これで1人前!? パン1斤使用「喫茶アメリカン」のパストラミビーフサンドに驚愕!

ライフスタイル

食楽web

食楽web

■歌舞伎座の裏手にある名物喫茶店の豪快サンドイッチ

 

東京・東銀座の歌舞伎座のすぐそばにある人気店『喫茶アメリカン』。ここには豪快にパンを1斤使った、想像を絶するジャンボサンドイッチがあるという。完食できずに持ち帰るお客さんも多いのだとか。ランチタイムは行列ができるとのことなのでそこは避け、朝8時の開店と同時に入店すべく、現地へ向かった。

 

着いたのは7時45分。お店の前にはすでに2人並んでいる。3人目のポジションをキープし、ひと息ついて後ろを振り返ると、あっという間にさらに5人並んでいた。出勤前のビジネスマンが朝食を食べにやってくるのだろうか。

 

メニューはタマゴ、ツナ、ハム、ハンバーグなどオーソドックスなものが多い中、ひときわ目を引いたのが「パストラミビーフサンド」(600円)。燻製好きの筆者としては、迷わずこれをオーダーする。

 

およそ5分後。サンドイッチが乗ったお皿を店員さんが両手に持ってやってきた。「同じものを頼んだ人がいるのだろう」と思っていると、なんとその2つの皿が私の前に!「ひとつしか頼んでませんよ……」と言おうとした瞬間、店員さん「これで1人前ですから」と。こ、これで1人前!? ひと皿ですでに2人前くらいあるのに!? しかしパン1斤ならば当たり前の量。おまけにパストラミビーフがパンの中に収まりきれずに皿の上にこぼれまくっているではないか!

 

完食できるか不安になってくるが、まずパストラミビーフから。塩味がしっかりきいている。このままビールのアテにしたいほどだ。パンは爽やかなほど白い。指を押し当てて離してみると、へこんだ部分はそのままで簡単に元に戻らない。素晴らしい弾力だ。工場から毎日直送される特注の焼きたてパンを使用しているとのこと、どうりでフワフワなはず。パストラミビーフと一緒にかぶりつくと、ほんのりとした甘みも加わり、両者の相性は抜群。

 

完食までおよそ10分強。具をパンで挟んだだけのシンプルなものだが、それはパンがおいしいからという自信のあらわれ。朝からパワーのみなぎる一食に出会えた。

 

(取材・文◎松本壮平)

 

●SHOP INFO

 

店名:喫茶アメリカン

住:東京都中央区銀座4-11-7
TEL:03-3542-0922
営:8:00~10:30、12:00~15:00(売り切れ次第終了)
休:土・日・祝

この記事が気に入ったらいいね!しよう

食楽webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

食楽web

食楽web

食べ飲み歩きを愛する30〜50代の男女に向けた、美食と酒のウェブマガジン。食にまつわるトレンドがめまぐるしく変化する昨今、レストラン・レシピなどの最新情報を、タイムリーに発信中。編集部による徹底リサーチに...

食楽webのプロフィール&記事一覧
ページトップ