母の浮気をフォロー!? 大人になった子どもが考える「親の浮気」 

人間関係

亀山早苗

 

■50代でも恋愛するのかと驚きの声

 

恋愛に年齢は関係ない。いくつになっても恋をする人はいるし、しない人もいる。実際、高齢者施設でも恋に落ちる男女はいるのだ。

 

「自分の母親が50代後半なので、あの年代でも不倫するんだなと思うと複雑な心境ですね」

 

シンイチさん(33歳)は独身。親と同居しているが、家で食事をしないし寝るために帰るようなものなので、万が一、母親が不倫しているとしても気づかないと言う。

 

「父親だって母の不倫には気づかないでしょうね。弟もいますがやはり仕事が忙しくて、一家全員ばらばらの生活なんです。家族で夕食をとるのは月に1回あればいいほうじゃないかな。全員大人だから、それほど珍しいことでもないでしょうけど、母親は案外寂しかったりして。そんなとき、母親を女性として見てくれる男性が現れたら、恋愛しても不思議ではないですよね。そう言いながら、現実感はありませんけど」

 

自分の親だから、自分の配偶者だから、そんなことがあるはずはないと思ってしまうのだろう。

 

■母の不倫のアリバイ作りを……

 

北関東出身で、今は都内に1人暮らしをしているマイさん(32歳)は、あるとき母親から「〇日はあなたのところに泊まっていることにして」という連絡をもらった。

 

「SNSでの連絡で意味がわからなかったので電話したら、あとで連絡しなおすと。あとから電話がかかってきて、『〇日に都内に行くんだけど、友達と一緒なのであなたのところに泊まったことにしてほしい』と。ますます意味がわからない。『友達って男なの?』と聞いたら、『今度詳しく話すから』って電話を切られました。たぶん、父がお風呂にでも入っている間にかけてきたんでしょうね。これはお母さん、怪しいわーと思いました」

 

マイさんの予想通り、母親はかつての同級生と不倫関係にあった。だが、それを聞いたマイさんは動じなかった。

 

「母といえども、1人の女性です。父は今で言えばパワハラ、モラハラのひどい人。耐えてきた母を見ているから、もう好きなようにさせてあげたかった。それ以来、母の不倫のアリバイ作りを手伝っています」

 

母親と恋愛話をすることで、今までの母親とは違う女の顔も見ることになったが、それもまたイヤではないとマイさんは言う。

 

「こっちももう大人ですから。これからも母には悔いのないようがんばってほしいです(笑)」

 

女同士だからこそ成立する「ナイショの話」なのかもしれない。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

亀山早苗

明治大学文学部演劇学専攻卒業後(専攻は歌舞伎)、雑誌のフリーランスライターに。 ライター歴、もうじき30年。離婚歴1回の現在独身。長い間、男女関係に興味を持ち続け、さまざまな立場の男女に取材を重ねてきまし...

亀山早苗のプロフィール&記事一覧
ページトップ