ついに京王電鉄にも登場!なぜ 各社こぞって「着席保証通勤電車」を導入するのか?

話題

野田隆

先頃、京王電鉄が新型車両の製作を発表した。それによると、すべての座席にコンセントが付くクロスシートの着席保証通勤車両で、時間帯によってはロングシートにもなる電車だという。近年ロングシートしかなかった京王電鉄に待望のクロスシート車であるとともに、着席保証通勤車両がついに京王電鉄にも登場かと話題になっている。

 

「着席保証通勤車両」の歴史はロマンスカーからはじまった

 

着席保証通勤車両の歴史は意外に古く、登場からすでに半世紀になろうとしている。1967年に小田急が特急券を購入すれば定期券でもロマンスカーに乗れるようにし、町田(当時の駅名は新原町田)停車のロマンスカーを登場させたことが始まりとされる。とくに新宿到着後相模大野に回送するロマンスカーを町田に停め客扱いさせたところ大好評だったので、以後ロマンスカーを観光客のみならず通勤客用にも開放していくこととなった。

 

また1984年には、当時の国鉄が上野に到着した特急電車を大宮付近にある車両基地へ回送するついでに客扱いして「ホームライナー」として運転したところ大好評で、その後、各地に拡大していくこととなった。

 

今や、通勤時の特急や専用車両、普通列車のグリーン車連結による着席保証車両はすっかりトレンドになった感がある。この背景にあるのは何だろうか?

 

まず、利用者の立場から見ると、少しでも楽をして通勤したいという願望がある。長時間立ったままどころかすし詰めの車内で過ごすのは耐えられない。時と場合によっては痴漢と誤解されかねない。車内でパソコンが利用できれば仕事もはかどり時間の節約になる。帰宅時にビールでも飲みながら寛ぎたい、などなど。

 

JR普通列車のグリーン車は人気が高い。中央快速にも導入される予定だ

 

問題は料金であるが、ワンコイン(500円玉1枚)程度の出費で済むなら、毎日とは言わないまでも時々は利用したいという人は多いのであろう。首都圏のJR各線の普通列車連結のグリーン車も、かつては沿線に富裕層が多い、東海道本線と横須賀線限定だったのに、いつの間にか千葉方面、高崎線、東北本線、常磐線へと広がり、2020年頃までには中央線と青梅線にも登場予定だ。

 

一方、鉄道会社にも事情がある。それは少子高齢化により、通勤通学客が伸び悩み、あるいは漸減傾向にあることだ。また、都心部のタワーマンション建設ラッシュにも現われているように住居を郊外に構えるのではなく、都心あるいはそれに近いところにする傾向があることだ。利用区間が短くなれば運賃は少なくてすむ。こうした事情から各鉄道会社の通勤通学客からの運賃収入の増加が望めなくなっている。

 

東武東上線の着席保証電車TJライナー

 

それならばというわけで、特急券や指定券、着席保証整理券といった追加料金で稼ぐというスタンスになっているのだ。競合する路線がこうした列車の運行を開始すれば他社も追従するのもよくわかる。今回の京王線の取り組みも、ひとつにはJR中央線快速電車にグリーン車を連結するという計画に対抗したものであろう。

 

これから大都市圏の郊外に住むことを考える場合、利用するであろう鉄道が着席保証通勤電車を走らせているかどうか、また最寄駅がその停車駅であるかどうかも重要なポイントになるかもしれない。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

野田隆

野田隆

1952年名古屋生まれ。長年、高校で語学を教える傍らヨーロッパと日本の鉄道紀行を執筆。2010年、早期退職後、旅行作家として活動中。著書に「定年からの鉄道ひとり旅」「出張ついでのローカル線」「テツはこう乗る」...

野田隆のプロフィール
続きを読む
ページトップ