高級時計の価値は見極めよ。 「ブライトリング」の真価は継承される文化にある

ライフスタイル

For M

 

人類が大空へ夢を抱いたそのときから、航空業界と蜜月を重ねる高級時計ブランド「ブライトリング」。「クロノマット」や「ナビタイマー」などパイロットたち御用達の名作を生み出し、“航空界の公式サプライヤー”の地位を確立した。それと同様に「ブライトリング」が熱を入れているのが“航空文化の継承”である。

 

そのひとつが「航空史上もっとも重要な旅客機」とされる「DC-3」の「ブライトリングDC-3 ワールド・ツアー」だ。「DC-3」は、旅客運搬をおこなった最初の航空機であり、製造から半世紀以上が経過した現在でも「ブライトリング」の手によって、世界中の空を旅している。

 

四十男垂涎の高級時計には、価格を超えた“真価”が詰まっている。「ブライトリング」による“文化を継承する価値”とは――。

 

2017年9月まで続くワールドツアーを行っている「DC-3」。現在はアメリカ・シカゴを出発しトロント付近を飛行中(8月16日現在)

■航空史上、もっとも重要な旅客機とされる「DC-3」とは

 

「DC-3」という飛行機をご存知だろうか。アメリカのダグラス・エアクラフト社(現・ボーイング社)がアメリカ大陸横断のために開発した双発プロペラ旅客機のことだ。1935年に処女飛行を行い、その品質の高さから1942年の生産終了(軍用型は1945年)までに約1万6500機が造られた、航空業界におけるベストセラー機である。

 

現在、この機体は「航空史上もっとも重要な旅客機」とされるが、その理由はこの生産台数に加えて、定員数を20~30人(座席設定によって異なる)と「大人数」にできたこと。そして長い航続距離を実現し、航空輸送に革命を起こしたことにある。

 

それまでアメリカ横断をするには、鉄道で数日を要したが、「DC-3」なら寄航を含めて15~18時間で移動することを可能にしたのだ。航空会社はこれにより政府の補助なしに収益を上げることができ、「DC-3」は旅客運搬をおこなう最初の航空機として、アメリカのみならずヨーロッパの航空会社に採用されることになった。ちなみに日本でも1945年まで製造されていた歴史がある。

 

1935年から7年間生産された「DC-3」。機体後部に車輪を備えた「尾輪式」で、着陸時に後部が下がっているのが特徴のひとつ

性能、コストパフォーマンスに優れ、1万6000機も製造された機体は1970年代まで使われ続けた。その後、徐々に機体数を減らし、現在飛行可能な状態で残っているのはわずか150機ほどという。

 

そんななかから、後世に残すという目的を持って探し出されたのが、「ブライトリングDC-3」である。機体番号は「DC-3 HB-IRJ」。機体は1940年3月9日に製造されたもの。同機は旅客機として使用がスタートし、その後一時的にアメリカ軍に徴用されるも、終戦後は再び旅客機に。現在、77年目の現役の飛行機である。

 

同機が選ばれたのは、良好な保存状態であったことはもとより、民間機に加えて軍用機としても正式採用されていた経歴も理由のひとつ。「DC-3」を航空史から見た際、民間機、軍用機という双方の経歴を持っていることも重要なのである。

 

 

■航空業界の揺籃期から深い関わりを持つ「ブライトリング」

 

ライト兄弟が人類初の有人飛行に成功したのは1903年12月17日のこと。115年ほどの歴史であることを思えば、今こそ、歴史的機体を保存する最後のチャンスと言えよう。そして、世界にはこうした歴史的価値を持つ機体を次世代に継承すべく、修復し、飛行可能な状態で保存する活動を行っている人々がいる。「ブライトリング」が支援するスイスに拠点を置く非営利団体「スーパーコンステレーション・フライヤーズアソシエーション」(SCFA)だ。

 

同組織は「ブライトリングDC-3」、そしてアメリカのロッキード社(現・ロッキード・マーティン)が開発・製造した4発大型プロペラ旅客機「コンステレーション」を所有している。同機の特徴は4基のプロペラのみならず、水平尾翼に3枚の垂直尾翼を備えた特殊な形状に見ることができる。こちらの機体も修復、整備され、「ブライトリング スーパーコンステレーション」として、今なお現役として活躍している。

 

3枚の垂直尾翼を備えるコンステレーション(奥)もまた、歴史的な価値を持つ

では、なぜこうした取り組みに「ブライトリング」が関与しているのだろうか。

 

