これって本当? よく聞く“スキンケアの都市伝説”、その真偽のほどは!?

ヘルス・ビューティー

Suits-woman

年末年始の暴飲暴食で肌荒れ、睡眠不足でお肌の調子がイマイチ、乾燥でお肌ボロボロ……肌トラブルとは上手に付き合っていきたいものですが、自分のスキンケアに自信はありますか?

 

洗顔はスクラブの方がいいの?だめなの?どっち!?

男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』が全国の20~40代の男女330人に調査した「スキンケア(美肌)に関する都市伝説/噂はどこまで信じられているか」、また「それは真実なのか?」を同院総院長の稲見文彦医師の解説も含めてご紹介します。

 

 

■伝説1:洗顔用のブラシやスクラブ洗顔は汚れが落ちて肌に良い

 

【一般回答】「そう思う」39.4%、「そう思わない」60.6%

洗顔ではしっかり汚れを落としたいものですが、正解は……

 

×

 

スクラブ洗顔やブラシを用いた洗顔は洗浄力や物理的な刺激が強すぎて、肌トラブルの原因となる恐れが。低刺激の石けんや泡立てネットなどを使用し、しっかりと泡立て手と肌が触れ合わない程度に「泡」で優しく洗うのが正しい洗顔方法です。また洗顔後は適切な保湿が必要なのは言うまでもありません。

 

 

■伝説2:洗顔は、1日に「朝夜2回」するのが肌に良い

 

【一般回答】「そう思う」53.3%、「そう思わない」46.7%

 

起床後と、夜にメイクを落としたら洗顔という人が多いと思いますが、正解は……

 

 

こちらはケースバイケースで、オイリー肌の人と乾燥肌の人では洗う頻度も異なります。ただし「現代人は洗顔しすぎ」であることは間違いなく、「夜に洗顔し、朝はぬるま湯で洗い流す程度」といったくらいが丁度よいのも事実。過剰な洗顔は美肌づくりにはお勧めできません。とくに大人ニキビは洗いすぎで悪化することがあるため、洗顔回数は注意が必要。

 

 

■伝説3:洗顔時は「お湯」よりも「水」で洗った方が肌に良い

 

【一般回答】「そう思う」38.8%、「そう思わない」61.2%

水で洗うと気分は引き締まりますが、お肌にはどうなのでしょう。正解は……

 

 

正確には「ぬるま湯」で洗うのがベスト。冷たい水で洗うと交感神経が刺激され目覚めの効果がありますが、毛穴も収縮するため洗浄効果が劣るデメリットも。また、熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂を落としてしまうため乾燥肌の原因に【ぬるま湯+泡洗顔】がベストチョイスです。

 

 

■伝説4:チョコレートを食べ過ぎると「ニキビ」ができる

 

【一般回答】「そう思う」55.8%、「そう思わない」44.2%

ニキビができるからチョコレートは控えてるという人は気になりますね。正解は……

 

×

 

こちらは、いわゆる俗説。チョコレートの食べ過ぎとニキビの因果関係は不明です。ただし、栄養バランスを考えた規則正しい食事が、ニキビ予防にプラスに働くことは間違いないでしょう。

 

 

■伝説5:日焼けをし過ぎると「シミ」の原因になる

 

【一般回答】「そう思う」83.3%、「そう思わない」16.7%

美白に励む堅実女子は多いはず! 気になる正解は……

 

 

紫外線は体にとって有害なため、防御反応のひとつとして皮膚はメラニン色素を作り出し、メラニンに紫外線を吸収させます。これが「日焼け」です。皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が活発に行なわれているうちは問題ないのですが、加齢とともに新陳代謝の速度は遅くなり、日焼けによって生じたメラニン色素が体外に排出されず残ってしまい、これが「シミ」になります。シミ予防で最も大事なのが「日焼けを避ける」ことは言うまでもありませんね。

 

 

■伝説6:睡眠不足や疲れが原因で、「クマ」ができると思う

 

【一般回答】「そう思う」82.1%、「そう思わない」17.9%

睡眠不足はお肌の大敵!ということで、正解は……

 

 

クマと呼ばれるものには通称「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」などがありますが、このなかでも「青クマ」と呼ばれるものが睡眠不足や疲れによるクマと言われています。主な原因は下瞼の血行不良で、美容機関ではレーザーを用いた治療が一般的です。

 

そうだったの!?と驚いたものもあったのではないでしょうか。今まで信じてきたスキンケアが間違っていた……という人は、情報をアップデートして、2018年は美肌を手に入れましょう!

 

【参考】※ ゴリラクリニック(医療法人社団十二会)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