女性にいきなり年齢を聞くのはアリ?婚活にひそむ“セクハラ”の境界線とは?

話題

Suits-woman

今年の春ごろ、政治界や芸能界でたびたびセクシャルハラスメントに関する問題が多発。SNSではセクハラ被害を告発する「#MeToo運動」が世界的ムーブメントとなりました。そんな風潮の中、婚活支援サービスを展開する「株式会社パートナーエージェント」では、「婚活」におけるセクハラについての実態を調査。男女が生涯のパートナーを求めて接点を持つ婚活の場でも、セクハラは起こっているのでしょうか?

 

 

■女性も加害者に?男性でも約2割がセクハラの被害を自覚

 

婚活中にセクハラをされた経験がある人は、果たしてどのくらいいるのか?同調査によると女性は35.9%、男性でも19.1%の人が「ある」「どちらかといえばある」と自覚していることが分かりました。

 

「ない」の割合が男女それほど変わらないことは、興味深い結果です。

 

では具体的にどのような体験をしたのでしょうか?同調査では男女それぞれでさまざまな自由回答が寄せられていました。まずは女性の主な回答を抜粋してみましょう。

 

○女性

抱き寄せようとして腰に手を回された(33歳・女性)

下ネタに苦笑いしたらウケたと思われたらしく、延々と下ネタを話された(37歳・女性)

まだ出会って日も浅く付き合ってもなかった人に食事の席で頭をポンポンとされて不快に感じた(42歳・女性)

人前で、赤ちゃんができる体なのか聞かれた(32歳・女性)

 

婚活で出会う異性は基本的にまだ十分な信頼関係が構築されていません。にもかかわらず必要以上に馴れ馴れしくされたり、ましてや「赤ちゃんができる体なのか」などのセンシティブな発言は言語道断です。

 

初対面での下ネタは男女限らず避けたほうが無難です。

 

しかし一方で、女性が加害者となっている男性へのセクハラ被害の実態も。そんな男性の主な回答を抜粋してみます。

 

○男性

経験人数は何人か聞かれた(37歳・男性)

年収を言った途端に態度を変えられた(28歳・男性)

専業主婦になりたいので、家族を養ってくれる人が良いと言われた(26歳・男性)

離婚の理由をしつこく聞かれた(31歳・男性)

 

十分な信頼関係が構築されていないうちから、相手のセンシティブな部分にズケズケ入り込む。その構造は基本的に女性も男性も変わらないと感じます。しかしその方向性が「年収」や「離婚の理由」など、微妙に女性と異なるのが興味深いところ。セクハラは何も、性的被害だけではないようです。

 

 

■容姿を褒める、年齢を聞くのはアリでも、問題はその後の態度に

 

しかしセクハラは何も全員が被害者なわけではありません。男女限らず自覚がないまま、自分が加害者になっている可能性もあるのです。事実、前述の男性によるセクハラについての自由回答の中には「自分の行動がいつセクハラになるか分からないという恐怖感は常にあった」という意見も。実際同調査では男性で32.5%、女性でも15.9%が「何がセクハラになるのか分からず、不安で委縮してしまった」と回答しています。

データをみると、やはり男性に比べて女性は自分がセクハラの加害者になる危機意識が圧倒的に低いようです

そこで同調査では「この発言ってセクハラ?」と疑問に思いそうな発言をいくつかピックアップ。男女別にセクハラかどうかを尋ねています。ちなみに「セクハラだと思う」「思わない」以外の人は「どちらともいえない」という回答です。

 

 

■「おきれいですね」「イケメンですね」などと顔についてコメントする

 

男性は17.7%が「セクハラだと思う」「どちらかというとセクハラだと思う」と回答し、58.1%が「どちらかというと思わない」「思わない」と回答。一方女性は9.0%が「セクハラだと思う」「どちらかというとセクハラだと思う」と回答し、71.4%が「どちらかというと思わない」「思わない」と回答しています。基本褒められることに関しては、女性のほうが寛容な人が多いようです。

 

■いきなり年齢を聞く

 

男性は32.7%が「セクハラだと思う」「どちらかというとセクハラだと思う」と回答し、33.3%が「どちらかというと思わない」「思わない」と回答。一方女性は25.3%が「セクハラだと思う」「どちらかというとセクハラだと思う」と回答し、44.1%が「どちらかというと思わない」「思わない」と回答しています。「女性に年齢を聞くのは失礼」という言葉もありますが、実際は男性が思う以上に気にしていない女性が多いことが分かります。

 

■年齢を聞いて態度を変える

 

男性は41.0%が「セクハラだと思う」「どちらかというとセクハラだと思う」と回答し、28.3%が「どちらかというと思わない」「思わない」と回答。一方女性は49.5%が「セクハラだと思う」「どちらかというとセクハラだと思う」と回答し、25.2%が「どちらかというと思わない」「思わない」と回答しています。男性が思う以上に年齢に寛容な女性でも、これはアウトです。

 

上記の結果をみると、年齢や容姿などの発言については男性が想像する以上に女性は寛容。しかしそれにより態度を変えることに関しては、男性が想像する以上に女性は敏感と言えるかもしれません。要は相手に失礼かどうか、これは男女限らずセクハラの加害者にならないために重要なポイントなのかもしれません。

 

 

【調査概要】
調査主体:婚活支援サービス パートナーエージェント
調査対象:25~44歳男女 2,300名
集計期間:2018年5月21~23日

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