なかなかすっきりしない日本「最西端の駅」問題

車・交通

 

日本最北端の駅は「稚内」、最東端は「東根室」とはっきりしている。しかし、最南端、最西端は、なかなかすっきりしない。なぜだろうか?

 

旧国鉄時代は日本の東西南北、それぞれ果てにある駅がはっきりしていた。しかし、国鉄がJRとなり、いくつもの路線が第三セクター鉄道に転換され、そして沖縄にモノレールができたことから話がややこしくなった。

 

2003年に沖縄都市モノレールが開業すると、那覇空港駅が日本最西端の駅、赤嶺駅が最南端の駅となりモニュメントができた。しかし、それまで最南端、最西端だった駅はタイトルが剥奪されて観光名所ではなくなってしまうため、地元は諦めきれず、言い方を考えることになった。

 

 

 

 

 

最南端の西大山駅(鹿児島県の指宿枕崎線の駅)は「JR最南端の駅」としてPRを始めた。もともとあった記念碑の上に「JR」をつけただけで、これは簡単な作業で終了。

 

問題は最西端の駅である。国鉄最西端の駅だった松浦線の平戸口駅は、松浦線が第三セクターの松浦鉄道となってしまったので、西大山駅のように「JR」という限定つきで呼ぶことはできない。

 

JR九州はさっさと佐世保駅をJR最西端の駅と認定し、モニュメントまで作ってしまったのである。それでも松浦鉄道はあきらめない。今でも平戸口駅を改名した「たびら平戸口駅」を日本最西端の駅としてPRしているのだ。

 

最北端、最東端、最南端の各駅から線路がつながっている路線網のなかでは最西端に位置する駅という理屈だ。もう1つの理屈は、モノレールは鉄道とは言っても特殊なので「2本のレールで構成される鉄道」のなかでは最西端に位置する駅というわけなのだそうだ。

 

しかし、現地ではそうした理屈は一切なしで「日本最西端の駅」。ある意味、あっぱれである。
 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

旅行作家

野田隆

1952年名古屋生まれ。長年、高校で語学を教える傍らヨーロッパと日本の鉄道紀行を執筆。2010年、早期退職後、旅行作家として活動中。著書に『テツ道のすゝめ』『テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門』『テツはこんな旅をして...

野田隆のプロフィール&記事一覧
ページトップ