「“働かないアリ”は集団存続に必要」との研究結果。あなたは“隣の暇な社員”を許せますか?

ビジネス

 

今までも耳にしたことがある人は多いと思いますが、これまでの働きアリに関する研究では、グループの中には必ず働かないアリが一定割合で存在することが確認されていて、それまで働いていたアリだけのグループを作っても、同じように一定割合の働かないアリが出現するという話がありました。

 

働かないアリは、仕事をする上では非効率な存在であるにもかかわらず、必ず出現してくることの理由というのは、実はこれまでの研究では、未だに解明されていなかったのだそうです。これに対して、先ごろ北海道大学などの研究チームが、イギリスの科学誌に発表した内容によると、アリの1匹ずつを個体識別した上で、1カ月以上に渡って8つのコロニーの行動を観察した結果、最初よく働いていたアリが休むようになると、それまで働かなかったアリが動き始めることを確認したとのことです。

 

コンピューターシミュレーションによれば、勤勉なアリだけのコロニーでは、働きアリが一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があったのだそうです。自然界では、働きアリがすべて同時に働かなくなると、卵の世話が滞ってそのコロニーが滅びてしまうため、コロニーの中に必ず2~3割いる働かないアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をして、集団の長期存続に不可欠だということがわかったとのことでした。この研究を主導した教授は、「人間の組織でも、短期的な効率や成果ばかりを求めると悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」と語っておられました。

 

 

■“働かないアリ”を雇える会社が生き残る

 

これはもう10年近く前になりますが、私の知り合いの中に、これとまったく同じような話をしていた社長がいました。その当時の私から見ると、どう見ても暇そうな社員が何人かいるので、その社長には「今のままでは彼らは余剰人員とみられ、そういう人を組織内に放置すると、他のメンバーがやる気を失う恐れがあるから、もう少しきちんと仕事を与えて働かせた方が良い」というような話をしたことがあります。

 

その時に言われたのが、「もしも何か急に対処しなければならないことが起こったとき、ある程度の余力がなければそれに対応ができなくなってしまうから、多少はそういう人員を抱えておくことも必要だ」ということでした。

 

その頃の私には、今一つ納得できない言葉でしたが、私もその後いろいろな会社とかかわるようになり、それぞれの会社が良くなったり悪くなったりする状況に立ち会ってきた今では、一定の余力が必要ということに当てはまるケースは意外と多く、当時話していただいたことが、よく理解できるようになってきました。

 

実際に余力を持てる会社というのはそれほどある訳でなく、多くの場合はギリギリの人数と限られた設備や時間の中で仕事をしています。目の前の収益を上げるためには、仕方がない部分でしょう。

 

ただ、そんな中で、誰か一人が欠ける、機械やパソコンやその他設備が壊れる、納期短縮というような事態が起こると、これはもう対処のしようがなく、残った人だけで力技の人海戦術に頼るしかなくなってしまいます。どうしても仕事は雑になるので、品質低下による手戻りが増えたり、さらに誰かが体調を崩したり、どんどん悪循環に陥って何事も悪くなる一方になり、本当にチームや会社存続の危機となります。

 

 

 

■“働かないアリ”が働き始めるタイミング

 

 

ただ、これは偶然も含めて、それなりの余力があった場合には、ここまでに至ることはありません。

 

ある会社であったことですが、社内的に大きなプロジェクトの一つが火を噴き、かなりピンチと思われることがありました。ただ、たまたまそのタイミングで、この会社で実施していた海外留学制度に参加していた人がちょうど復職してきたため、問題プロジェクトはどうにか持ち直したということがありました。さらに言えば、この復職してきた人は、しばらく仕事をしていなかったため、心と体のリフレッシュが万全だったためか、結構な無理をサラッとこなしていたらしく、この人が個人的に持っていた余力も、良い方に作用したということがあったようです。

 

「組織の長期存続のためには、多少の非効率も必要である」ということは、頭では納得できても、それを実行するのはなかなか難しいと思います。そもそもどの程度の余力が適切なのかがわかりづらいですし、やっぱり暇な誰かが周りにいるのは、どうしても給料泥棒的に思ってしまいます。それでも、「みんなが勤勉では、一斉に疲れて動けなくなってしまう」とか、「働いていた者が休み始めると、働かなかった者が動き始める」というのは、私の経験的にも感じるところであり、組織の安定した存続のためには、考慮しておくべきことです。

 

アリでもできることならば、人間もできるのではないかと思ってしまいますが、そうはいかないものなのでしょうか……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ユニティ・サポート

小笠原隆夫

IT業界出身で現場のシステムエンジニアの経験も持つ人事コンサルタントです。 人事課題を抱え、社内ノウハウだけでは不足してその解決が難しい企業、100名以下から1000名超の企業まで幅広く、人事制度構築、...

小笠原隆夫のプロフィール&記事一覧
ページトップ