【結婚・離婚の幸福論】ベッキーは新たな恋愛で、不倫で失ったものを取り戻せるか?

人間関係

 

タレントのベッキーさんとジャイアンツの二軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんが、交際していることがニュースになりました。報道によると、約10年前からベッキーさんのファンだった片岡さんからのアプローチにベッキーさんが応える形で、先月から交際をスタートさせたとのこと。大人の男女のハッピーなニュースに「よかったね」と思った人も多かったのではないでしょうか。

 

というのも、ベッキーさんと言えば、2年前に当時既婚者だったミュージシャンとの不倫疑惑騒動や謝罪会見で“時の人”になりました。その際、私もいろいろなメディアからコメントを求められました。いわゆる「ゲス不倫」ブームのきっかけになった騒動だったこともあり、世間からも賛否両論の声が上がったものです。私自身は、不倫はもともとするべきではないとしながらも、「もっと深くドロドロな関係になる前段階で、相手の本性を見極めるチャンスがあったのはベッキーさんにとって不幸中の幸い。芸能人としてもひとりの女性としても、まだまだこれからの人なのだから、新しい幸せに向けて頑張ってほしい」というようなスタンスでした。なので、今回のハッピーなニュースを聞いたときも、「過去の経験を活かし、今度は幸せになってほしいな」とシンプルに感じました。

 

一般的にも、不倫をしていたことが明らかになってしまった場合、女性にとってその代償は少なくありません。たとえば、不倫相手の妻が夫の不倫を知ったときに、慰謝料などを求めて訴訟になることも考えられます。仕事をしている人なら、仕事を失う危険性もあります。

 

問題は社会的なことだけではありません。「不倫=裏切り行為」と受け取られた場合、家族や友人に対しても、信用を取り戻すための努力が必要になります。家族や親しい友人であれば、いずれ理解してくれるとはいえ、共感してくれるまでには時間もかかるでしょう。

 

このほか、何よりもダメージが大きいのは「自分の心」に対するものです。一般的な恋愛と比べ、不倫の恋では気持ちが満たされることはほぼありません。「この先、私たちはどうなるの?」「このままで本当にいいの?」といった不安や罪悪感で心は一杯になるからです。不倫の経験をしたことで、男性を信じることができなくなったり、自分自身が幸せになることを許せなくなってしまったりする、「不倫の後遺症」に悩まされる女性もいます。こうした不倫の後遺症から立ち直るためには、新しい恋愛に進み、傷ついた心を癒しながら失ってしまった自信を取り戻していくことも必要です。

 

誰でも人生での失敗はあるもの。失敗を成長のための反省材料として活かすためにも、信頼できる誠実な人と出会って、心から安心できる恋愛をするということはとても大切なことなのではないかと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

結婚離婚カウンセラー

岡野 あつこ

All About「離婚」ガイド。TVのコメンテーター、雑誌取材も多く結婚離婚相談実績は27年3万件以上。岡野あつこのライフアップスクールも現在迄に2000人以上の門下生を創出する名門となっている。夫婦問題の悩みを解...

岡野 あつこのプロフィール&記事一覧
ページトップ