女性が見ている男性のパーツはココ! 手入れしていないと「仕事も恋愛もダメそう」と思われるかも 

人間関係

 

男は見かけより中身。その通りだと思いますが……男性の皆さん、ほんの少しの手抜きが職場の女性たちに残念な印象を与えていることにお気づきでしょうか。

 

 

■女性は男性のココが気になっている

 

女性が職場男性の身だしなみで、どこを気にしているのかという調査によると、気になる一位は「口臭(93.6%)」。次いで「体臭(92.7%)」「フケ(91.5%)」。実に9割以上の人がこれらの項目を重視しています(株式会社インテージ・インタラクティブ調べ[2009年])。ところが、男性が何らかの対策をしている身だしなみの第一位は「鼻毛(61.8%)」。他社の調査では、「ヒゲ(57%)」が一位でした(パナソニック調べ)。惜しい! 鼻毛もヒゲも大事ですが、実に惜しい!!

 

 

■印象の悪い人は4760万円損をしている!?

 

容姿や印象が様々な部分に影響するのは皆さん体感しているところだと思いますが、生涯年収に影響を与えるという研究もあります。一説によると印象がよい人とそうでない人の差は実に4760万円にものぼるのだとか。

 

女性が見ている「口臭」「体臭」「フケ」といった最低限な身だしなみは、迷惑防止条例で定めてほしいくらいですが、男性の皆さん、そこにプラスして少しだけお手入れをしてみてはいかがでしょう。鼻毛やヒゲのケアも大事ですが、努力するべきはそこじゃない!? 女性陣のアンケートから考察した、男性のお手入れポイントをご紹介します。

 

 

■手入れしないと仕事ができない印象になってしまう3つのパーツ

 

【1】 肌

女性社員に行った調査によると、仕事ができる印象を持つ第一位は「清潔感のある男性(94.7%)」で、二位は「肌がキレイな男性(74%)」だそうです。ところが肌の保湿をしている男性はたった3割(ロート製薬調べ2017年)。これは保湿するだけで、その他大勢と差をつけられるチャンスでは? 脂ぎった肌が嫌われるのは皆さん薄々気づいてらっしゃるようですが、冬のカサカサお肌も見ていてしんどいものです。

 

【2】 眉

第一印象を決める外見ポイントの1位は「顔」で74.7%。顔の中でも目立つ黒いかたまりである眉は、印象形成に大きな影響を与える要素の一つです。眉が印象に与える研究では、八の字の眉は「温和」「穏やか」、太い眉は「意思が強い」「頼りがいがある」、細い眉は「軽薄」「貧弱」といった説もあります。

 

自分のキャラに合わせて形を整えるのがベストですが、ボサボサの眉をカットして揃えるだけでも清潔感はアップ。特に歳をとると、男性の眉って某元首相のように伸びていきますよね。伸ばしっぱなしの人はぜひカットしてください。

 

【3】 歯

口元のしまりがなく歯並びが悪いと、知性に欠ける印象を与えてしまう。口元がひきしまっていると、知的的に見える。口元が緩んでいると、おしゃべり、ルーズに見えるといったように、口元は印象に影響を与えるパーツの一つです。女性の唇はセックスシンボルの一つですから、つい目がいってしまうという男性陣も少なくないと思いますが。男性の皆さん、女性も口元は見ていますよ!

 

そこでぜひ試してほしいのは歯のクリーニングです。日々のブラッシングが適当になってしまう男性でも、定期的なメンテをすれば大丈夫。半年に一度、なんなら一年に一度でもいいので歯科でクリーニングを受けてください。口臭の原因である歯周病も改善。見た目の清潔感という意味でもお勧めです。

 

【番外編】 爪

「この人、彼女いないんだろうな」「もう現役じゃないのかも」と思われるパーツは爪! 爪が長いと、愛し合っているとき、女性に痛がられるからというのがその理由。

 

「男性の手が好き」という女性は多いですが、爪が長いとげんなりするという人も多いはず。個人的には、男性にはいくつになっても“寄らば斬る”的な雰囲気を漂わせてほしいと思っています。現役を引退しても、彼女がいなくても爪は短く清潔に保って欲しいものです。

 

「手入れなんてわざわざする必要はない」という気持ちはよくわかります。しかし第一印象は性格特徴を推測させ、その後、正確な情報が提示されても修復されにくい傾向があります。中味で勝負というのはもっともです。でも印象管理や女性社員との良好な人間関係の維持に役立つ自分のお手入れに時間を割けないというのは、やはり残念な気がします。一日数分で印象アップは可能。素敵な男性が増えたら、女性はとっても嬉しいですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

コミュニケーション研究家

藤田尚弓

All About 話し方・伝え方ガイド。企業と顧客のコミュニケーション媒体を制作する株式会社アップウェブを経営。言語・視覚の両面から「伝わる」ホームページやパンフレットなどの制作を通し、日々コミュニケーション...

藤田尚弓のプロフィール&記事一覧
ページトップ