誕生50周年、不二家「ホームパイ」は昔の味と違うって知ってた? サクサク感の秘密を取材してきた

ライフスタイル

食楽web

食楽web

ペコちゃん、ポコちゃんでお馴染み『不二家』。外はサックリ、中はしっとりの「カントリーマアム」、いろんな味が楽しめるチョコレート「LOOK」と並んで人気の商品といえば「ホームパイ」です。1968年に誕生し今年で50周年。「懐かしい!」という人もいるのではないでしょうか。実は、ホームパイは誕生以来、その美味しさが進化をし続けているお菓子なんです。久しぶりに食べた人はびっくりするかもしれません。いつの時代も新しい美味しさを教えてくれる「ホームパイ」のヒミツをご紹介します。

 

 

■あれ?「ホームパイ」昔と変わった?

 

いきなり個人的な話で申し訳ないのですが、子どもの頃、「ホームパイ」は“おやつの王様”でした。学校から帰ってきてまっすぐに“おやつの引き出し”を開け、黄色の「ホームパイ」の大袋を見つけた時の嬉しいことと言ったら! 「食べていい?」と確認し、すぐに冷蔵庫の牛乳を取り出してゴクゴク、そしてパイをかじり、うっとりして、不思議とお姫様気分になれる。「ホームパイ」は子どもにとって贅沢なお菓子だったんです。

 

その「ホームパイ」を最近、スーパーで見かけた時、パッケージに「50th Anniversary」の文字を見つけました。しばらく食べていなかったので懐かしくて買ってみたんです。

 

食べてみると、ウンウン、サクサクでやっぱり美味しい。ほんのりした甘さで、バター風味だけど、軽くてさっぱりしていて。昔みたいに親の目を気にしたり、兄弟に気を使ったりすることなく思う存分食べられる。大人になった今、さらに美味しく感じます。

 

 

そうだ、子供時分には考えもつかなかった大人の食べ方をしてみよう! クリームチーズをのっけてカナッぺ風に、さらにスモークサーモンや杏ジャム、スモークハムを載せてみたりもしました。案外、塩系の具材にも「ホームパイ」は合うんです。

 

 

ワインと共に“ホームパイカナッペ”をつまんでいて、ふと気づきました。袋に「エキストラバージン オリーブオイル使用」という文字があります。さらに「バターのコクと発酵種の豊かな味わい」とも書いてあります。「ん? もしかして、昔と同じ味じゃないのかな?」 そういえば、サクサク感がよりアップしていて軽くなっているような……。そんな疑問がふつふつと湧き上がってきたのです。そこで、直接、不二家さんに聞いてみることにしました。

 

 

■ホームパイの美味しい歴史がすごかった!

 

 

■ホームパイの生みの親は「デリシャスパイ」

 

東京・文京区音羽にある不二家さんを訪問しました。入り口でペコちゃん、ポコちゃんにお出迎えされてウキウキ。「ホームパイ」の美味しさの秘密は、同社菓子事業本部マーケティング部の岡部桂子さんが答えてくれました。

 

まずはホームパイの歴史から。

 

「ホームパイの誕生は今から50年前ですが、実はそれよりも前に、ホームパイの生みの親とも言える“デリシャスパイ”があったんですよ」(岡部さん・以下同)

 

昭和20(1945)年代後半から、戦後の日本は洋式化が進み、“洋菓子店”が大人気でした。明治43年(1910年)創業、すでに超人気店であった「不二家洋菓子店」は生菓子、焼菓子を多数揃えており、その商品の中に、ギフト用「パイ・アラカルト」という詰め合わせがあったといいます。

 

「そこに入っていた手作りのデリシャスパイがとても評判が良く、昭和40(1965)年に、当社の菓子事業部でも扱おうということになったんです。菓子事業部というのは、スーパーなど量販店用の商品を扱う部門。ただし、大量に卸す必要があり、早急に機械設備を開発することになったんです」

 

 

■手間暇がかかるパイ製法の機械化に成功

 

パイというのは小麦粉と水などの原料を混ぜて練り、薄く伸ばして、さらに生地と生地の間に油脂(バター)を何度も重ねて焼くというのが基本製法。不二家の「ホームパイ」はその層数がなんと約700層もあるそうです。

