人は人、自分は自分。“先送り”こそ、わが子の将来を明るくする

ライフハック

 

人生は、何歳で決まるのだろうか。

 

「人生は、◯代で決まる……」そういう本を書店で目にしました。思わず手に取って立ち読みしてしまったのですが、本を元に戻すと、すぐ近くにまた別の年代で人生が決まるという本があった。

 

え? 20代? 30代? 40代? 一体、いつ決まるの? そんなことを思ってしまいました。いったい、いつ決まるのがホントなのでしょう?

 

年齢ごとに、経験すべきことを整理することは、わかりやすく、参考にできる部分も多いでしょう。期限を切られることで、行動を促す効果もあると思います。が、私は、すべきことを年齢で区切ることに、慎重でありたいな、と思います。

 

私はもうすぐ40になりますので、今日、書店で手に取った本は、40代で~という本でした。読んでみると、私なりに、できているな!と嬉しくなったこともあれば、マズイ……と不安をかき立てられることもありました。

 

おそらく、それは30代でも、20代でも、できていることもあれば、できていないこともあるのではないかと思うのです。それに、もし20代で人生が決まるなら、その20代は、10代で何をしたかで決まってしまうし、それなら、さらに一桁の時に何をしたかで決まる。となると、お母さんのお腹の中にいる時から……。

 

常に、過去を振り返って、できていないところはないか、今からでも間に合うか、追いかけっこをし続けることになってしまいます。そのプレッシャーは、相当なものです。私が接している子ども達は、一番、年上の6年生でも、まだ12歳です。何かができるようになる時期は、数年単位の誤差があっても、全く不思議ではないと思います。人生が決まるデッドエンドとなる年齢は、先送りするに、越したことはないように私は思います。

 

先送り……。

 

何と、罪悪感をかき立てられる言葉でしょう。が、先送りには、子どもの人生を大いに輝かせる価値がありそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

私立小学校校長

青木洋介

1976年生まれ、都内私立小学校校長。 2013年「むさしの学園小学校の母親を変える教室」出版。 低学年から高学年までの担任を経験する中で、子どもが安心して活躍するためには、まず、母親がイキイキしていることが大...

青木洋介のプロフィール&記事一覧
ページトップ