有名人暴露ネタのイニシャル表記はどうあるべきか?

エンタメ
有名人暴露ネタのイニシャル表記はどうあるべきか?

アイドル女優・高部あい(本名・中山あい=27)のコカイン事件は、高部が先月、処分保留で釈放されて以降、関係者の摘発などには至っていない。そんななか、東スポの取材では、高部がクスリに手を出したのは何年も前で、逮捕直前まで頻繁に連絡を取り合っていた“ヤク友”有名人の名が続々と判明した……らしい。

 

てなわけで、この記事には「警察が関心を持っている」という「判明した有名人の名」が、イニシャル表記で“続々”と掲載されているのだが、今回私が東スポにツッコミたいのは「イニシャル、多すぎやん!」ってことである。

 

とりあえず、非常に面倒臭い作業になるのだが、登場した“イニシャル有名人”をすべて列挙してみよう。

 

「タレントSとM/人気スポーツ選手Iの弟とその友人のプッシャー/タレントD/人気女子アナK/人気アイドルグループ元メンバーO/世界的人気アクションスターを父に持つ華流俳優C/元人気アイドルS/タレントM/高部のパーティ友達だったN・S・Y/バラエティ系女性タレントMやK/モデル系タレントS/美熟女S/人気女性アイドルグループ元メンバーのKやS、その現役メンバーSやK/仲間内で(高部の)セフレと噂されていた若手グループのTやO、その元メンバーA/若手実業家のK・S・M・N・T・I/数々の美女と浮名を流しているイケメンS/イケメンのプレイボーイで「役者業の傍ら西麻布でバーをやってる」と言われるY/O・K・Cといった人気お笑いタレント/アイドルグループ出身のミュージシャンM/国内外で活動するロックバンド「I」メンバーY/若手実業家X/スポーツ界で(高部の)セフレともいわれる大物選手のNやK/プロ野球選手S」

 

イニシャルとして機能しそうなアルファベットを12個も動員(?)しての、総勢じつに40人!

 

東スポの独自取材力がいかに凄いかを読者に知らしめたい気持ちは理解できなくもないが、さすがにコレじゃあとっちらかりすぎだろ? 補助解説ザックリしすぎ! SとMとKとくに使いすぎ! 高部のセフレは何人おるねん!? あと、ついでに「ヤク友」だとか「プッシャー」だとかって薬物スラングを公共の紙面でサラッと入れるなっつーの!

 

 

少なくとも私は、この40人中一人たりとも実名まで到達できなかった。せめて「G・Y(山田ゴメス)」くらいの特定度、“努力”は示してほしかった。ただ、そうやったらやったで「頭に来ているアルファベットはファーストネーム・ファミリーネームどっち?」「アルファベットの数が倍になって、より読みづらくなる」といった問題も生じてくるのだが……(笑)。

 

イニシャルだったら誤報でも「このNはアナタじゃなくて別のNです」と言い逃れできることを盾に大盤振る舞いを果たしたはいいが、いつの間にか収拾がつかなくなってしまいました……ってケースの典型だと言えよう。おそらく書いている記者も「どのSが誰だっけか?」みたいな、よくわからない状態になっているのではなかろうか?

 

この手の暴露ネタをやるなら、やはり“やる側”は少々のリスクを被るべきだと私は考える。たとえば、私の名前を出すなら「○○ゴ○○」。文字数とヒントになる一文字程度は明かしていただきたい。それがダメなら名前全体にモザイクをかけて、なんとなくのニュアンスが掴めるようにする……だとか? 印刷の手間と費用は跳ね上がるだろうけど(笑)。

 

コレがもし「下手に実名の正解を導き出されてしまったら、かえってヤバイ」クラスの与太話で、その情報性の薄さを隠すための“新しいテクニック”ならば、つまり“確信犯”なんだとすれば、東スポの狡猾なる才覚と突破力を、またあらためて痛感せざるを得ない……といったお話であった。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