【中年名車図鑑】車名より型式のほうが有名!? 生産終了後に盛り上がった「ハチロク」ブームとは

ライフスタイル

大貫直次郎

いまやその型式がトヨタの重要なアイコンとなっているAE86型カローラ・レビン/スプリンター・トレノ(1983~1987年)。スポーティな走りが楽しめるよう、FRの駆動レイアウトを継続しながら新開発の4バルブDOHCエンジンを採用した新世代の“テンロク(エンジン排気量1.6リットルを意味)”スポーツは、走り好きな若者層を中心に大人気を集めた。今回は第4世代の“LEVIN=稲妻”と“TRUENO=雷鳴”で一席。

 

 

【Vol.20 4代目トヨタ・カローラ・レビン/スプリンター・トレノ】

厳しい排出ガス規制を何とか乗り越えたトヨタ自動車は、1983年5月になるとカローラ/スプリンターの全面改良を実施する。5代目となる新型は実用性と経済性を重視したファミリー志向の4ドアセダン/5ドアハッチバックをFF(フロントエンジン・フロントドライブ)化する一方、4代目に当たるスポーツ志向のカローラ・レビン/スプリンター・トレノはFR(フロントエンジン・リアドライブ)方式を踏襲し、同時に走行性能や車両デザインにいっそうの磨きをかける。型式には、後に“86(ハチロク)”として車名にも採用されるAE86(1600)/AE85(1500)を冠した。

 

レビンの3ドアハッチバッククーペ。「ハチロク」といえば、このツートーンのボディカラーを思い出す人も多いだろう

■リトラクタブルのトレノと固定式のレビン


AE86/85の車両デザインについては、スポーティかつスペシャルティなイメージを強調したうえで、空力特性の徹底した向上を図る。ボディタイプは2ドアノッチバッククーペと3ドアハッチバッククーペを用意。また、レビンには固定式ヘッドランプとエアロダイナミックグリルを、トレノには低くスラントしたリトラクタブル式ヘッドランプを装着し、2車の差異化を図った。一方で内包するインテリアは、室内空間の拡大とともにコントラストの強いニューカラーコーディネートやメータークラスター組み込みスイッチ、本格的なスポーツシート、成形タイプのドアトリム、ラウンジ型のリアシートなどを採用し、ファッショナブルで機能的なキャビンスペースに仕立てる。また、上級グレードには視認性に優れるエレクトロニックディスプレイメーターを設定した。

 

メータークラスターの両脇にスイッチ類を設置。上級グレードはデジタルメーターを装備していた


搭載エンジンはAE86に “レーザーα4Aツインカム16”と名乗る新開発の4A-GEU型1587cc直列4気筒DOHC16Vユニットを、AE85に改良版の“レーザー3A-Ⅱ”と称する3A-U型1452cc直列4気筒OHCユニットを採用する。久々の新世代“テンロク”ツインカムエンジンである4A-GEUユニットは、1気筒あたり4バルブ、T-VIS(トヨタ・バリアブル・インダクション・システム)、EFI-D(吸気系に取り付けた圧力センサーにより吸気管圧力を検出して燃料噴射量を制御する機構)などの先進メカをセットし、パワー&トルクは130ps/15.2kg・mを発生。また、レブリミットは当時としては高回転の7700rpmに設定していた。


シャシーに関しては、従来型のTE71型をベースに緻密な改良を施す。ホイールベースは2400mmに設定。フロントサスペンションはマクファーソンストラット式で、トレッドの拡大やキャスター角およびキャンバー値の最適化を図る。リアサスペンションにはジオメトリーの特性変更や低圧ガス封入式ダンパーの装備などを実施したラテラルロッド付4リンク式を採用した。操舵機構については、ロック・トゥ・ロック3回転のシャープなハンドリングを実現したラック&ピニオン式を導入。また、AE86には4輪ディスクブレーキや60扁平タイヤなどの高性能パーツを設定した。

 

ボディカラー同様のツートーンのインテリア。フロントはホールド性が高く、リアはラウンジソファ的なしつらえ

■意外にも当時の販売台数はイマイチだった…


市場に放たれたAE86型カローラ・レビン/スプリンター・トレノは、従来の2T-GEU型エンジン(排出ガス対策を施した1588cc直列4気筒DOHC)に比べてはるかによく回り、しかもパワーが伸びる4A-GEUエンジンがまず喝采を浴びる。また、操作性が高まった5速MT、タイヤの状況をしっかりと伝えてくるラック&ピニオン式のステアリングなども好評を博し、たちまちテンロクスポーツの筆頭格に発展した。シャシー関連がTE71型と基本的に共通だったため、従来の足回りのチューンアップパーツが大幅な改造をすることなく使えたことも、峠の走り屋やモータースポーツ愛好家などから支持を集めた。

 

2ドアノッチバッククーペのトレノ。リトラクタブル式ヘッドライトが特徴だった


ただし、販売台数の面では絶好調とまではいえなかった。当時は2リッター級の上級スペシャルティカーが、いわゆる“デートカー”として若者層から注目を集めていたため、AE86はその陰に隠れてしまったのだ。また、当時の若い走り好きは2ケタ万円以内の予算でクルマ(主に中古車)を買って残りの資金でチューンアップパーツを付けるというのが主流で、132万2000円(レビン・2ドア1600GT)~156万3000円(トレノ・3ドア1600GT APEX)の値札をつけるAE86は、まだまだ高嶺の花だった。


