「男のお洒落にプラスはいらない」は正論か? 幻想か?

ライフスタイル

 

私の友人で、草野球のチームメイトでもある、お洒落には一過言を持つFクンが、この度Tシャツをプロデュースしたので、2枚ほど購入させていただいた。

 

そのTシャツは「真っ白・無地・丸首」の一見なんの変哲もない無骨なデザインで、そのわりには一枚8800円と、けっこう高めな価格設定だったりもするのだけど、「後ろ姿がどんな体型の男性でも逆三角形に見える=男の背中が格好良く見える」タイトめのシルエットで、丈はカジュアルになりすぎない心持ち長め。さらに付け加えるなら「白でも乳首が透けて見えない」厚手の素材でもあるらしい。一応、ブランドネームもあるそうで、「どんなにシンプルな着こなしでも、まるで七三刈りのようにきちんと感がある」という想いを込め、その名も『SHICHI-SUN』。近年ちまたで話題沸騰中の某若手陸上選手も、実際に袖を通してみて、お気に召してくださったほどの優れモノ……なんだとか?

 

私もさっそく着てみたのだが、たしかに千円出しておつりが返ってくるような、下手すりゃ2枚買えちゃうようなコンビニやユニ○ロで売っているソレと比べると、見栄えから着心地まですべてが明らかにひと味違うことくらいは瞬時で判別できた。が、ここまで“どシンプル”なTシャツに8800円もの大金をポンと支払う気前の良い男が、はたしてそうたくさん実在するのだろうか? 同じお金を出すなら、もっとわかりやすく凝ったデザインやプリントが成されたモノを選ぶのではないか? もうちょっとお金を足してアクセとかを買ったほうがお得ではないのか……?

 

そんな私の率直な疑念に対し、Fクンはこう反論する。

 

「男のファッションに“プラス”は一切必要ないんですよ。

男が付けている指輪やピアスを見て、『コレかっこいい!』って心底ホメてくれる女子がどれだけいます? 仮にホメてもらえたとしても、そこから(男の)評価が一気にプラスへと逆転することはほぼあり得ない。だったら、もっと“素材”を引き立てるための身だしなみやお洒落にエネルギーを注ぐべき。 

ピアスの穴を開けてるヒマがあるなら歯を磨け! 装飾品は腕時計だけで充分なんです」

 

たしかに「おっしゃるとおり!」だと猛烈に納得した。「男は真っ白のTシャツにジーンズが一番!」といった女子の偽らざる声は、すでに何十年も前からいろんなメディアでも紹介されており、Fクンの持論が取り立てて斬新なわけではない。元を辿れば、むしろ王道な「男のファッション論」でさえある。……にもかかわらず、なぜ少なからずの男たちは、今でもハイブランドのジュエリーに大枚を費やし、奇抜で個性的なデザインの衣類を探し求める、「削ぎ」ではなく「盛り」のお洒落に執心するのだろう?

 

一つには、「男性ファッション界の陰謀」という背景が指摘できる。日本中、いや世界中の男たちのお洒落がすべて「白T+デニム」に向かってしまえば、それこそ男性ファッション界は壊滅的なダメージを受けてしまう。ユーザーにちょっとでも“無駄なお金”を落としてもらうために、供給サイドは“無駄なバリエーション”を極力増やし、「盛ってカッコ良くなること」を「これでもか!」と煽り続けるのだ。

 

あと、Fクンが提案するファッション論が、じつのところ「一部の“選ばれた男”だけにしか通用しない(?)」という側面も見逃せない。ちなみにFクンは、身長が190㎝以上で顔の大きさがハンドボールくらいしかない細マッチョだったりするのだが、そういうFクンやケンブリッジ飛鳥みたいな肉体に恵まれた男なら、そのシルエットや乳首の透けだけに気を配るだけでお洒落は完結するのかもしれない。

 

しかし、その他大勢の男たちは、チビだとかデブだとか薄ハゲだとか不細工なパーツや並びの顔だとか濃い体毛だとか……の大なり小なりの肉体に対するコンプレックスを隠すために、あるいはそこから女子の目をそらすために、存在感が際立つゴテゴテ&ギラギラの指輪やネックレスやら、派手派手な色や柄のシャツやパンツや靴やら、わかりやすいブランドのバッグやら山高帽やらを身につけるのではなかろうか?

 

とりあえず、私とFクンは、今度合コンでFクンプロデュースの「真っ白・無地・丸首」Tシャツをペアルックしましょう、と約束した。ただ、そこでもしFクンだけが集中的にモテまくり、私を裏切って即日独占お持ち帰りでもしようものなら、「キミのファッション論は間違っている!」と、容赦なく糾弾する予定である。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