陰で「痛い人」と言われないためのチェックリスト

人間関係

 

「あの人痛いなあ~」

痛い人を見て「自分はああはなりたくない!」と眉をしかめることがあります。しかし同時に「自分も痛いと思われていないだろうか?」と不安になったりするものです。子供時代と違って大人の社会では「痛い人」は放置されます。

「その言動は痛いよ」

そんなふうに教えて貰える機会自体がなくなります。

 

今回は30代~40代の複数の男女に「誰かを痛いと思う瞬間」について質問してみました。そのなかから「それは神経質すぎるだろう」と思われるものを除き「みんなが苦笑いするであろう痛い言動」について紹介いたします。「痛い人ね~」と言われないためのチェックリストとしてご活用ください。

        

・通称:ブラックカードさん

選ばれし人しか持てないカードをわざと見せる。アピールする。それに聞いてもないのに語る。「すごーい」と言うまで話題の中心に持ってくる。痛さのポイントは「自分から話題に出して見せる」という点。周囲の人は「だから何なの?」と思っている。チラリと見えてしまいたまたま気づかれてしまう方がオシャレ。

 

・通称:自称美魔女さん  

女性が「美魔女コンテスト」に出るのは自由。しかし「あまり綺麗ではない人」が「自分へのネット投票」を依頼してくる。この行為に痛さを隠せないという意見があった。「お世辞にも綺麗じゃない。コンテストに出るのは自由だけど、知人レベルでしかないのに投票を依頼してくるのはちょっと…(20代/女性)」そんな20代女性からの本音も。

 

・通称:学歴自慢君

合コンや初デートなどで高学歴をアピールし、社交辞令で「すごーい」と言っているのを「本気で褒められた」と勘違いする人。高学歴は「漏れ聞こえる」程度にしておくのが痛くない。周囲は「ああ、この人は学歴以外は自信がないんだな…」と思っている。多くの人が「この台無しの寒い空気どうにかしてくれよ」と感じている。

 

・通称:学歴ロンダリングさん

本当に向学心があって大学院の社会人コースに通う人は尊敬に値する。しかし、有名大学とは言え「比較的容易」な試験に合格して大学院のMBAコースに入学。難関大学、あるいはその高等部や中等部のような本物の勝ち抜き高偏差値組と同等、あるいは上の学歴を持ったと勘違いしたまま最終学歴を大々的にアピールし、自分は高学歴だと思い込んでいる人に痛さを感じる人は多い。SNSの学歴の部分やスレッドに学校名を大々的に書き込んだり、飲み会などで自慢するケース。周囲は完全に痛がっているが、かわいそうなので我慢して何も言わない。「なるべく話題を避けようとしてあげているのに、本人が意気揚々と自慢する場合が一番キツイです(30代/男性)」という意見も。ただ、自慢せずに淡々と控えめにしている場合は「痛さ」は感じない。どうせ出すなら、エンブレムではなく向学心や向上心、そこで得た知識を前に出した方がよい。

 

・通称:自分から年収アピールさん

学歴同様、自分を良く見せようとして自分から初対面や会って1~2回の相手に年収を言う人。飲み会やデートの際に周囲を凍らせる。しかし周囲が「すごいね」と言うので、味をしめどこでも言いまくる。周囲の人は「友達であることが恥ずかしい」と思っている。

 

・通称:お子ちゃまだだっこさん

論理が通らず、感情のコントロールが効かない「無意識かまってちゃん」。次第に人が離れてゆくタイプの人。自分が傷ついていることにだけ注意がゆく。しかし多くの場合、そのレベルでは人は傷つかないので、周囲から理解は得難い。また感情的になって人間関係がこじれても、それがどのような害を及ぼすか理解できない。周囲は、静観するしかないないが、次第に疲れて関係は消滅の方向に向かう。

 

