歩き回る必要なし! いつ行っても席があいている!
スタバやドトールといったカフェは、休日の昼下がりに訪れると人が多くて入れないことが多々ありますよね。なかなか入れるカフェが見つからなくて歩き疲れてしまうということもあります。

 

でもルノアールはどんな時間にいっても結構高確率で席があいています。もちろん時間帯によっては混んでる時もありますが、それでも入れなくて他のカフェを探すということは経験上一度もありませんでした。

 

恐らくその値段の高さと少しオジサンっぽい雰囲気から(それがまた魅力でもあるのですが……)普通の若者が近寄らないのでしょう。スタバやエクセルシオールに行くとキャピキャピの大学生や高校生でいっぱいいますが、ルノアールでそういった方々はまず見かけません。

 

 

■3.無料でお茶をガンガン飲める!
訪れたことがある人ならご存知でしょう。ルノアールでは注文した飲み物が飲み終わったころに温かいお茶を出してくれます。しかもおかわり自由です!

 

多くのカフェではお水が飲み放題ですが、温かいお茶を出してくれるところはルノアールしかありません。しかもこれが結構美味しいんです!

 

PCで作業していると、どうしても時間を忘れて半日ぐらいいてしまうことがあります。そうするとどうしても水以外のものが飲みたくなってしまうことがあります。それにいちいち取りに行くのも面倒です。

 

でもルノアールだと神対応な店員さんがお茶が少なくなった頃を見計らって、新しいお茶を入れてくれます。もうそれは何時間でもいてくださいね!と言ってくれているかのよう。

 

■【まとめ】都会のオアシス、ルノアール
まだまだ他のも書き足りないことはたくさんありますが、とりあえず一番最初に思いつくルノアールの魅力を紹介してきました。それでもまだルノアールには近寄れない……という方もいるでしょう。

 

でも、騙されたと思って一度行ってみてください。絶対にその魅力の虜になってしまうはずです。そしていつしか、コーヒー一杯500円! それでもやっぱりルノアール! ルノアールしか考えられない! そんな日がくることでしょう。

 

是非一度、ルノアールに訪れてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

kimusawa

1989年生まれ。社会人として企業で働きながら自分に最も適した働き方、生き方を日々模索中。社会的に正しいこと、こうあるべきだとされている価値観やノウハウに対して疑問を感じながら生きてきた経験をもとにブログを執筆しています。

ページトップ