ミニカーで遊ぶときの「ぶ〜ん」は言わなくていいです

車・交通

&GP

 

子供の頃にミニカーで遊んだ経験がある方はきっと多いはず。そして、ミニカーを走らせるときは「ぶるるるる、ぶーん」とエンジン音を口真似でやるのが定番でした。時は平成最後の30年、今時期の子供はミニカー遊びを口真似せずに楽しむことでしょう。なぜなら、ミニカーからエンジン音ばかりか、エンジン駆動時の振動まで発生するからなんです!

 

 

タカラトミーから10月に発売が予定されているダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新モデル「トミカ4D(フォーディー)」(1600円/税別)は、トミカ史上初となる “エンジンを体感できる”システムが搭載されています。

 

▲「トミカ4D 日産 GT-R バイブラントレッド」

 

▲「トミカ4D 日産 GT-R メテオフレークブラックパール」

 

大きさや形は従来のトミカと同じですが、トミカの持つサスペンション機能を活かし、車体を上から押し込むことで“リアルなエンジン音”と“アイドリング振動”が発生。さらに手で転がして走行させると、車の走行音とそれに合わせて振動も変化するという仕様になっています。

 

▲「トミカ4D ホンダ NSX ヌーベルブルー・パール」

 

▲「トミカ4D ホンダ NSX カジノホワイト・パール」

 

第1弾となる今回はスポーツカー4種(日産GT-R/ホンダNSX・各2色)と、はたらくクルマ2種(トヨタクラウン パトロールカー/トヨタハイメディック 救急車)の計6種がラインナップ。スポーツカータイプは自動車メーカー全面協力のもと、実車のエンジン音を収録して使用するという超こだわりの本格派仕様で、はたらくクルマにもサイレン音やアナウンスボイス、エンジン音を収録。全てのタイプで臨場感のあるサウンドを体感できます。

 

▲「トミカ4D トヨタ クラウン パトロールカー」

 

▲「トミカ4D トヨタ ハイメディック救急車」

 

子供から大人まで、世代を超えてミニカー遊びが楽しめそうな「トミカ4D」。第2弾以降に期待しつつ、コレクターアイテムとして全車種を揃えてみるのもアリではないでしょうか。

 

>> タカラトミー「トミカ4D」

 

(文:&GP編集部)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

&GPの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

&GP

&GP

&GP(アンドジーピー)は雑誌Goods Press(グッズプレス)がプロデュースする 家電、デジタル、スマホ、IT、クルマや乗り物、時計、靴、鞄、アウトドアなどの最新ギア、 how to、注目したい人物を紹介するwebメディ...

&GPのプロフィール&記事一覧
ページトップ