それはさておき、AE86の活躍の場といえばサーキットシーン、とくに全日本ツーリングカー選手権(JTC)での疾走は欠かせないだろう。同選手権が始まった1985年シーズンでは、グループA・Div.1(排気量1600cc以下)でAE86型カローラ・レビンが参戦。初戦のスポーツランドSUGOではDR30型日産スカイラインなど排気量が勝るマシンを抑えて見事に総合優勝を成し遂げた。第3戦西日本からはZCエンジン(1590cc直列4気筒DOHC16V)を搭載したAT型ホンダ“ワンダー”シビックと激戦を展開。続く1986年シーズンでもシビックと好バトルを繰り広げ、第2戦のスポーツランドSUGOでは総合優勝を果たすなど大活躍を見せる。このレビンvsシビックの激しいバトルから、当時のクルマ好きのあいだでは「“テンロク”ではFRとFFのどちらが速いか」という論争が巻き起こるほどだった。


ディープな走り好きの憧れの的となったAE86型カローラ・レビン/スプリンター・トレノは、デビュー後も新鮮味を維持する改良を随時実施していく。1984年2月には、ドアミラーやリアガーニッシュなどの造形を刷新。1985年5月には、外装の一部デザイン変更やECT-S(電子制御4速AT)の設定などを行った。そして、1987年5月にカローラ/スプリンターが6代目に移行するのに伴い、AE86およびAE85の生産は終了。カローラ・レビン/スプリンター・トレノは、FF化したAE92/AE91に切り替わったのである。

 

 

■『頭文字D』でレビンとトレノの人気が逆転!

 

固定式ヘッドライトを持つレビンは、リトラクタブル式のトレノと比べ若干フロント重量が軽かった。写真は2ドアノッチバッククーペのレビン

さて、大抵のクルマならここで話を終えるところだが、AE86については生産中止後の話題も欠かせない。後継モデルがFF化され、さらにコンパクトなFRスポーツモデルが市場で極端に少なくなったことから、中古車市場でAE86の人気が再燃、というよりも新車のとき以上に熱い支持を獲得するようになったのだ。また、1995年より連載を開始したコミックの『頭文字D』が人気を集めるようになってからは、リアルタイムでAE86を知らない若者層も加わり、いわゆる“ハチロク”人気がヒートアップする。ある意味で伝説と化したAE86。その流れはトヨタ自動車本体にも波及し、2012年4月にはその名もずばり「トヨタ86(ハチロク)」という新型FRスポーツモデルが発売されたのである。

 

3ドアハッチバッククーペのトレノ。『頭文字D』の影響でトレノ人気が高まった

ところで、テンロクの定番スポーツモデルとして人気を博してきた歴代カローラ・レビンとスプリンター・トレノは、実は隠れた伝統的な違いがあった。フロントデザインの差異化に起因する前重量の違いだ。トレノに比べてレビンのほうが軽かったのである。初代のTE27型ではレビンのほうが20mm短く、10kgほど軽い。さらに今回ピックアップするAE86型でも、オーソドックスな固定式ランプを採用したレビンのほうがリトラクタブル式ランプを組み込むトレノより前重量がわずかに軽かった。この特性を見越した走り屋たちは、必然的にレビンのほうを注目する。接触などによってフロント部を破損させたトレノのユーザーは、パーツ代が安く済むうえに軽量化も図れるレビンのフロントセクションを移植することが多かった。この状況が一変したのは、コミック『頭文字D』の人気が沸騰してから。主人公が乗るトレノに注目が集まり、AE86型に関してはレビンとトレノの人気が逆転するという現象が起きたのである。
 

【中年名車図鑑】
 

Vol.1 6代目 日産ブルーバード

Vol.2 初代ダイハツ・シャレード・デ・トマソ

Vol.3   4代目トヨタ・セリカ

Vol.4   初代トヨタ・ソアラ

Vol.5   2代目ホンダ・プレリュード

Vol.6   5代目マツダ・ファミリア

Vol.7   初代スバル・レガシィ

Vol.8   2代目いすゞ・ジェミニ
Vol.9  初代・三菱パジェロ

Vol.10  5代目・日産シルビア

Vol.11  初代/2代目スズキ・アルト・ワークス
Vol.12  2代目マツダ・サバンナRX-7
Vol.13 2代目トヨタ・セリカXX

Vol.14 初代ホンダ・シティ
Vol.15 6代目・日産スカイライン2000RS

Vol.16 スバル・アルシオーネ

Vol.17 初代いすゞ・ピアッツァ

Vol.18 三菱スタリオン

Vol.19 ホンダ・バラードスポーツCR-X

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

大貫直次郎

大貫直次郎

1966年型。自動車専門誌や一般誌などの編集記者を経て、クルマ関連を中心としたフリーランスのエディトリアル・ライターに。愛車はポルシェ911カレラ(930)やスバル・サンバー(TT2)のほか、レストア待ちの不動バ...

大貫直次郎のプロフィール
ページトップ