ラクトアイスをプレミアムジェラート!?に大変身させる方法

ライフハック
ラクトアイスをプレミアムジェラート!?に大変身させる方法

ちょっと、聞いてぇ!

 

お手ごろなラクトアイス(乳脂肪分の少ないアイス)にひと手間加えることで、超ゴージャスなプレミアムなジェラートに変身しちゃうのー。ポイントは、ラム酒に漬け込んだレーズンを混ぜ混ぜすることー。

 

■ラム酒漬けレーズンの、プレミアム・ジェラート・晶子風

●材料

・レーズン(今回はミックスレーズンを使用)……適量

・ラム酒(今回は上質の樽熟ラムを使用)……レーズンがひたひたになるくらい

・ラクトアイス(今回は明治エッセルスーパーカップを使用)……ひとつ

・クロワッサン……ひとつ

 

 

 

●作り方

1.レーズンにラム酒をひたひたに浸かるくらい入れ、少なくても1日以上置く。ちなみに何日でも持つ。冷蔵庫に入れておけばなお持つ。

 

2.ラム酒に浸したレーズンをラクトアイスに混ぜ込む。今回は人気の「明治エッセルスーパーカップ 超バニラ」を使用。なにせ「バニラの王道!」ですからね。アイスはやや溶けはじめくらいが混ぜ込みやすい。とはいえ、キレイに混ざらなくてもいい。スプーンで潰すように混ぜると混ざりやすい。

 

 

 

3.これで出来上がり。そのままでもいいけど、切ったクロワッサンに挟んで食べてもおいしい。

 

 

●ポイント

・ラムは多いほうがおいしい。

 

 

 

・ラム漬けレーズンは、アイスと混ぜるとき、ラムの水分がジャバジャバ残っていてもいい。しっかりアルコール感が出て、大人のアイスになる。

 

・レーズンは、今回はクランベリーなどが入ったミックスレーズンを使ったけれど、普通のレーズンや粒の小さいタイプでもおいしい。

 

 

 

・ラムは、今回は濃厚でちょっとお高いパンペロ社のアニベルセリオ(ベネズエラ産)を使っちまったけど、お手ごろな銘柄でも十分においしい。今回のは樽香が香ばしさを出してくれるが、樽香の少ないもののほうがすっきりと食べられる。

 

・クロワッサンは、高価な専門店のものでなく、スーパーで買えるようなやわやわしたタイプでOK。また、挟んだ後そのままラップでくるんで冷凍庫に入れれば、いつでも食べられるし、パンも冷え冷えで意外なおいしさを体験できる。

 

 

 

・ クロワッサンではなくて、カステラやドーナツに挟んでも結構いけると踏んでいる。

 

どうですか? 大人のラムレーズンアイス。お手ごろに楽しめて、ラムの量を調整できるのがいいでしょ。コンビニで買えるラクトアイスってところがミソ。もちろん、ゴージャスなバニラアイスクリームを使ったらもっとおいしいけど。ただ、どちらにしてもお子様向きじゃないのでご注意。

 

※この記事は2011年7月に掲載したものを再編集したものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ソムリエ/ トータル飲料コンサルタント

友田晶子

一般社団日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通称:SAKE女の会)代表理事、トータル飲料コンサルタント (日本酒・焼酎・ワイン・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)、ソムリエ/日本酒きき酒師/焼酎きき酒...

友田晶子のプロフィール&記事一覧
ページトップ