チェリオ『ライフガード』のバイオニックドリンクを覚えてるか?

ライフスタイル

久須美 雅士

■誰もが気になる『バイオニックドリンク』というフレーズ

 

今回はチェリオの商品を紹介したいと思います。全国的な自販機展開を行っていないのでマイナーな飲料メーカーというイメージですが、主力製品『ライフガード』は私の知る限り、30年間一度もコンビニの飲料コーナーから消えていないという超定番商品です。ペットボトルの採用も早く、緑色のペットボトル(現在国内の清涼飲料では使用されていない)を覚えている方も多いかと思います。

 

チェリオジャパン『ライフガード』(左:1991年、右:2001年)

ライフガードは1986年発売で、ビタミン入り炭酸飲料としては古参の品です。アミノ酸が配合されているので(オロナミンCにも入っているのですが)、『バイオニックドリンク』(超生命体飲料)というキャッチフレーズが付いています。

 

発売当時からパッケージはカモフラージュ柄のパターンです。当初ミリタリー調なパターン(テレビ映画『コンバット』のサンダース軍曹のヘルメットのイメージという話も)だったのですが、時代を経るにつれ、徐々にファッショナブルなパターンになってきています。2009年からは愛知県岡崎市のM&Kカスタムサインズがパッケージをデザインしています。2001年の画像はファッショナブルなデザインになる直前のものです。

 

 

■350ml缶、500ml缶をいち早く採用した『セーフガード』

 

チェリオジャパン『セーフガード』(左:1985年、右:1991年)

セーフガードは1984年に発売されたスポーツドリンクです。当時はまだ250mlロング缶が主流だったところ、350mlアメリカンサイズ缶を採用、大容量が喜ばれヒットしました。当初は緑色のパッケージでしたが、青色に変更されたのは大塚『ポカリスエット』を意識したのではないかと思います。

 

パッケージの商品名がタスキ掛けというのは、ライフガードと同じですが、かつて存在した乳性飲料『スノーストーム』や、インテリジェンスドリンク『ボディガード』も同様のデザインでした。特撮テレビ映画『サンダーバード』の国際救助隊のユニフォームみたいです。

 

チェリオジャパン『セーフガード プロスタッフ500』(1991年)。右はニューレモンテイスト。

350mlよりも大容量の500ml缶も発売されました。こちらには『プロスタッフ500』という愛称が付いています。

 

 

■販売終了から復活を遂げた『FOR』

 

チェリオジャパン『FOR(フォー)』(1991年)

『FOR』は食物繊維入りの炭酸飲料です。この品もよく見るとカモフラージュ柄になっています。一旦販売終了となりましたが、1998年に500mlペットボトル入りで復活しました。

 

カモフラージュのパターンですが、当時ボディコン服やギャル服のブランドで有名だった『ZEUS』のショップ袋のパターンに酷似していました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

久須美 雅士

All About 「コンビニグルメ」ガイド。清涼飲料水研究家。本業は専門学校の教員。 新潟市横七番町の生まれ。今も新潟市に住む。 1988年仕事で中国に行き、中国語のコカ・コーラびんを入手したのをきっかけに清涼飲...

久須美 雅士のプロフィール&記事一覧
ページトップ