身近なもので代用する! 荷物をギュッと減らすキャンプの裏ワザ。

ライフスタイル

GO OUT WEB

何かと多くなりがちなキャンプの荷物。アレもコレもと、いろいろ準備をしていたら、いつの間にか膨大な量に…なんて経験、あなたにもあるのでは? 荷物をコンパクトにギュッと減らすには、身近なものを使って代用するのが一番! しっかりと覚えて役立てよう。

 

Photo/Shouta Kikuchi、Takamasa Sasai

Text&Edit/Yasufumi Kurayama(RIDE MEDIA&DESIGN)

 

アルミホイルを丸めて、即席金ダワシ。

 

 

鍋や飯ごうの焦げには、アルミホイルの即席金ダワシが有効! フッ素加工が施されたものは、強くこすると剥がれてしまうので、やりすぎに注意しよう。

 

 

コップは簡易スピーカーにぴったり。

 

 

ダイネックスやマグカップの中に携帯を入れて音楽を流せば、簡易的なスピーカーとして使うことができる。鍋やボウルでも代用可能。

 

 

ペットボトルのフタでスパゲッティひとり分を計量。

 

 

1.5~2Lペットボトルのフタの直径は 、スパゲッティひとり分(約100g)を束にしたものとちょうど同じ分量。これで計量器を持っていく必要は無し!

 

 

500mlペットボトルはちょうどお米3合分。

 

 

袋とは違い運ぶ際に破れたりしないので、お米はペットボトルで持っていくのがオススメ。500mlペットボトルは、ちょうどお米3合分の量になる。

 

 

ドリトスは着火剤代わりとして使える。

 

 

油が多量に染み込んでいるドリトスは、驚くほどよく燃える。35秒ほど燃え続けるため、着火剤代わりにぴったり。コーンチップでも代用できる。

 

 

ベルトとS字フックで作る吊るす収納。

 

 

木にベルトを巻き付けS字フックを引っ掛けるだけで、キッチンツールを吊しておける収納に。キッチンスペースの確保や洗い物の乾燥にグッド。

 

「運ぶだけでひと苦労」なんてならないためにも、荷物はコンパクトになるよう心掛けよう。裏ワザは、どれも覚えておくだけでOKな簡単なもの。困ったときやもしものときにも役立つはずだ。

 

※情報は2017年5月14日現在のものです

この記事が気に入ったらいいね!しよう

GO OUT WEBの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

GO OUT WEB

GO OUT WEB

アウトドアファッションNo.1雑誌「GO OUT」(ゴーアウト)のニュースメディアサイト。スタイルも機能もあるファッションアイテム&アウトドアギアなどの最新情報はもちろん、キャンプ、フェス、トレッキング、釣りな...

GO OUT WEBのプロフィール&記事一覧
ページトップ