ゆとり世代によるゆとり世代のための「新世代スナック」が恵比寿に誕生!

ライフスタイル

食楽web

 

■暗い階段を上がるとそこは昭和のレトロ空間

 

皆さんは「スナック」と聞いて何を連想しますか? カラオケ? ママ? 昭和? 実際に行ったことがある人もない人も、それぞれにイメージはお持ちだと思いますが、昨年末、東京・恵比寿に、ゆとり世代の店主による“ネオ・スナック”を標榜する店がオープンしたという噂を聞きつけた編集部。その名も『ネオ・スナック&バー ゆとり』。さっそく飲みに……ではなく、取材にお邪魔しました。

 

お目当ての店へは、恵比寿駅西口から駒沢通りを越え、飲食店がひしめく繁華街を歩くこと数分で到着。このビルの4階だな、と確認がてら改めて建物を見上げてみるも、看板も何も見当たりません。しかもかなり古いビルのようです。本当にこの場所で良いの? と一抹の不安を感じつつ、真っ暗な階段を上がり、恐る恐るドアを開けてみると、そこには赤を基調としたレトロな空間が広がっていました。

 

 

■日替わりママがお出迎え

 

笑顔が初々しいさゆりママ

「いらっしゃいませー!」

 

割烹着をまとった20代と思しき女性がカウンター越しにとびきりの笑顔で出迎えてくれるではないですか! 彼女の明るい声と雰囲気にこれまでの緊張感が一気に吹き飛んだ我々。吸い寄せられるように店内へと入り、カウンターに腰掛けます。店内はカウンターとテーブル席が数席のみと意外に小ぶりです。壁紙をはじめ、要所要所は赤で統一され、天井にはミラーボールが設置。しかも80年代の歌謡曲が響き渡り、まさに昭和時代へタイムスリップしたかのよう。

 

 

ミラーボールやボックスタイプのテーブル席が昭和のスナック感を醸し出しています

割烹着姿の愛らしいママからおしぼりを受け取り、改めてシステムを聞いてみると、実はこの店は会員制で会員の招待がないと入店できないとのこと。現在はオープンキャンペーン中につき、特別に一見さんもOKだそう。基本的にはボトルを入れれば、あとは90分間の定額制。スナックならではの明朗会計なシステムに、我々も思わず胸をなでおろします。

 

客同士が楽しく飲めるよう、会員制ならではのルールが掲示

 

 

■クラフトジンのラインナップに自信アリ!

 

左から、ニッカ「カフェジン」、サントリー ジャパニーズクラフトジン「ROKU」、鹿児島・本坊酒造「WABIGIN」、京都蒸溜所「季の美」など、ジン好きにはたまらない品揃え

 

さっそくお酒をば、とバックバーを物色すると、シングルモルトやバーボン、ジンなどを中心に洋酒のラインナップがかなり充実しているのに驚きます。スナックといえば、焼酎やオールドなどのお酒が相場ですが、これほどのラインナップとは……。中でも気になったのは、いま注目のクラフトジンの充実ぶり。大手メーカーのものから国産の小規模な蒸溜所のものまで、ツボを抑えたラインナップが嬉しい限り。マスター以下、スタッフは皆、バー出身だというから納得です。“ネオ・スナック”恐るべし。

 

 

メーカーズマークをボトルキープ! キープできるボトルもバーさながらです

とりあえずバーボンで喉を潤し、落ち着きを取り戻した我々は、「なんでスナックなの?」という、気になっていたギモンをママとマスターに投げかけてみました。

 

「恵比寿って一軒目に選ぶ店は多いんですが、二軒目、三軒目に行く店があまりないんですよね。なので、バーほどかしこまらず、気軽に立ち寄れる店、ということで“スナック”という形態に注目したんです」

 

バーテンダーの経験もあるという、ゆとり世代の店長

なるほど。ゆとり世代をアピールしたのも、もっと同世代に利用して欲しいから。気の合った客同士で気兼ねなくお酒が飲める空間にするために、あえて会員制にしたのだそう。だからマスターもママもスタッフも、基本的には皆「ゆとり世代」。しかもママは日替わりだというから驚きです。うーん“ネオ”ですなー、なんて思いながらも、酒を片手にママやスタッフとの会話が弾みます。

 

 

すると「じつは料理も充実しているんですよ」とマスター。とくれば、編集部としては試食せねばなるまい、とオススメされるがままに、本日のメニューの一つ「オムライス」を注文。数分後に登場したオムライスは、ふわとろ系の本格派。優しい食感と味わいが、〆の料理としても秀逸です。聞けば、近所にある系列のダイニングバーにて下ごしらえしたものを提供しているとのこと。

 

 

自慢のオムライスはふわとろな本格派

酒と料理に満足しつつ、ネオ・スナックをしこたま満喫した我々。千鳥足で終電間際の恵比寿駅に向かうのでありました。2月末までの期間限定となりますが、「食楽web」の本記事をご覧いただいた方であれば、一見さんも入店OKだそうです。この機会にぜひネオ・スナックを体験してみてください!

 

(取材・文◎編集部)

 

 

●SHOP INFO

 

店名:恵比寿ネオ・スナック&バー ゆとり

 

住:東京都渋谷区 恵比寿西1丁目13-7 恵比寿西5ビル402

 

営:平日19:00~深夜
  金土祝前日19:00~深夜遅く(年始休みあり)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

食楽webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

食楽web

食楽web

食べ飲み歩きを愛する30〜50代の男女に向けた、美食と酒のウェブマガジン。食にまつわるトレンドがめまぐるしく変化する昨今、レストラン・レシピなどの最新情報を、タイムリーに発信中。編集部による徹底リサーチに...

食楽webのプロフィール&記事一覧
ページトップ