歯周病を引き起こす「リスクファクター」とは?

ヘルス&ビューティ

Lidea



歯周病の直接原因は歯周ポケットにたまった「歯垢」

歯周病の直接原因となるのは「歯垢」です。歯と歯茎の境目の歯周ポケットにたまった歯垢の中の歯周病菌が出す毒素などによって歯茎に炎症が起こります。歯周病菌は酸素を嫌う性質があるため、酸素の少ない歯周ポケットに付着して「歯周病菌の巣(バイオフィルム)」をつくり、菌を増殖させます。


歯周病を引き起こす間接的な「リスクファクター」

直接的な原因となる歯垢とは別に、「口の中の環境」や「生活習慣」が間接的に歯周病を引き起こしたり悪化させたりする危険因子(リスクファクター)となる場合があります。

口の中の環境は「間接的なリスクファクター」、生活習慣は「全身的なリスクファクター」となります。

 


1.局所的なリスクファクター「口の中の環境」

歯石の付着や歯並びの悪さは、歯垢が蓄積する一因です。また口呼吸は口の中が乾燥して歯垢がつきやすくなります。歯ぎしりは歯周組織に過度に負担がかかり炎症が起きやすくなります。このような日常的にクセになっている悪い習慣も、歯周病を悪化させる因子となります。


2.全身的なリスクファクター「生活習慣」

喫煙や糖尿病、ストレスなどは細菌感染に対するからだの抵抗力を弱め歯周病悪化の原因となります。また不摂生な生活、不規則な食事、栄養の偏りなどは全身の健康に悪影響を及ぼし、歯周病を悪化させる要因になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Lideaの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Lidea

Lidea

Lidea(リディア)とは、くらしに役立つ生活情報を提供する「ライオン快適生活研究所」が中心となり、みなさんとともに、くらしとココロを彩るようなIdea(=知恵や情報)を共有していく生活情報メディアです。 L...

Lideaのプロフィール
ページトップ