NHK『わろてんか』での存在感! 期待を集める男・藤井隆の人気はもはや盤石か?

エンタメ

出典:連続テレビ小説「わろてんか」公式サイトより

「フォーッ!!」「体の一部がHOT!HOT!」

 

藤井隆さんがテレビに登場し始めた頃、キレキャラともオネエキャラともつかぬその存在感に困惑した方は多いのではないだろうか。手もとの資料によると藤井さんが『超!よしもと新喜劇』出演をきっかけにブレイクしたのは1997年。

 

あれから20年。浅倉大介さんのプロデュースで歌手デビューしたり、俳優としてNHK大河ドラマに出演したり、人気タレントの乙葉さんと結婚したり……と、確実に芸能界でステップアップを果たした藤井さん。キャラクターは次第にマイルドになり今ではインテリジェンスまで漂わせる高好感度キャラクターに変貌している。

 

しかし芸人としての面白さが失せたわけではない。

 

 

■藤井隆なら“なにかやってくれそう”

 

先日、アサ芸プラスの『不評続出「わろてんか」に藤井隆登場で「期待値MAX」のワケ』という記事でも言及していたが、藤井さんは“静”を“動”に変える爆発的なパワーを秘めている。

 

昔のようにしじゅうパワー全開ではないが、今は狙ったところでほど良くそれを発揮する。

 

 

 

 

近年リリースしているシティポップやエレクトロ系、90’S風の楽曲にしても、凡百のシンガーが歌えばただお洒落ぶっただけの空虚なものになりがちだが、藤井さんが歌えば肉感的でセクシーでパワーにあふれたナンバーに仕上がる。

 

妻の乙葉さんともども起用された『薬用養命酒』のCMも、よくある大御所芸能人のおしどり夫婦系CMよりはるかに面白い。

 

 

 

 

CMに登場する藤井さんはきわめて紳士的で優しい理想的な夫なのだが、それでも観る者に"なにかやってくれそう"な期待を感じさせる。例えるならば、かつての過激なロックスターがしれっと紳士面して教養番組に出演しているような──そんな面白味があるのだ。

 

藤井隆……それは現代のお笑いシーンを代表する芸人でありながら、芸人としては珍しい種類のアーティスト性を備えた貴重な存在。今後もぜひさまざまな方面で世人が思いもしなかったような才能を発揮していただきたいものだ。

 

ひとまずは『わろてんか』での活躍を堪能しようと思う。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

シンガーソングライター/音楽評論家

中将タカノリ

シンガーソングライター、音楽評論家。2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。深い文学性と、歌謡曲、アメリカンポップスをフィーチャーした音楽性で独自の世界観を構築している...

中将タカノリのプロフィール&記事一覧
ページトップ