何を言っても響かないゆとり世代の後輩にイライラ。どう教育すればいい?

人間関係

Suits-woman

冬休みがあけて、仕事が始まった人も多いと思いますが、いかがお過ごしですか? 長期に休んだ後や、寒さが一段と厳しくなってきたこの時期は、気持ちが落ちてしまいがち。そんな時は無理をしたり、我慢をするのではなく、たまにはお休みをとってストレス解消をしたり、リラックスを心がけてくださいね。

 

また悩みを抱えている人は、この連載を読めば少しは解決するかもしれません。毎回、みなさんから届いたよくある悩みにお答えしていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

今回は「後輩(新入社員)の図々しい行動にイライラ。注意しても聞かないゆとり社員を教育するにはどうしたらいいの?」という36歳・法律事務所勤務の女性からの悩みについて。社会に出て数年経ち、自分が少し上の立場に立った時の後輩への接し方って難しいですよね。特に上司と後輩の板挟みにあっている人はストレスが溜まるばかりでは!? そんな悩みにお答えしましょう!!

 

 

●悩み

 

「今年の新入社員の後輩の図々しい行動にイライラ。最近は胃痛に悩まされ、会社が行けなくなるくらい苦しいときも。その問題の新入社員は、朝はいつも会社にギリギリに到着。会議のときも最初に会議室に入り、資料の準備、お茶の準備などをして待たないといけないのに、準備をしないどころか遅刻をする始末。目上の人にも思ったことをなんでも言うし、外出する先輩に雑務を頼むという図々しさ。上司は指導係の私にもっと注意しろというのですが、何を言っても響かないのです。この後輩と上司との板挟みが本当に辛くて仕事を辞めたいくらいですが、注意しても聞かないゆとり社員を教育するにはどうしたらいいでしょうか?」

 

後輩には嫌われたくないと思うと厳しくできない…と悩む先輩社員は多いよう…

上司と新入社員の後輩との板挟み、というのは辛いですよね。自分のポジションと価値観、これまで学んできたことを全く無視した、というか、軽視した?後輩の振る舞いに、ただでさえ不愉快な思いをしているのに、上司からも指導係としての責任を追及されるなんて……。もう、本当に腹立たしいし、悲しいし、本来感じなくてもいいような「無力さ」さえ感じてしまうことでしょう。

 

「何を言っても響かない、注意しても聞かない」とありましたが、いくら訴えても、相手に言葉や気持ちが伝わらないことって、あるんですよね。

 

そんなとき、相手の能力を批判したくなりますが……本来、考えたいのは「どうすれば伝わるのか?」ということ。そのためには、伝わらない理由は何か?も考える必要があるでしょう。

 

 

■1.相手を知ること

 

伝わらない理由は、自分とは違う感性 or 価値観、もしくはその両方です。感性や価値観というのは、時代や年代、性別、生まれ育った環境や現在の生活環境、身体的なものや知性、趣味趣向、などが影響し形成されているものです。

 

つまり、相手を知ること。何故、そうなのかを探ることです。

 

文化や宗教、言葉や人種などが異なる外国人と接するときには、相手の背景を尊重するものでしょう。一方的に、此方の常識を述べても伝わらないし理解しては貰えないのです。

 

 

■2.価値観をシェアすること

 

注意しても、きかない理由は何か? あなたは、それを相手に直接尋ねたことがありますか?

 

「なんでわからないの? 何度も言っているのに、何故できないの?」というのは、尋ねていることになりませんよ。これは責めているにすぎないので。

 

まず、相手があなたからの注意をどうとらえているのかを知ることです。此方の価値観を押し付けるのではなく、現状を当人に分析させること。

 

「何がそうさせているのか?」

「その人にとってベストな状態は、どういったものなのか?」

 

そして、あなたが要求していることとその理由+あなたの価値観も伝えましょう。相手の価値観と擦りあわせることで、別の方向性が見えてくるはずです。

 

 

■賢人のまとめ

 

相手に言葉や気持ちが伝わらないときは、自分とは違う感性や価値観を持っていると割り切り、「相手を知ること」に力を入れましょう。また「価値観をシェアすること」も大切。相手の価値観と擦りあわせることで、違った角度から解決策が見えてくるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