 

実はパイというのは焼菓子の中でも丸めて焼くクッキーとは違って、非常に難しいお菓子。層が少ないリーフパイのようなものは、間に空気が入る分、壊れやすい特徴があり、かといって層を増やせばそれだけ手間ひまがかかります。

 

通常のパイは、上に膨らむように焼くけれど、「ホームパイ」は横に広がるように焼く製法をとっているそう

「最初にデリシャスパイを作った職人の方は、かなりこだわりを持って完成させたようで、薄い生地を重ねて密度を濃くしつつ、あのサクサク感を出すには、どのような配合でどのくらい

の層の数が一番良いのかを研究していたんだと思います。その職人技をそのまま機械で作ること自体が非常に難しく、機械化するにもかなり苦労したと聞いています」

 

それでもなんとか1968(昭和43)年に、半自動設備が完成。沼津にあった工場にそのラインを導入し、「ホームパイ」がデビューしたのです。

 

1968年「ホームパイ」発売当時のパッケージは箱入りでロゴも英文字

 

■進化し続けるホームパイ

 

「ホームパイ」を生クリームとイチゴでサンド! そういえば、不二家の創業者の藤井林右衛門氏が1922(大正11)年に日本で初めてショートケーキを販売したといわれています

 

■ところで肝心な味の変化について聞かねば!

 

「1991年、沼津から富士裾野工場に移管して、今と同じように全自動化するようになりました。それから少しずつ素材のリニューアルも行っているんですよ。富士山の天然水を生地の原料に使うようになったり、またパンのように発酵種を使用するようにもなりました。

 

本来、パイは発酵種とは無縁のお菓子ですが、パンの製法からヒントを得て、発酵種を入れて寝かすことで、風味が良くなり、さらにサクサクした食感を向上させることができました。また、今年から、エキストラバージンオリーブオイルを少し加えるようになりました。バターの風味をしっかり残しつつ、さっぱりとしたヘルシー感を出しているんです」

 

ホームパイを砕いて、ヨーグルトに入れても美味。甘みも控えめでさっぱりしているので、いろいろアレンジができます!

 

■新しい味の「ホームパイ」の続々、登場

 

やっぱり、美味しくするための工夫が到るところにこらされて、レベルアップしていたんですね。また、スタンダードな「ホームパイ」だけではなく、この50年の間に様々な種類の「ホームパイ」が登場していたことも知りました。実はホームパイは味をつけても飛びやすい性質があり、しっかり味をつけることも簡単ではないそう。ようやく1997年頃からココアフレーバーなど、少しずつ味を変えた商品を発売し始めたそうす。

 

「今年は50周年ということもあって、こうした味変えの新商品を毎月、限定で出していきます。ちなみに今は、ビターショコラ、スイートバニラ、レモンティーなどを発売しています」

 

また最近は、「アフタヌーングルメ」シリーズという新しいタイプのホームパイの「ショコラアーモンド」、「塩バターキャラメル」も発売しているそうです。「ショコラアーモンド」は、下がパイ生地で上のココア生地のクッキーの上にアーモンドが載っています。また、「塩バターキャラメル」は、パイ生地の間にココアサブレが入っています。いただいてみると、「ホームパイ」とはちょっと違いますが、袋菓子とは思えない贅沢なお菓子。さすがパイの不二家さんです。

 

左:ショコラアーモンド、右:塩バターキャラメル。どちらもやっぱりサクサクです!

歴史から製法、そして新しい味の開発までを伺い、常に新しい美味しさを創り出してきているホームパイを知って、改めて感動しました。皆さんもぜひホームパイの最新の美味しさを味わってみてください。今年は限定のニューフレーバーがたくさん出てきますよ~!

(撮影・文◎土原亜子)

 

 

 

>>不二家「ホームパイ」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

食楽webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

食楽web

食楽web

食べ飲み歩きを愛する30〜50代の男女に向けた、美食と酒のウェブマガジン。食にまつわるトレンドがめまぐるしく変化する昨今、レストラン・レシピなどの最新情報を、タイムリーに発信中。編集部による徹底リサーチに...

食楽webのプロフィール&記事一覧
ページトップ