気をつけたい! 髪の「糖化」の症状と対策

ヘルス&ビューティ

高橋栄里

気をつけたい! 髪の「糖化」の症状と対策

今日は、髪の「糖化」についてのお話です。皆さん、糖化とは何かご存知ですか?

 

糖化とは……食事などで摂取した糖質とタンパク質とが結びつき、タンパク質が劣化してしまうこと。

 

つまり、食事により糖分をとりすぎると、劣化したタンパク質(AGE)が体のあちこちに溜り、体内の糖化が進んでいくのです。肌やコラーゲンがタンパク質でできているのと同様、髪の大部分もタンパク質でできています。そのため身体の中と同じように、髪も糖化によるダメージを受けているのです。

 

では、髪が糖化するといったいどのようなダメージが起きるのでしょうか。

 

●ダメージ1
髪の内部が軟化し、切れ毛などのダメージを引き起こしやすくなる!

 

●ダメージ2
髪の表面にあるキューティクルの透明度が低下し、髪がくすみ、ツヤもなくなっていく!

 

また、髪の糖化は紫外線により進みます。長く紫外線に当たっている毛先は、よりダメージが進行しやすいということです。

 

では、どうすれば髪の糖化を防ぐことができるのでしょうか?

 

 

髪の糖化を防ぐには、体内の糖化を防ぐことが大切です!

 

そのためには、

 

・食事の糖分に気を付ける
・適度な運動
・十分な睡眠

 

の3つを心がけましょう!

 

当たり前のことのようですが、生活習慣に注意することは肌や身体の老化防止にもなり、髪のダメージ防止にもつながるのです。髪や身体の美しさを保つために、日々生活習慣には気を付けたいですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

高橋栄里

高橋栄里

【経歴】 1999年藤田保健衛生大学卒業後、都内および神奈川の大学病院にて外科系を中心として形成外科、皮膚科、麻酔科、救急救命医療に携わる。 その後、美容医療の分野へ。雑誌VERYで読者モデルも務め、コ...

高橋栄里のプロフィール
ページトップ