ニオイを消臭する魔法のようなシャワーがあった! Twitterで設置の声が多く上がった場所とは?

話題

GetNavi web

SNSやTwitterをはじめとしたネット上では、臭いを消す「消臭シャワー」が注目を集めている。すでにパチンコ・パチスロ店などには導入されているが、最近ではさまざまな場所への導入が求められている。そんな「消臭シャワー」とは、いったいどのような仕組みなのだろうか。
 

出典画像:「リフレッシュシャワー」商品サイトより
 

消臭シャワーの仕組みって?

 

その商品とはエイムズによる「リフレッシュシャワー」。電話ボックスのような形をしており、使用者はその中に入って噴射口から出る風をシャワーのように体に浴びるだけで消臭されるのだという。なぜ風を浴びるだけで消臭されるのかというと、この機械には専用の消臭剤がセットされていて、エアーと一緒に出る気体の消臭剤がニオイの分子を中和してくれるのだ。
 

出典画像:「リフレッシュシャワー」商品サイトより

 

35種類の天然植物抽出エキス100%をビーズ化した「フィトンチッド」という成分が使われており、強力かつ瞬時に消臭。また、消臭エアーは気体のため、利用時にシミなどができる心配もないそうだ。この「リフレッシュシャワー」の体験者からは、「これ浴びるとマジで臭い取れてて感動する」「見た目が近未来すぎてやばかった」「すごい全身が良い匂いになってウケた」といった声が上がっている。


 

消臭シャワーを導入してほしい場所とは?

 

「リフレッシュシャワー」の存在を初めて知ったという人からは「○○に設置してほしい!」という要望が多く浮上。その中でも、特に多かったのが熱狂的なファンが集う施設やイベントのようだ。
 

「コミケの会場に置いてくれ」「ゲーセンにも絶対置くべき!」「アニメイトの入り口に設置して」「カードショップは絶対必須だろ」といった声が上がっている。熱狂的なファンにはニオイがあるというのは偏見的だが、2015年には実際にカードショップがTwitterで「【重要なお知らせ】 当店にご来店の際は必ず身だしなみを整え、お風呂に入り綺麗な格好でのご来店をお願いします。 他のお客様にご迷惑となりますし売上にも影響しかねません」と、店内のニオイにまで支障が出ていると訴えたことがあった。

 

また、2013年にはコミケ帰りの客たちで混雑した電車で一種の騒動が起こり、乗客の女性たちがハンカチで鼻をおさえて耐えていたとニュースになったことも。なお、他の施設では「焼肉屋」「カラオケ店」「雀荘」「ライブハウス」「電車のホーム」といった場所での導入を求める声も上がっている。

 

ちなみに、渋谷ヒカリエの女子トイレにも「エアシャワーブース」があり、そこで花粉やほこりを落とすほか、消臭ボタンを押すことで消臭もできるようになっている。花粉も落とせるということもあり、この時期は多くのニーズがあると予想されるが、ぜひデパートや商業施設などの身近な場所にも導入してほしいものだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

GetNavi webの人気記事をお届けします

GetNavi web

GetNavi web

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュースをテーマに、「新」がつくものなら何でも取り上げるウェブメディア。取り扱うジャンルはデジタル・家電からエンタメ、ミニ四駆まで幅広い。スポーツコンテンツにも...

GetNavi webのプロフィール
ページトップ