・通称:ネガティブ絡み酒野郎

酒の席でわかりやすくクダを巻き、攻撃的になり 、その場を台無しにしてしまう人。しかし本人には記憶がない。周囲は「また始まったか」と冷めた目で見ている。楽しくないので次第に飲み仲間が消えてゆく。自分が飲む酒の量をコントロールできない部分が痛い。

 

・通称:出会い頭いきなり恋愛意識系

あまりに出会いに飢えていて、出会った異性が全部「恋愛対象」に見えてしまう人。飲み会、パーティ、交流会で異性が目の前にいると見たらすぐに「恋人候補」にロックオン。血眼でラインを聞き、その夜から自意識過剰なアプローチを開始。幹事にクレイムがはいり、会合に出禁になることも。会の価値も下げてしまうので幹事からは敬遠される。もちろんストーキングされたほうは二度と会合には来ない。

 

・通称:コピペメッセージ一斉送信野郎

イベントで出会った異性に、どこかの恋愛マニュアルに書いてあった文言をかたっぱしから送りつけ、気味悪がられる人。いわゆるモテない人生を歩んできて、モテ本を読み、そのメール術の内容をそのまま実行してしまうパターン。アレンジも何もせず、機械的に送りまくり、気味悪がられる。

 

・通称:ベットリ系下ネタジジイ

下ネタの後、空気がベットリしていることに気付かず、下ネタを言い続ける男性。会社の中間管理職として「会話センス的に甘やかされてきた人」に多い。社交辞令で部下が笑ったフリをしているだけ。それを真に受けて自分は面白いと思い込み、社外の会合で「ヤバい下ネタ」を言いまくる。「あの人呼ばないで…」と女性からクレイムが来る。

 

・通称:勝手に嫌われていると思い込み人間

もう水に流しているのにずっと気にして逆被害妄想モードになっている人。ちょっとしたことで注意や言動の改善のお願いをした後、ずっと「オレ嫌われてるからさ」「私のこと嫌いでしょ」とことあるごとに口走る人。周囲はすでに水に流しているので「そんなことないよ」と慰めるのが正直めんどくさい。

 

・通称:いい年して「ガサツメール」さん

メールがあまりにも雑で、幼稚、大人のメールエチケットが身に付いていない人。大人の文章力が備わっておらず、ときに「攻撃的」にも見えるその文面に周囲はイラつく。しかし実際に会って話すととってもいい人。国語力が低いだけと周囲は気づくが、周囲は雑なメールにときおりピリピリしてしまう。

 

・通称:無駄にダメ出しから入るコンサルティング「バカ」

この空気どうしてくれんだ的な迷惑男。自分では一番賢いつもりが、無駄に空気を壊す会話しか出来ない。その時点で自分が一番ダメということに気付けない人。頭は良いが過去になんらかのショックがあり、対人コミュニケーション表現のバランス感が悪い。ダメ出しがカッコイイと本人は思っているが、あまりにも場違いな発言に周囲は疲弊する。

 

さあ、いかがでしたか?人間、いつどこで誰から痛がられているかわかりません。こんなコラムを書いている私自身、もちろん痛がられている可能性は十分あります。商売柄、いつもFACEBOOKに自分の書籍の表紙写真や増刷情報、あるいは華やかで楽しいパーティやイベントの情報をアップする習慣があります。「僕は元気に活動していますよ~」という取引先や読者への共有ではあります。

 

しかし「あんなにオラオラ アピールして痛いオヤジだな」と痛がられている可能性は充分あるのです。少なくとも「痛がられる」よりは「痛がられない」ほうが人生良好です。ときおりセルフチェックして、周囲の方々の心を害さないように、それでいて、自分も萎縮しすぎないように楽しくバランスをとってゆきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

潮凪洋介

潮凪洋介

エッセイスト・講演家。「もういい 人になるのはやめなさい(中経出版)」「男が大切にしたいと思う女性50のルール(三笠書房)」「バカになれる男の魅力(三笠書房)」がベストセラーに。 大人の海辺の社交場「...

潮凪洋介のプロフィール
ページトップ