スマートな乾杯の仕方

ライフスタイル

For M

ついつい乾杯のときはグラスを合わせたくなるが、店のランクによってはNG。スマートにふるまいたいところだ

「お疲れさま!」「いただきます」「カンパーイ!」「今日という日に…… 」などなど、シャンパングラスやワイングラスをカチン!と合わせたくなることもありますね。しかし、お店のランクとグラスの品質をちゃんと考えてからにしたいもの。クラスが高いお店になればなるほど、グラスも高価で厚みも薄くなるのが通常。ここでグラスを合わせ、ヒビでも入ってしまったら大変です。

 

グラスを持ち上げてアイコンタクト。そして、「再会に…… 」などお好きなセリフをおっしゃっる。これがスマートな乾杯とされています。「カチン!」はないのです。いつでもどこでもグラスを合わせていらした方は、お気をつけくださいね!

 

さて、この時のグラスの持ち方ですが、あなたはステム派? それともボウル派?ここ何年か、「手の熱で温まらないように」と、どこでも全員がステムを摘んでいる姿が奇妙にも映ります。欧米の何カ国かの方に質問しましたが、やはりこれは日本だけの現象のよう。各国トップの晩餐会でも、ハリウッド映画でもほとんど見かけません。でも、日本では暫くは周りの方の持ち方に合わせることにしましょうか……。

 

(文:諏内 えみ)

 

※この情報は2014年8月23日現在のものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

For Mの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

For M

For M

現代の男たちに足りないもの、それは「熱」。 仕事・遊び・趣味・恋愛に、何事も全力投球でまっすぐな熱さを持って打ち込む。そんな“熱男”こそ、我々が目指す“現代の伊達男”だ。 For Mでは...

For Mのプロフィール&記事一覧
ページトップ