子供の置き去りは“しつけ”ではない! あまりにも大きすぎる 「脅し」や「体罰」の代償

話題

福田由紀子

 

 

北海道の山林で「しつけのために」置き去りにされた小学校2年生の男児の捜索が難航しています。どうか無事でいてほしいと願いながら、続報を待っている人も多いと思います。

 

子を持つ親としては、心がえぐられるようなニュースです。「言うこときかないなら、放っていくよ」……この脅しを使ったことのない親はどれくらいいるでしょうか。私も言ったことあります。実際に子どもの前から姿を消して、不安げな子どもの様子を物陰から見ていたこともあります。頃合いを見て姿を見せた時の子どものホッとした表情は、なんだか自分への愛情の確認ができるようで、悪くありませんでした。また、この「脅し」は、子どもにとても効くのですよね。それも、速効。

 

置き去りにした親としては、戯れのような脅しのつもりだったのでしょう。当時の状況は詳細には報道されていませんが、500mほど車で走って、5〜10分後に戻ったら姿が消えていたとのことです。その時の親御さんの気持ちを思うと、心臓がキューッと縮みます。

 

何年も前のことになりますが、これまた「しつけのため」に、子どもを置いて歩き出した親を後追いした子どもが車にはねられて亡くなる事故がありました。子どもにとって親に捨てられることは、生存の危機を意味します。まっすぐに親の背中だけを見て走って追いつこうとしたのでしょう。その時の子どもの気持ち、ほんの少しの「お仕置き」のつもりの行為が取り返しのつかない事態を招いてしまった親の気持ちを思うとたまりません。

 

 

■置き去りは「しつけ」か?

 

子どもの事故のほとんどは「親がちょっと目を離した隙に」起きています。だからといって、四六時中子どもを見ているわけにもいきません。ほんの少しの間に親の視界から外れてしまうことなど、日常的に子育てをしている親にとっては、すぐそこにある「ヒヤリハット」です。子どもの事故が起こったとき「親が目を離すからだ」と親の責任を問う人たちは大抵、子育てにろくに関わっていません。

 

しかし、置き去りの場合は意味合いが違います。それは親が「意図して」子どもを視界の外に置いているからです。その点から言えば「玄関の外に閉め出す」というのも置き去りと似たようなものといえます。ただ、親の居所がはっきりわかっている分、置き去りよりは不安が少ないことでしょう。「脅し」は「恐怖」を利用します。即効性が高いのは、子どもが恐怖に圧倒されてしまうからです。しかしそれは「しつけ」と言えるのかというと疑問が残ります。

 

「あの川にはカッパがいて尻子玉を抜かれるから泳いではいけない」とか「あの山にはヤマンバがいるので、子どもだけで近寄らないように」というのも「脅し」ですが、これらは、子どもを危険から守るためのものです。「早く寝ないとオバケが出るぞ」や「いい子にしてないとサンタクロースが来ないぞ」というのも「脅し」です。あまりに脅しが効きすぎて暗闇が怖くなったりという「副作用」が出ることもあるのでおすすめはしませんが、多くの場合、子どもを危険には晒しません。しかし、置き去りはどうでしょうか。「しつけ」というよりは「体罰」の意味合いが強いと感じませんか。そして、体罰は暴力であり、しつけではありません。

 

 

■子どもの目線に降りてみればわかる

 

親が「しつけ」として置き去りを使いたくなる時は、今回の事件に限らず「子どもが言うことをきかない」時だと思います。つまり、子どもが親の思い通りに動かない時です。そういう時、親には「子どもは親の言うことを素直にきくものだ」という思いがないでしょうか。だから大人の優位性を利用し、上から見下ろして「放っていくよ」と脅してしまうのではないでしょうか。でも、子どもにも子どもなりの「言い分」はあるものです。

 

親と子どもの身長差はどれくらいあるでしょうか。置き去りという「脅し」を使いたくなったら、腰を下ろして子どもと同じ目線まで降りてみましょう。そして、子どもの言い分を聞きましょう。自分の思い通りにならなくても、親が自分の気持ちを聞いてくれたというだけで、子どもはある程度満足するものです。そして、周囲を見渡してみましょう。子どもの目線からは、周りの世界がどのように大きく広く感じられるのか、それを体感してみましょう。子どもにとって親の手は、自分と世界を繋げ、自分を守ってくれるものです。そうした信頼を、一時の怒りによって、奪い取らないようにしたいものです。

 

男の子が一刻も早く無事で見つかることを祈ります。そして、子育て中の皆さん、これを機に「置き去り」という「脅し」や「体罰」は、封印しましょうね。あまりにも代償が大き過ぎますから。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

福田由紀子

女性支援を専門とする臨床心理士。認定フェミニストカウンセラー。女性のエンパワーメント(力を取り戻す/力をつける)支援をライフワークとしている。性暴力、虐待、DV、トラウマ・PTSD、母娘関係、アサーティブ(...

福田由紀子のプロフィール&記事一覧
ページトップ