「この仕事、お前に任せるよ」はNG!? こうして上司と部下はすれ違う…

ビジネス

citrus 桜井洸希

 

上司は「この仕事、お前に任せるよ!」と、部下に期待と信頼を込めている。一方の部下は「この仕事、お前に任せるよ!」で、上司に嫌悪感を抱く。なぜこのようなすれ違いが起きてしまうのでしょうか? 上司と部下それぞれの思いをひも解き、解決方法について考えます。

 

 

■上司にとっては、覚悟が込められた含蓄のある言葉

 

上司が「この仕事、お前に任せるよ」と言うとき、実は単に物理的な仕事を指示しているだけではありません。この中には「こいつだったら、任せても大丈夫だ」と期待の気持ちが込められています。

 

部下に新しい仕事を任せることは、上司にとって、とても度胸がいることです。それに、仕事に不慣れな部下よりも、自分で処理した方が早い場合もあります。ただ、それで部下に仕事を振らないようでは、上司自身の手元の仕事が膨大になり過ぎて、業務遅延になってしまいます。部下の育成にもつながりません。だからこそ、覚悟をもって「部下に仕事を任せる」のです。部下がミスなどをしたら、自分自身も責任を問われる。相当のリスクを負っているわけですね。

 

もちろん、腹の中では「面倒だから、あいつに振っとけば良いか」と部下に甘えている部分もあります。それでも、「彼なら、俺の進退がかかった仕事を預けられる」と全幅の信頼を置いていることも確か。例えば、家を建てるとき。あなた自身の手で建てることはできません。それでも、ハウスメーカー選びには、慎重に慎重を期すはず。「このメーカーだったら、俺の家の建築を任せられる」と確証が持てなければ、発注はしないでしょう。仕事を部下に任せる上司の心境も一緒。部下に対する大きな「期待と信頼」。「任せるよ」の一言は、上司にとっては覚悟の込められた「含蓄のあるお言葉」なのです。

 


 
■部下にとっては「なぜ自分に押し付けるのか」という嫌悪感に


一方で、部下の立場ではいかがでしょうか。「この仕事、お前に任せるよ」と言われると、「何だよ、俺に押し付けるのか!」このように受け止めてしまうケースが多いようです。例え表面上は快く引き受けているように見えたとしても、内心は嫌悪感に満ちている。残念ながら、上司の期待と信頼がほとんど伝わっていない場合が少なくありません。

 

新たに仕事を振られるとき、部下の心の中には、まず防衛本能に基づく「抵抗感」が浮かんでしまう傾向が強いようです。上司に仕事を押し付けられること、物理的に仕事を増やされることに対して、非常に嫌な気持ちが芽生えます。
「面倒なことを押し付けられた」
「仕事を増やされた」
「他にも部下がいるのに、何で俺だけに言うんだよ!」
様々なネガティブワードが頭の中を駆け巡り、ハラワタが煮えくり返るような心境になりがちです。上司が受けとって欲しかった「期待や信頼」のメッセージに対しては、残念ながら部下は耳を閉ざしてしまうのです。

 

確かに「自分は期待されているのかもしれない」という前向きな考え方も、少しは頭の中に浮かぶでしょう。それでも、本能的な基づく嫌悪感には敵わないようです。その仕事を成功させればボーナスがもらえる!くらいの直接的に欲求に訴えかけるような条件が整っていない限りは、なかなか前向きには受け取れない。上司の「任せるよ」という言葉のボールは、部下にとっては、トゲだらけのイガグリを投げつけられることとほぼ同義のようです。

 


 
■上司は「他でもないお前だからこそ」と枕詞を添え、部下は「なぜ自分なのか」を聞くべし


このように、「任せるよ」の言葉については、発信側である上司の意図と、受信側である部下の理解では、大きなギャップがあります。上司が、せっかく期待と信頼を込めて仕事をお任せしたにもかかわらず、そのことによって部下が不満を募らせてしまったのなら、関係性は悪化し、お互いにとって望ましくありません。それでは、このすれ違いを解決するためには、どのような手段があるのでしょうか?

 

ある家電メーカーの課長さん(男性/40代)は、部下に仕事を任せる際に、一つ工夫をしています。それは、枕詞に「他でもないお前だからこそ」というワードを加えること。この言葉のスパイスが、部下に嫌悪感を与えることなく、逆にやる気を引き出すというのです。

 

「他でもないお前だからこそ」この言葉を届けられると、部下は自分が特別扱いされているのだと思い込みます。そして、上司からの期待と信頼をひしひしと実感します。だから、仕事を押し付けられているという嫌悪感を抱くことなく、積極的に「頑張ります!」とやる気を見せてくれるのだそうです。そう言いながらも、実際には当の部下以外に任せても問題ない場合もあるのでしょうが、そこは「嘘も方便」ですね。

 

一方で、部下側も、工夫が必要です。ただ単に嫌悪感を募らせていては、上司に不信感を抱くだけ。「俺だけに押し付けられた」と感じたのなら、その疑問をきちんと上司に投げかけてみましょう。「課長!なぜ私に任せたいのですか?」上司も命令権者・監督責任者として、きちんとその説明をする義務があります。「いいから、やれよ!」って具合に、もし筋の通った説明がなかったとしたら、その仕事を断る権利が芽生えたとも言えるでしょうね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

桜井洸希

サラリーマンのためのお悩み解決アドバイザー

桜井洸希

「サラリーマンのためのお悩み解決アドバイザー」として活動するエッセイスト。数万人の従業員を抱える某巨大組織に勤務する傍ら、世のサラリーマンが抱える仕事のお悩みに対する解決方法を提示するため、コラムを連載している。その解決方法は、正統派のものからアクロバティックなものまで、多岐に及ぶ。

メルマガ購読はこちら

ページトップ