酒をやめずに1ヶ月で3kg減! 相模屋の「豆腐シリーズ」は脱おじさん体型の秘密兵器だった

ライフスタイル

食楽web

食楽web

 

私事ですが、5月で40歳になりました。最近、気になるものがあります。腹の肉と顔の肉です。「まさか、俺だけは」と思っていたけど、30代後半から加速度的に腹が出てきて、顔もひと周り大きくなったよう。

 

そこで夜に炭水化物を食べない半糖質制限をやったのですが、微塵も腹は凹まず、さらに体調も良くない。その原因はわかっています。酒です。ついつい、飲んじゃうんですね。飲むだけならまだしもつまんじゃうんですね。特に揚げもの。そして〆はラーメン。

 

そんな中年酒好きの筆者が、最近、スーパーで見つけたびっくり仰天の“豆腐食材”を3週間ほど試し、さらに簡単な“筋トレ”をプラスすることで、腹が凹んできたんです。ちなみに酒は止めていません。すごくないですか? しかも数日で手ごたえを感じるんですよ。そこで私がやった「楽しい豆腐生活」をみなさんにご紹介します。

 


豆腐生活・1日目

出会いは絶品「豆腐ハンバーグ用とうふ」

 

5月の連休中、普段は定食屋や居酒屋で済ます夕飯ですが、散歩がてらスーパーに行きました。お目当ては酒とつまみ。今日は暑いから「つまみは冷奴と枝豆だけにしようかな」なんて思っていたんです。

 

豆腐コーナーに行くと、様々な豆腐が並ぶ中に、“まぜて焼くだけ”と書かれた相模屋の「豆腐ハンバーグ用とうふ」という商品を見つけました。

 

「豆腐ハンバーグ用とうふ」

裏面を見ると、パッケージに入っている材料を混ぜるだけで良いとのこと。卵や鶏ひき肉、玉ネギ、小麦粉といった材料もいらないし、豆腐の「水切り不用!」と書いてあります。


そういえば、豆腐料理で一番面倒なのが豆腐の水切り。麻婆豆腐やゴーヤチャンプルーなどもしかり。どのくらい水を切ればいいのかわからないし、手間もかかります。かといって手を抜けば、水っぽくなって美味しくありません。これは一人暮らし、かつ料理が苦手な筆者にはかなり便利な商品では? と思い、試しに購入してみたのです。ちなみに、豆腐ステーキ用やゴーヤチャンプルー用の豆腐もありました。

 

パッケージに入っていたのはこの2つだけ

「豆腐ハンバーグ」の中に入っていたのは豆腐1丁と“ハンバーグミックス”という謎の粉だけ。豆腐はすでに水切りされているため、かなり硬めでした。「本当に卵を入れなくて大丈夫?」と不安になります。


でも、調理方法に従い、ボウルに豆腐と粉だけを一緒に入れて、なめらかになるまでこねてみました。すると、不思議なことに、豆腐の水分だけで豆腐団子が簡単にできたんです。焼く前からかなり柔らかそう。

 

丸めて4個分にしてみました

さっそくフライパンで焼いていきます。途中でヒビが入らないかとひやひやしていましたが、焼いていても水気が抜けることはなく、大丈夫そう。ひっくり返して弱火にし、蓋をして蒸し上げること5分。蓋を開けると、ふっくら焼き上がっています。

 

 

ポン酢をかけていただきました。豆腐の旨みが濃厚で、ナツメグの香りや玉ねぎの甘みも感じます。付け合わせの野菜を適当にのっけたら、まるでお店で食べるような本格的な豆腐ハンバーグ!

 

この優秀な調理セットを販売しているのは、豆腐専門メーカー『相模屋食料(株)』です。ネットで調べてみると、他にも豆腐のアイデア商品をたくさん出しているよう。これは面白そうだ、ということで、翌日から、この相模屋商品に注目することに。

 

ちなみに、ゴーヤチャンプルー用の豆腐でも作ってみました。やはり豆腐の水切りが不要で便利です。ただ卵を入れ忘れました!

