風俗店で起こった「大谷翔平・直筆サイン騒動」。あなたも知らず知らずのうちに類似事件を起こしている?

エンタメ

 

8月の月間打率は驚異の3割8分9厘、31日には投手としても先発登板し、4月の左大腿負傷による長期離脱から“二刀流”での復活を果たした、あの日ハムの大谷翔平(23)が、なんと! 「ソープランド通い」をしているという仰天情報がマスコミ関係者のあいだで流れている……と、先日『NEWSポストセブン』が報じていた。

 

なんでも、埼玉県の大宮にある『W』というソープランドの待合室に大谷の直筆サインが飾られているそうで、それが発端となり「人目を盗んで通っているのでは?」「断り切れずサインしたのか?」……みたいな邪推が飛び交ったのが“事の経緯”なのだという。

 

「これはもう現地で確認するしかない!」と、一念発起の記者魂を漲らせ、ソープ『W』に潜入取材を試みる本誌記者。「別に“潜入”じゃなくてもよいのでは?」「本誌の名前を出して正式なかたちで電話取材しても、そこそこの回答を得ることができるのでは?」……モロモロ、一抹の疑問は拭えないが、まあ、そこらへんは「よりリアルなルポを読者にお届けしたい!」という気合いの証なんだろう。いずれにせよ、「経費でソープ」とは“役得”のランクだとMAXクラスであることに間違いはない。

 

そんなこんなで、果敢にも潜入を試みた本紙記者。

 

待合室を見渡せどサインは……ない。仕方なく(※ゴメス註:なにが「仕方なく」なのか?)店員に聞くと、平然とこう答えた。

 

「数日前まで飾ってましたよ。大谷選手本人が書いてくれたもので間違いありません」

 

──では、なぜ外してしまったのか?

 

「事情があって撤去したんです。もとはオーナーが大谷選手の大ファンで知人から譲り受けたもの。大谷選手が店に来たことがあるわけではないんです」

早い話、今回の件に関しては(十中八九)「単に、大ファンである大谷の直筆サインを(知人から)もらったオーナーが舞い上がって、自分のお店に飾ってまで自慢したかっただけ」ってことなんだが、著名人からすると「気軽に応じてしまったサインがどこでどんな風に“使われ”、それが誰にどう曲解されるか、わかったもんじゃない」というリスクが常につきまとうのは、なかなかに切実な、しかも防ぎようのない問題だったりする。現に、ソープ『W』の大谷サインが撤去された“事情”とは、日ハム広報担当より「誤解を招くような掲出は止めていただきたい」と注意を促されたから……なんだとか。北海道を本拠地とするプロ野球球団が、吉原や川崎どころか、ソープ街としては比較的マニアックな埼玉の大宮にあるお店にまで目を光らせにゃならんのか……その企業努力にはつくづく頭の下がる想いだ。ジャニーズ事務所が、所属タレントのサイン書きを一切禁止しているのも、この手のトラブルに対する“予防”の一環なのかもしれない。

 

さて。今回の大谷直筆サイン事件に「実際(大谷が)来ていようが来ていまいが、安易に店内公開するのは無神経すぎる!」「お店のハク付け目当てでワザと出所を濁していたんじゃないの?」……などと憤るアナタ。アナタは本当に、このソープ『W』オーナーを糾弾する権利があるのかどうか、ご自身の“日常”を一度、振り返ってみてほしい。

 

たとえば、SNS。Facebookやツイッターやインスタとかで、なんらかのパーティやら飲み会やらにたまたま同席していた、大して親交も深くない“知人”がたまたま写り込んでしまった写メを「周囲にいつもいっぱいの仲間がいるリア充な俺(私)」アピールのためだけに、本人の許可も取らず勝手にアップしたりはしていないか? コレ、「もらったサインを勝手に自分のお店に貼って自慢する」のと、そう変わらない行為だと私は思うのだが、いかがだろう……?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

山田ゴメス

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール
ページトップ