資産運用をはじめる際にぜひ気をつけたいこと3つ

マネー
資産運用をはじめる際にぜひ気をつけたいこと3つ

日経平均株価が2万円に乗り、バブル期の再来か? 「年末までには3万円!」などということを聞くと、「資産運用を始めてみようか?」という人も出てきているようで。

 

資産運用(投資)って、そんなに簡単なものではなく、リターンを求めるのならば、当然求めたリターンと同等のリスクを背負うモノ。

 

リターンだけを考えて始めるから、リスクを被った時点で「騙された!」ということになる。資産運用(投資)において「騙された」ということのほとんどが知識不足から発生するモノ。ルールもまともに分からない状態で参加しても、マーケット参加者からしてみれば「カモが増えた!」と歓迎するだけのこと。

 

「資産運用を始めようと思うのですが、何から始めればよいでしょうか?」

 

このようなことを聞かれる機会が増えておりますが、ひと言で回答するのならば「知らんがな」って話です(笑)。好きなモノから始めればよいでしょうし、知っているモノをヤレばいいだけのこと。

 

たぶん質問の行間には隠れた言葉があり、「資産運用を始めようと思うのですが、(何が初心者でも簡単に儲けられますか? 一番儲け易いのは何でしょう? それには)何から始めればよいでしょうか?」というように聞いているのでしょう。

 

まぁ、「知らんがな」と言ってしまえば、それでお終いの話ではあっても、それだけ冷たく突き放すことができるほど人間が腐ってもいないので、少しお話しをするのですが……。 

 

 

■(1)儲け易いモノはないけれども、市場は大きい方がいい 

儲け易いなんてモノはありません。リターンを求めれば、求めた分だけのリスクが存在するのです。

 

しかし、儲けにくい市場はあるわけで、小さい市場は儲けにくいのです。「小さい市場=市場参加者が少ない」ということが言えるわけで、市場参加者が少ないということは、素人参加者が少ないということになります。

 

玄人が失敗する確率と素人が失敗する確率、どちらが高いのかと言えば、素人の方が失敗する確率が高いでしょうから、素人参加者の少ないであろう小さい市場は儲けにくいってこと。

 

ならば逆に「大きな市場は儲け易いってことになるでしょ?」となるでしょうけど、一筋縄ではいかないのです。大きな市場は「素人が参加し易い環境」であることは間違いないのでしょうが、素人が参加し易いと見ているのならば、玄人が参戦して当然のこと。次から次に参入してくる素人を玄人が喰い散らかす図式。

 

儲けにくい市場はあっても、儲け易い市場などないってこと。それなりのリスクを背負う必要があるってことなんです。

 

しかし、よく考えてみて下さい。玄人と呼ばれている人達だって、最初は素人。最初から玄人という人はいないでしょうし、最初がなければ今はない。では、どのようにして素人から玄人に変化をしたのか?

 

 

■(2)流れに乗れるかどうかがカギ! 

時速40kmで流れている道路に、時速20kmで入り込めば危ないのはだれでも分かること。時速80kmで流れている高速道路に、時速200kmで入り込めば、事故っちゃうでしょ?

 

でも、時速40kmで流れている道路には時速40kmで入り、時速80kmで流れている高速道路には時速80kmで入り込めばスムーズに流れに乗れる。

 

資産運用だって同じことであり、その市場の流れに乗るだけのこと。その流れに乗るには、知識や情報が必要なわけで、自分の考えを押し付けても市場の流れと合っていなければ事故ってしまうだけ。流れに乗れれば、それほど難しいことではないのです。 

 

■(3)勘違いをすると大事故に 

たまたま流れに乗ってしまうと、「資産運用(投資)って簡単に儲けられる!」ってことになるのですが、流れというのは一定じゃないんです。急激に速度が上がったり、急激にブレーキが掛かったり、方向が急カーブによって変化しているのに気が付かなければ、壁面に追突して事故るだけ。

 

「簡単だね!」などと調子に乗ってしまうと、いつの間にか流れからはみ出しており、大怪我をしてしまうわけ。儲けられる方法などないけれど、儲けられた結果はたくさんある世界。しかし、失敗するにはある程度のパターンが存在する世界でもあるわけです。

 

知識に情報、そして、リターンとリスク。もっとあげれば、資金管理やあなたのキャッシュ・フロー等まで考慮して、資産運用を楽しむ心の余裕があれば、資産運用(投資)で良い結果が待っているのかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ファイナンシャルプランナー

中村 毅

FP-RECO ご当地FP。1969年東京生まれ 某商社系運用会社にて個人向け資産運用を提供。退職と同時にファイナンシャルプランナーとして『何故、人は損をする行動を好んで取るのか?』をテーマに、個人向けライフプラン...

中村 毅のプロフィール&記事一覧
ページトップ