結婚10年以内の離婚を避けるために……男は、自分の“テクニック”を磨くべき!?

人間関係

 

 

 

ミッションリサーチ社の調査によれば、離婚を経験した男女に「結婚前に気を付けておけばよかったこと」を訊ねたところ、43.9%が「相手の性格や価値観を知るべきだった」と回答していることが分かった。挙句、7.6%が「結婚自体、しなければよかった」とも回答。一度は愛し合ったはずの夫婦にとって、「知っておくべき」こととは、どのようなことなのだろうか。男性諸氏にとっては耳に痛く厳しい内容になるが、女性の本音を聞きこんでみた。
 

 

■さっそく、離婚女性の本音をリサーチしてみた!

 

結婚後10年以内で離婚をしてしまった女性を3人集め、まずは意見を聞いてみた。なぜ離婚したのだろうか。そして、どんなことがいちばん許せなかったのだろうか。

 

「……価値観の違いかな」A子さん(38歳・OL/2年で離婚・1歳女児持ち)
「うん、価値観の違い」B子さん(32歳・美容師/4年で離婚・3歳女児、1歳女児持ち)
「気持ちがなくなった」C子さん(33歳・家事手伝い/8年で離婚・5歳男児持ち)

 

はい。まぁ、みなさん最初はこんなものですよ。そこでアルコールを注入していただき、本音の奥の奥を聞いてみたところ……

 

「だってさ、結婚したとたんデートも何もしなくなったのに、夜だけはしつこく求めてくるんだよ!? しかもそのSEXが下手すぎて……。拒否したら『夫婦なのに!!お前は俺のことをATMとしか見ていない!』って、バカバカしくてやってられないでしょ!」

 

「恋人同士のときはごく普通な感じのSEXをしていたのに、結婚したら突然、セクシー衣装を買ってきたり、特殊なプレイを求めてきたり…。夫婦なんだから俺のことを理解しろとか、ありえないし気持ち悪い!」

 

「うちの場合は逆にレス状態。付き合ってたときは週2~3だったのに、結婚してから2年間ゼロ。『疲れてるから……』とか言ってたクセに、自分は風俗行ってたんだよね…」

 

……出るわ出るわ。「性格の不一致」どころか「“性”の“格”の不一致」についての愚痴ばかり。「結婚する前からこういう男だと分かっていれば、結婚なんてしなかった!」という声も上がった。

 

「家事負担が増えるのも、姑への不満も、生活費の負担割合も……そういう不満は、SEXで満足できていればガマンもできる。でも、レスや、不快感の強いSEXを強いられて、なおかつ自分の負担が増えるんじゃ、結婚していても女性はソンをするばかり。だったら離婚したほうがいい!」

 

お分かりいただけただろうか。これが、女性が離婚に至る、本音(のひとつ)なのだ。

 


■日本の男性は、自分たちが思っている以上にSEXが下手

 

もうひとつ、これも男性にとって「ええええええ!?」となる意見だが、過去、筆者が仕事をしてきた様々な女性誌の取材をする上でコッソリと取り続けた意見統計によると、日本女性の半数以上(おおむね70%)が、「SEXは嫌い」と答えている。この数は、やはりコッソリと取り続けた「SEX中にイッたことはあるか?」の問いに対して「NO」と答えた数(おおむね70%)と一致している。

 

はっきりと言おう。

 

日本の男性は、ぶっちゃけ、SEXが下手なのだ。

 

故に、女性の多くはSEXで快感を得られることもなく、ただの「苦痛」を強いられていることになる。「イッたことがない」と答えた女性にSEX中に何を考えているか聞いたこともあるが、

 

「早く終われ、って思ってる」
「早くイけ、って思ってる」
「眠いなぁ、って思ってる」
「こいつ、イクときの顔キモ!って思ってる」

 

と。出るわ出るわ。

 

「好き」「気持ちいい」「うれしい」――。そんな感情よりも先に浮かぶのは、「SEXという行為に対する不満」がほとんどだった。そうした女子が、どのような行動に出るのか。男をさっさと満足させるために「気持ちのいいフリ」をし、「イッたフリ」をするのである。

 

こうした「私さえガマンしていれば……」と思い込んでしまうムダな大和撫子意識も、日本男児をSEX下手にしてしまう要因のひとつだが、さらに下手なSEXを増長させているのは、なにかと“お手本”を求めたがるという、日本人のマニュアル主義のせいだろう。しかもそのマニュアルが、男が、男のために作り、男に都合の良い部分だけを寄せ集めたAVやエロ漫画なのだから最悪だ。

 


■幸せな結婚生活を続けたいなら、女性向けAVを見てテクニックを磨いておこう!!

 

もちろん、結婚生活で重要なのは性生活だけではない。しかし、日本の法律で「婚姻関係」とは

 

「性的に結合することによる、人格的な共同生活関係」

 

と位置付けられている。夫婦の根幹である「性的な結合」が、ひとりよがりだったり、下手クソだったりして、妻を満足させられない状態であるならば――夫婦として破綻しても仕方のないことなのだ。

 

では、この破綻を止めるためには、どうすればいいのか。

 

おすすめは、女性向けのAVや、女性向けのエロ漫画を見る。これに限る。男性から見たら回りくどかったり、結合までに時間がかかりすぎたりと、不満は多いことだろう。しかし、そこを「不満」に思った時点で、「もしかして俺、SEXが下手だった!?」と自覚するべきなのだ。

 

性的に、そして人格的に。お互いが強くつながりあって共同生活を築くことができていれば、離婚することはない。このことを心に強くとどめて……頑張ってみて欲しい!!!!!

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

恋愛コラムニスト

わぐりめぐみ

1970年東京都生まれ B型。相模女子大学にて国文学を学び、出版業界へ。雑誌、WEB、ドラマCD、ゲームシナリオ制作など、節操なく様々な媒体を手掛けるフリーランスライター。男女の本質的な違いに着目した、独自の恋...

わぐりめぐみのプロフィール&記事一覧
ページトップ