歩行者にエンジンをふかしてきたドライバーを見て、アメリカと日本の車文化の違いを考えた

ライフハック

citrus 上倉賢

歩行者にエンジンをふかしてきたドライバーを見て、アメリカと日本の車文化の違いを考えた

先日、車道と歩道が色分けされていて、そこそこ広くて歩行者も多い道路の歩道部分を歩いていたところ、後ろから来た車にエンジンをふかされてあおられました。

 

歩行者が歩道を普通に歩いていただけなのに、無駄に排気量がでかい、戦車みたいなアホみたいな車にです。

 

その瞬間になんだと思って振り向くと、そんな人が乗ってそうな車だったので、これ以上関わらないように無視しておきました。

 

歩行者にこんなことをするのは危険運転に該当すると思うので、危険運転致死傷未遂かなんかで、そんなアホな運転者は免許取り消しにしてもらいたいものです。

 

歩行者としては初めての経験でしたが、走行中の車にあおるというのは日本ではよく聞く話ですね。

 

こんなドライバーがいるのも、日本の車文化が未熟な証拠かと思います。

 

車がないと生活できないアメリカで短期間ながら車に乗って思うのは、皆さん結構交通ルールを守るということです。

 

 

特にスピードを出しすぎている人、住宅地で無駄に速く走っている車なんかはほとんど見かけません。日本だと細い生活道路を猛スピードで走り抜けているようなのはよく見かける光景ですね。こんなのも危険運転ということで、片っ端から免許取り消しにすれば良いと思います。

 

アメリカでのこの手の危険運転は、車の台数の割合からすると、日本と比べ、1割くらいかそれ以下ではないでしょうか。

 

あおる車に至っては見たことがありません。そもそも車線が1本でノロノロ運転していても、すぐに抜かせる広い道路がほとんどなので、あおる必要がないというのもありますが。

 

少なくとも人に迷惑をかける車は日本に比べてかなり少ないのは確かです。

 

アメリカでは、結構な割合で車のウインカーを使う人が少ない

 

以前書いたように、ウインカーを出す人の割合が少なく、運転者が必要ないと思っていることはやっていなかったりもしますが、この辺は合理性を考えてのことのようです。

 

この日本とアメリカの差は、車文化の違いではないかと個人的には思っています。アメリカは単なる生活必需品という面が大きいですが、日本ではステータスとなっている部分もあり、乗っていると自分が偉いとでも思い込むのでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

上倉賢

パソコンのニュースサイトがほとんどなかった10年以上も前から、個人でノートパソコンに関する情報をWebで発信し続けている。それをきっかけに、いまではほぼノートパソコン専門ライターとして活躍。新聞や雑誌などでもノートパソコン選びの執筆を行っている。

ページトップ