ミリタリーテイストを取り入れた、おしゃれなインテリア6選。

ライフスタイル

GO OUT WEB

男心を掴んで離さないミリタリーギア。機能性はもちろん、無駄のない洗練されたデザインやオリーブドラブなど無骨な色のアイテムは、部屋に置いておきたい憧れアイテム。だが、一歩間違えると仰々しくなってしまう難しさも。それなら、おしゃれインテリアの達人の取り入れ方を真似することからスタートしてみよう!

 

Photo/Chie Kushibiki、Takamasa Sasai 、Nobuya Fuke、Tomokazu Sato

 Text&Edit/Shiyori Kawamura(RIDE MEDIA&DESIGN

 

 

 

カラーチェンジで、ミリタリー感を出す。 

日常生活の細々としたものを収納しているロッカーは、リサイクルショップで購入。そのまま使用してもいい雰囲気だったが、オリーブドラブ色にペイント。色が変わるだけで、一気にミリタリーテイストがUPするのですぐに真似できそうなワザ。

 

 

 

 

意外とポップな軍モノアイテムもあり!

十字の描かれたスウェーデンの軍モノのシェルフを、タンス代わりに活用。物々しさもなくすんなり部屋になじむオレンジのカラーリングが特徴的なアイテム。スリムなのにしっかり奥行きがあり、上下の扉の中にはパーティションが2段付くという、抜群の収納力もさすが。

 

 

 

 

テイストを問わないボックスたち。

小物の詰まったカゴにはエスニック調のカバーが掛かるなど、一見テイストがばらばらだが、シンプルなデザインのミリタリーアイテムとすんなり馴染んでいる。カーキのシェルフやシルバーのコンテナには、子どもの絵本や玩具を収納しているそう。

 

 

 

 

ウッドテイストは好相性アイテム。

軍モノのメディカルボックスを、ウッドのスツールやテーブルと組み合わせて配置。木目のアイテムとは相性が良いのでおすすめの組み合わせ。隣にちらっと見える缶はキャンプ用のシングルバーナーだったりと、このコーナー全体のテイストを統一しているのもお見事。

 

 

 

 

グリーンを取り入れ、柔らかさをプラス。 

沖縄で見つけたデッドストックのデスクをはじめ、弾薬箱やシェルフなどミリタリー一色で統一されたインテリア。だが極端にイカツくならないよう、植物をプラスしているなどのアイデアが満載。あまり手間をかけないで済む多肉植物を多用している点も、いい参考例だ。

 

 

 

 

軍モノのクローゼットは、鳥小屋部屋に。

友人から譲り受けたフランス軍のフォールディングキャビネットは、陳列棚として使うショップもあるほどの人気アイテムのひとつ。この収納方法は、鳥かごの収納場所を思案中に偶然思いついたとのことだが、汚れに強い軍モノならではの使用例とも言える。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

GO OUT WEBの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

GO OUT WEB

GO OUT WEB

アウトドアファッションNo.1雑誌「GO OUT」(ゴーアウト)のニュースメディアサイト。スタイルも機能もあるファッションアイテム&アウトドアギアなどの最新情報はもちろん、キャンプ、フェス、トレッキング、釣りな...

GO OUT WEBのプロフィール&記事一覧
ページトップ