「うまくいっていない」と感じるご当地グルメに共通する特徴

ビジネス
「うまくいっていない」と感じるご当地グルメに共通する特徴

皆さんは、“ご当地グルメ”というと、どんなものを思い浮かべるだろうか?

 

例えば、ラーメン。九州博多ラーメンといえば「細麺のとんこつスープ」、喜多方ラーメンといえば「あっさり醤油味」のように、おおよそ「こういうもの」と思い浮かべられるものが多いだろう。

 

全国的に知名度を上げようとするならイメージ戦略も重要だから、当然といえば当然だろう。しかし、このイメージ戦略がうまくいっていない例もある。

 

先日、群馬県の太田市に行く機会があった。ここには「上州太田焼きそば」という“ご当地グルメ”がある。筆者は、焼きそばやたこ焼きなど、炭水化物に目がない。

 

f:id:morikawatakao:20150612070642j:plain

 

そこで、太田市に到着するなり、早速、「上州太田焼きそば」とはどのようなものか、ネットで調べてみることに。

 

ヒットしたのは、「上州太田焼きそばのれん会」のホームページ。

 

上州太田焼きそばのれん会

 

立派なホームページがあるではないか! これは期待できそうだ、と思う。

 

しかし、店舗一覧のページを見て「はて?」と思う。

 

 

掲載されている各店舗の焼きそばの写真に、まったくといっていいほど共通項がない。

 

太麺もあれば細麺もある。黒いのも茶色いのも黄色いのもある。イタリアン風(?)のもあれば、オムレット風のまである。

 

どれも個性的で選ぶ楽しみがあるといえばそうなのだが、共通する特徴がないため「上州太田焼きそばとはどのようなものか」を説明するのが、ほぼ不可能といった感じだ。

 

お店の人に、そこら辺の事情について話をきいてみると、のれん会を立ち上げるときに、「上州太田焼きそば」とはこういうもの、というのを決めようとしたことはあるそうだ。

 

しかし、そうすると、その枠にはまらない焼きそばを提供してる店からは、当然、反発がおこる。結局、「太田の焼きそばは、いろいろな味が楽しめるのが特徴」という、微妙なウリ方しかできない状況になったらしい。

 

訪れる観光客にしても、太田に来る機会はそれほど多くないだろうし、朝昼晩、焼きそばを食べるわけにもいかないから、「太田の焼きそばを食べて、どんなものか分かった!」と、とりあえず満足できるようなものを提供して欲しいと思う。

 

これと、同じような気持ちになったのが、軍港の街、神奈川県横須賀市の「海軍カレー」を食べに行ったときのことだ。

 

 

「旧海軍ではどんなカレーを食べていたのだろう?」と想像をふくらませながら食べに行ってみたけれど、横須賀の「海軍カレー」は、当時のカレーを忠実に再現したものではないらしい。

 

一応、牛乳とサラダは必ずメニューに入れる、というようなシバリはあるようだけど、盛りつけ方も味も、お店によって千差万別。牛乳は、紙パックで出てくるお店もある。

 

カレーの街 よこすか

 

味はお店によって個性があってもいいと思うけど、せめて、食器だけでも当時のものを再現して全店舗で統一したりすれば、雰囲気が出ると思うんだけどな。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

旅行コラムニスト

森川孝郎

楽しいだけではなく上質な旅の情報を発信する旅行コラムニスト兼写真家 鎌倉のハイキングコースと観光スポットを紹介するサイト『鎌倉紀行』を主催する旅行コラムニスト。執筆活動のほか、鎌倉散策講座の講師、奈良...

森川孝郎のプロフィール&記事一覧
ページトップ