「ブライトリング」は1884年に創業したスイスに本拠地を置く時計ブランドである。創業以来、精密計測機器のスペシャリストとして、クロノグラフの発展に大いに寄与してきたブランドとしても知られている。同社は航空業界の揺籃期から関係が深く、腕時計のみならず、第二次世界大戦中には戦闘機に搭載されるコックピット・クロノグラフも製造。また、1952年にはさまざまな航空計算を行うことができる航空回転計算尺を搭載した「ナビタイマー」を発表している。「ブライトリング」とは、多くの航空業界に従事する者にとって憧れの存在であると同時に、命を預けるに足る“道具”として揺るぎない信頼を得ている航空業界の一員なのである。

 

こうした歴史を背景に、「ブライトリング」は航空文化が持つ多彩な魅力を発信し、その継承および発展に尽力し続けているのだ。

 

 

■福島の子どもたちが見上げた「ブライトリング・ジェットチーム」

 

ただいま、77歳の航空界の歴史的遺産「DC-3」は世界一周の旅の途中だ。それが「ブライトリングDC-3 ワールド・ツアー」である。今年3月9日、スイスのジュネーブを出発し、東周りに南欧、中東、アジア各地を経て、日本へ。その後アメリカ、北極圏から欧州へ入り、9月、再びスイスに帰港するという旅路である。

 

「DC-3」は全世界で喝采をもって迎えられているが、日本では他国にはない特別なプログラムが組まれていた。それが「みんなで空を見上げよう!」プロジェクトである。

 

「ブライトリング」はSCFAへの支援のほか、さまざまな飛行チームを支援し、エアショーなどで多彩なプログラムを披露している。なかでも世界の航空ファンを唸らせているのが、「ブライトリング・ジェットチーム」である。上の写真がそれだ。これは民間最大のジェット機を使ったアクロバティック飛行チームで、2013年、被災した福島を元気づけようとエアショーを慣行。その際のプロジェクトネームが「みんなで空を見上げよう!」だったのだ。

 

そして今回は、再び同じプロジェクトネームを冠して、昨年4月に被災した熊本県を含めて、神戸、福島、東松島を訪問。各地で地元の子どもたちを「DC-3」に乗せて、空の散歩へと誘ったのである。

 

あっという間に高度1万mに達してしまう現代の飛行機と違い、体験フライト時の「DC-3」の高度は300~600m程度。眼下に広がる「自分たちが生まれ育った土地」に、子どもたちの目は輝き続けていた。また「飛んでいる『DC-3』を一目見たい」と熱望した航空ファンが各地の空港に集結。子どもだけでなく、大人も大いに目を輝かせ、笑顔を見せていた。

 

日本で飛行機を飛ばすのは簡単なことではない。それでも空を見上げることで元気になってもらえれば――と、「ブライトリング」は飛行機を使った復興支援を行ってきている。復興への支援の方法はそれぞれだが「ブライトリング」しかできない支援をわれわれは受け取っているのである。

 

 

■「ナビタイマー」「DC-3」の旅路とともに

 

さて、ツアー終了後に発売が予定されているのが「ナビタイマー ブライトリングDC-3 リミテッド・エディション」である。「ナビタイマー」とは航空用回転計算尺を備えたモデルとして1952年に世に送り出されたモデルで、登場以来、多くのパイロットからの信頼を得ていることで知られている。77歳の「DC-3」と65歳の「ナビタイマー」は、ともに航空史を見続けてきた存在として、最高のパートナーと言えるだろう。

 

機体のどこかに500個のナビタイマーが収納され、地球を周回している「DC-3」。今どこの空を旅しているのかを知りたければfacebookの「ブライトリング DC-3 ワールドツアー」をチェックされたい。

 

DATA

ナビタイマー ブライトリング DC-3リミテッド・エディション

機長のサインが入った世界一周の証である飛行証明書が添付される。リミテッドモデルの裏蓋には「ブライトリング DC-3 ワールド・ツアー」のエンブレムが刻まれる。自社開発・製造のCOSC認定クロノメーター自動巻きムーブメント、キャリバー01搭載。SSケース。ケース径46mm。世界限定500個。2017年秋発売予定。106万円(税別)。

 

文:小泉庸子

 

citrusでは【1000円分のAmazonギフト券】が当たるアンケートを実施中

この記事が気に入ったらいいね!しよう

For Mの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

For M

For M

現代の男たちに足りないもの、それは「熱」。 仕事・遊び・趣味・恋愛に、何事も全力投球でまっすぐな熱さを持って打ち込む。そんな“熱男”こそ、我々が目指す“現代の伊達男”だ。 For Mでは...

For Mのプロフィール&記事一覧
ページトップ