現代人は無意識のうちに「目」を酷使している……簡単マッサージで疲れ目解消すべし!

ヘルス&ビューティ

GetNavi web

 

仕事や私生活でも使うことの多いPCやスマホ。画面の見過ぎで、目が疲れているという人も多いのではないでしょうか。眼精疲労は肩こりや頭痛といった不快な症状を引き起こすことも。さらに目元の血行不良によりクマができたり、血色が悪くなったりすることもあります。

 

特に酷使するのは目の周辺にあって瞼を閉じ、目を細める働きをする「眼輪筋」。目を凝らそうと長時間ここを酷使することで目元の血行不良によりクマができたり、目の周囲に小じわが増えたり、瞼がはれぼったくなるなどの症状が出てきます。ちょっとした時間を見つけて、疲れた目をマッサージしてみてはいかがでしょうか。簡単なケア方法をトレーナーの坂詰先生に教えていただきました。

 

平成20年の厚生労働省の調べによると、コンピュータ機器を使用している事業所は97.0%。こうした機器の使用に伴い、「目の疲れを訴えるものが増えた」という事業所の割合は22.7%に及ぶといわれています。仕事ばかりでなく、日常におけるスマホ使いやTVの視聴で、オフの時間も目に負担をかけています。

 

疲れ目をそのままにしていると視力の低下はもちろん、ドライアイの原因にも。物を見るとき、無意識に目を細めてしまったり、目の疲れからクマが目立ったりすると、見た目の印象や美容にも悪影響です。

 

イキイキした瞳に近づけるためにも、指先1つでできる目周りストレッチを取り入れてみましょう。

 

 

■PART.01【上まぶたは目頭〜目尻に向かってプッシュ】

 

指は中指を使います。摩擦が起こると肌をいためるので、こするのではなく指の腹を使って強すぎない力で押しましょう。親指はあごの下に添え、顔をホールドしてください。

 

 

 

まずは上まぶた。眉のすぐ下、アイホールの上を、目頭側からこめかみに向かって、位置をずらしながら「ゆっくり押してゆっくり緩める」を各箇所3回程度繰り返します。押圧するのは、骨の際です。くれぐれも眼球を押さないようにしてくださいね。

 

眼精疲労が溜まっている人は、コリを感じられるはずです。押すことで凝り固まった目のまわりの筋肉の緊張がほぐれますよ。

 

 

■PART.02【下まぶたも目頭〜目尻に向かってプッシュ】

 

次に下まぶた。上まぶたと同様に目尻の涙袋の下から目尻に向かって、数か所、「ゆっくり押してゆっくり緩める」を繰り返します。

 

 

 

 

 

 

目のまわりは皮脂分泌が少なく、乾燥から小じわができやすいゾーン。こうしたケアで、血行が促進されると血色もアップします。

 

【教えてくれた人】

坂詰真二さん

スポーツ&サイエンス代表。NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。横浜リゾート&スポーツ専門学校講師。25年以上にもわたるプロトレーナー活動のほか、書籍・雑誌の監修など各メディアで活躍。著書に「お尻をほぐせば『疲れ』はとれる」(ベスト新書)など多数。

 

撮影/山上忠 モデル/山谷宣博 ヘア&メイク/斎藤節子 取材・文/平川恵、長友海咲輝

この記事が気に入ったらいいね!しよう

GetNavi webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

GetNavi web

GetNavi web

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュースをテーマに、「新」がつくものなら何でも取り上げるウェブメディア。取り扱うジャンルはデジタル・家電からエンタメ、ミニ四駆まで幅広い。スポーツコンテンツにも...

GetNavi webのプロフィール
ページトップ