 

■これが豆腐? 信じられないツルツル麺

 

 

豆腐生活2日目

豆腐とは思えない「とうふ麺」

 

昨日食べた「豆腐ハンバーグ用とうふ」が忘れられず、翌日は会社の近くのプチマルエツでも豆腐コーナーに寄ってみました。そこで同じく相模屋さんの「とうふ麺」と「きつねとうふ麺うどん風」(こちらは夏季休売。秋に販売再開予定)という商品を見つけました。どちらもトレー付き。オフィスで食べることができそうなので、2個買い。

 

まずは、「とうふ麺 めんつゆ」の方を開けると、入っていたのは麺とつゆだけ。これでは物足りなさそうなので、小葱と天かす、ゆで卵を買い足してきて作ることにしました。作ると言っても、トレーの中の水気を切って、具材を載せ、つゆをかけるだけです。

 

「とうふ麺」は豆乳で作った大豆100%の細麺

麺は、豆腐とは思えないしっかりした食感です。以前“こんにゃく麺”を食べたことがありますが、あれは匂いが苦手で1回でやめました。この“とうふ麺”は匂いが全く気になりませんし、昆布とカツオだしが利いていて、好きな香りです。具材を載せたおかげで満足感もあり、食べている最中から、これに天ぷらやキムチ、豚しゃぶを載せてもいいな~と、アイデアがどんどん出てきます。

 

「きつねとうふ麺うどん風」

もう1つ購入しておいた「きつねとうふ麺うどん風」は、小腹が空いた夕方に食べることにしました。これも袋から麺とだし汁を取り出し、トレーに開け、うどんつゆをかけた後、付属の油揚げを乗せてレンジで3分チンするだけ。

 

 

こちらの「とうふ麺」は昼に食べた麺とは違い、中太麺で、食感もしっかりしています。豆乳のだしと、昆布とカツオの風味がミックスされ、今まで食べたことがない豆乳仕立てのうどん。豆乳のスープを飲み干すと、体が温まり、お腹もいっぱいに。

 

こうして2日に渡り、豆腐生活をしてみたら、面白くなってきました。これはひょっとしたら、脱オジサン体型を目指せるかもしれない。そこで、その日から自宅での簡単筋トレも始めたんです。とはいえ、やったのは単なるスクワットです。1セット30回、1日10セット、暇な時間にやるだけ。これ、けっこう効きます。最初は筋肉痛になります。

 

そして、豆腐生活はまだまだ続きます。

 

 

■飲んだ後は「だし茶漬け風冷やしおぼろ奴」

 

「わさびのだし茶漬け風冷やしおぼろ奴」(わさびのふりかけ付き)

 

豆腐生活3日目から

 

「豆腐で健康的に体を絞ろう」と決意してから、一番の問題はやっぱり酒なんです。暗くなると反射的に酒が飲みたくなる性分。付き合いもあるし、そう自宅で豆腐ばかり食べているわけにはいきません。

 

で、結局、同僚や友人と酒を飲みに行くわけですが、大きく変わったのは、飲んでいて食べるつまみも、揚げ物を避けて、焼き鳥や刺身といった油の少ない良質の動物性タンパク質にしたこと。不思議と豆腐を食べ出してから、脂っこいものを食べなくても平気になりました。そして最大の敵「〆のラーメン」を一切やめたことです。

 

酒を飲むと決まって時間差で腹が激減りしてきて、夜中に〆の炭水化物が欲しくなります。そんな時に食べていたラーメンをきっぱり止め、家に帰ってから相模屋の「だし茶漬け風冷やしおぼろ奴」シリーズを食べるようにしたんです。

 

 

種類が豊富で、鯛だし、梅、キムチ、わさびと全4種類もあるので、これを冷蔵庫に常備しておくわけです。

 

「梅のだし茶漬け風冷やしおぼろ奴」(梅とあられのふりかけ付き)

豆腐をトレーに水分ごと移し、お茶漬けの素をかけるだけで出来上がり。これなら、多少酔っ払っていてもすぐできるし、洗い物をしなくて済むので便利です。

 

「鯛だしの だし茶漬け冷やしおぼろ奴」(鯛だし茶漬けふりかけ付き)

 

このだし茶漬けシリーズだけでなく、「おかかで豆乳たっぷり食べるおぼろ奴」や「つゆで食べる豆乳たっぷりおぼろ奴」もあり、簡単に食べられる おかずやっこシリーズはとっても便利。

 

というわけで、豆腐生活を続けること約3週間、驚くことに体重が3kgも減ったんです。実は、相模屋の豆腐はこの他にもたくさんあるので、まだまだ食べ切れていないくらい。20代の時の体重まで、あとマイナス5kgを目指して続けていこうと思います。

 

取材・文=方南町夫

この記事が気に入ったらいいね!しよう

食楽webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

食楽web

食楽web

食べ飲み歩きを愛する30〜50代の男女に向けた、美食と酒のウェブマガジン。食にまつわるトレンドがめまぐるしく変化する昨今、レストラン・レシピなどの最新情報を、タイムリーに発信中。編集部による徹底リサーチに...

食楽webのプロフィール&記事一覧
ページトップ