ゴルフ場が「18」ホールになった意外な理由

ライフスタイル

For M

ちなみに「ゴルフ場記念日」の4日後、5月28日(1927年)は第1回全日本オープンゴルフ選手権大会が行われた「ゴルフ記念日」

5月24日は「ゴルフ場記念日」。1903年のこの日、日本初のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」が神戸・六甲山にオープンしたことを記念して定められました。では、ゴルフ場と言えば18ホールが定番ですが、なぜ「18」という中途半端な数字に設定されているかご存知でしょうか?

 

ゴルフの発祥地・スコットランドでは多くのゴルフ場が海辺にあり、冷たい風にさらされながらプレイをするゴルファーたちはスキットルと呼ばれる銀製の容器にウイスキーを入れ、ティーショットのたびにキャップ1杯のウイスキーを飲むという習慣を持っていました。

 

スキットル1個分のウイスキーを飲み干すのに、ちょうどキャップ18杯……ということで、いつの間にか18ホールでゲーム終了、という流れになった……なんて説もありますが、どうやらこれはジョークに近い俗説。

 

実際は、英国の名門コースであるセントアンドリュースのオールドコースが18世紀の半ばに、土地の返還によって当初の22ホールから18ホールに縮小されたことにならって……が正解のようです。俗説の方が話としては面白い気もしますが、2つの「ゴルフ場トリビア」をクラブハウスの雑談で披露すると場も盛り上がりそうです。

 

 

(文:上村 由紀子)

 

※この情報は2015年5月22日現在のものです

この記事が気に入ったらいいね!しよう

For Mの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

For M

For M

現代の男たちに足りないもの、それは「熱」。 仕事・遊び・趣味・恋愛に、何事も全力投球でまっすぐな熱さを持って打ち込む。そんな“熱男”こそ、我々が目指す“現代の伊達男”だ。 For Mでは...

For Mのプロフィール&記事一覧
ページトップ