情報を多くもっている人が仕事ができるわけじゃない

マネー

ニューズウィーク

DieterMeyrl-iStock.



<貧乏人とお金持ちを隔てる「情報の入れ方」とは何か。「隠れ貧乏」を脱するための処方箋その2>

 

それなりの収入はあるはずなのに、なぜか貯金が貯まらない。そんな人は「隠れ貧乏」だと、桜川真一氏は言う。

 

「隠れ貧乏」とは、自覚のない、あるいは気づいているけれど認めたくない貧乏のこと。桜川氏によれば、考え方や行動の癖からくる、いわば生活習慣病だ。今は大丈夫でも、結婚したとき、子育てのとき、あるいは退職したときなど、ライフスタイルの変化を機に生活が苦しくなる。

 

兄の会社が倒産し、3億円の保証金を背負って自己破産寸前となった桜川氏は、そこから不動産と株で3億円の資産をつくることに成功したという。お金持ちへのステップを登り始めるなかで彼が見出したのが、「いつもお金がない」から抜け出す処方箋だった。

 

貧乏人とお金持ちを隔てる考え方や行動の癖とは何か? たとえば、「情報は力」などとよく言われるが、情報を多くもっている人がお金持ちになれるわけではない。

 

ここでは、桜川氏の著書『貧乏は必ず治る。』(CCCメディアハウス)から一部を抜粋し、5回に分けて転載する。第2回は「わり算で考える貧乏人 かけ算で考えるお金持ち」より。

 

※第1回:買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

 

 

■情報いっぱいの貧乏人 情報を選ぶお金持ち

 

テレビでは、あまり知られていないことを教えてくれるクイズ番組などがたくさん放送されていますよね。九州の隠れ家的ラーメン屋さんや山奥にあるパン屋さんを訪ねる情報番組もそうです。人は自分が知らないことを知ることに快感を覚えるのでしょう。

 

インターネットは、人の知りたい欲求にすぐに応えてくれます。まさに星の数ほど、いやおそらく星の数も超えるくらいの勢いでいろんな情報があふれています。

 

あなたのまわりにもいませんか? 政治・経済から芸能、職場や友達のうわさまで何かと詳しい人。一見頭が良さそうに見えるけど、でもなぜか仕事ができないし、お金にも縁がないタイプの人。

 

私の知人のMさんもそんなタイプの人でした。政治の話をしては、まるで評論家のように分析するし、アイドルや女優、アナウンサーのことも詳しい。共通の知人のうわさ話も本当によく知っています。冷静に話す口調と司法書士という職業から、なんだかしっかりしていて頼りになりそうです。

 

そういうわけで、ある会のとりまとめをMさんに任せたのですが、実際は......。

 

Mさんはできない。実にできない人でした。

 

他の人に仕事をふるだけで、あとは評論家のように他の人のやることを批評するだけ。会のほかのメンバーからは不満たらたら。Mさんも、そんな雰囲気を察したのか途中から会に参加しなくなりました。

 

後から聞くと、今では自分の事務所もたたんで、他の事務所の雇われ司法書士をやっているそうです。多くの司法書士が事業拡大している中で、なぜあれほどの情報が頭の中にあったMさんが、時代の流れを読めなかったのでしょうか? 私は、Mさんの頭の中に、貧乏になる人の特徴が出ていると思いました。

 

頭の中は一つの本棚です。

 

貧乏になる人の頭の中の本棚はどんな状態でしょう? おそらく、インターネットの情報や友達のうわさ話が乱雑に置かれ、まとまりのない状態ではないかと思います。まるで、A4用紙に印刷された情報が散乱しているかのように、どこに何があるかわからない。しかも、SNSをやるたびにうわさ話の情報が積み重なり、まさに収集がつかなくなっているのかもしれません。部屋や机の上なら乱雑な状態に気がつくかもしれません。でも、頭の中は目に見えませんよね。散乱した情報で頭がいっぱいになっていたとしても......。先ほどのMさんの頭の中はこんな状態だったのでしょう。

 

情報は力です。お金持ちと貧乏人との違いは、情報量にあるという人もいます。その情報とは、お金に直結しているのかどうかが重要です。友達のうわさ話、検索すればわかる芸能情報なんて、どんなに量があっても力にならない。つまりお金に結びつかないのです。

 

【参考記事】共働きも、お金持ちになりたければ住む場所を選べ

 

一方、成功する人、お金持ちの頭の中の本棚はどうなっているのでしょう?

 

参考になるのは、元首相の田中角栄氏の話です。コンピューター付きブルドーザーの異名をとり、大胆な政策を実行した田中元首相が、ゴルフを始めたときのこと。秘書に「ゴルフの本を1貫目(3・75㎏)買ってこい」と命じ、すべて読み終え、いきなりプレーすると見事なスコアーだったそうです。

 

ここに、お金持ちと貧乏人をわけるポイントがあります。

 

つまり情報を頭に入れるときに系統立てているかどうかなのです。趣味でもいいし、仕事でもいい。ある分野に絞ってまとまった知識量のある人は、お金に結びつきやすいのです。

 

特定の分野に関して、しっかりした考えができる。そんな分野をつくることを意識して情報収集してみてください。ネットサーフィンでなんとなく情報を集めても、よほどのことがない限り、お金には結びつかないのです。ただただ、情報がありすぎてあなたの頭と心が混乱するのがオチでしょう。

 

先ほどの田中元首相の頭の中は、ゴルフだけではありません、さまざまな分野の事柄が系統立てて頭の中にあったからこそ成功できたのでしょう。

 

一度、あなたの頭の中の本棚を想像してみてください。SNSやインターネット検索、テレビで知った情報であふれていませんか? そうであるなら、一度がっちりある分野のことについてまとまった情報をならべてみませんか。

 

この本を読んでいる人なら、お金に関することを意識しながら頭の中の本棚を一度整理して、強化してみてはどうでしょうか。

 

うわさ話や、インターネット情報を頭の中の本棚に積み重ねていかないようにしましょう



『貧乏は必ず治る。』
 桜川真一 著
 CCCメディアハウス
 

 

 

文:ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ニューズウィークの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ニューズウィーク

ニューズウィーク

国際ニュース週刊誌『Newsweek』は米国にて1933年に創刊。その日本版として86年に創刊されて以来、『ニューズウィーク日本版』は、世界のニュースを独自の切り口で伝えることで、良質な情報と洞察力ある視点とを提供...

ニューズウィークのプロフィール&記事一覧
ページトップ