【結婚・離婚の幸福論】セックスレスを改善するための3ステップ式コミュニケーション法

人間関係

 

2018年も本格的にスタート。今年もたくさんの男女の幸せを考えつつ、真摯に夫婦問題に取り組んでいきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

さて、年末年始はいつもより夫婦で過ごす時間が多く、「これからの夫婦や家族のありかたについて、いろいろと考えた」という人も多かったのではないでしょうか。芸能界でも新年を迎えるタイミイングで、結婚や離婚のニュースが話題になりました。結婚であれ離婚であれ、一年のはじまりに新しい自分の幸せを目指そうと区切りをつけて前に進むことは、とてもいいきっかけになるでしょう。

 

とくに30代以上の夫婦の離婚に関して、ここ数年の傾向として多く見られる相談のひとつに、「セックスレス」の問題があります。「まだこれから夫婦としての生活は続いていくにもかかわらず、このままセックスもなく、男女として“終わっている関係”でいいのか?」という声を頻繁に聞きます。実際に、セックスレスがやがて離婚の原因になることも少なくないだけに、多くの人が気になる問題なのではないでしょうか。

 

もちろん、セックスレスの関係が続いているからと言って、「=夫婦仲がよくない」というわけではありません。ですが、もしも明らかにセックスレスが原因によって夫婦関係がギクシャクしたものになってしまっているようであれば、改善するための対策をこころみるのもおすすめです。具体的には、次のような3ステップ式で自然にパートナーの心をつかみ、コミュニケーションを深める方法もあります。

 

Step1.パートナーの話をじっくり聞いてみる

 

まずは、パートナーが今、「何に対して不満を感じているのか?」にもっと敏感になることが重要です。とくに、「自分は毎日、一生懸命にがんばっている」という思いが強くある人は、相手の抱えている不満には気づきにくいもの。自分の不満や努力を訴えるより、まずは相手の心に寄り添うように「最近、どう?」と、久しぶりにじっくり話を聞いてみましょう。すると、「少しは気にかけていてくれたんだな」とうれしく思い、かたくなった心が少しずつほどけていくきっかけが生まれるはずです。

 

Step2.「言葉」で愛情表現

 

セックスレスの状態が続くと、お互いに「相手はもう、自分に対して愛情がさめてしまったのだろうか……」と思うようになるもの。「愛されている」という実感が得られていないと、ますます心の距離も遠い存在になってしまう危険性もあります。現実的に仕事や家事、育児で疲れていて、そういう気持ちにはなれないときでも、思いやりのある言葉をかけることで「大切に想っているよ」ということを伝える必要があります。

 

Step3.「プチ・イベント」を計画する

 

そして、「大切に想っている」ことを形にするために、プチ・イベントを計画するのも効果的。「記念日に二人だけで食事に行く」「小旅行に出かける」「サプライズでプレゼントをする」といったことを計画、実行してみましょう。環境が変わると気分が盛り上がることも多く、自然とコミュニケーションが増えるはず。素敵なムードづくりに一役買うことができれば完璧です。

 

……夫婦関係がよくなることで多くの悩みは軽減され、毎日がもっと楽しく、充実したものになる、という人は多いはず。2018年はそんなふうに幸せな年にしたいものですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

結婚離婚カウンセラー

岡野 あつこ

All About「離婚」ガイド。TVのコメンテーター、雑誌取材も多く結婚離婚相談実績は27年3万件以上。岡野あつこのライフアップスクールも現在迄に2000人以上の門下生を創出する名門となっている。夫婦問題の悩みを解...

岡野 あつこのプロフィール&記事一覧
ページトップ