ホメ上手は「も」使いがウマい!

ライフスタイル

For M

とはいえ、あまり「も」を強調しすぎるのは考えもの。しつこくない程度に自然にこなそう

相手に心を開いてもらうには、褒めるのが効果的。「あなたに関心があります」「あなたに好意を抱いています」というメッセージを発するためには、相手をよく見て、観察することが大切です。たとえば、「姿勢がいいですね」「素敵なネクタイですね」というように、人と違うところや手入れが行き届いているところを探しましょう。

 

このとき、「とてもおしゃれなメガネですね」「そんなメガネが似合う人って、なかなかいないと思います。憧れます」というように、より具体的に褒めると効果的です。相手が初対面でない場合は、いつもと違うところを探します。例えば、髪型が変わったときは「かっこいい髪型ですね」、新しいバッグを持っているときは「素敵なバッグですね」というように。

 

ただし、このような表現ではこれまでは素敵ではなかったように受け取られることもあります。「新しい髪型“も”素敵ですね」「新しいバッグ“も”よく似合いますね」というように、「も」を上手に使いましょう。「今日のネイルは素敵ですね」と「今日のネイル“も”素敵ですね」。「は」と「も」の違いだけで、褒められてうれしい気持ちは何倍も違うのです。

 

 

(文:松本 英恵)

 

※この情報は2015年5月21日現在のものです

この記事が気に入ったらいいね!しよう

For Mの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

For M

For M

現代の男たちに足りないもの、それは「熱」。 仕事・遊び・趣味・恋愛に、何事も全力投球でまっすぐな熱さを持って打ち込む。そんな“熱男”こそ、我々が目指す“現代の伊達男”だ。 For Mでは...

For Mのプロフィール&記事一覧
ページトップ