【結婚・離婚の幸福論】妊娠出産の前にセックスレス… 再び「男と女」を取り戻した夫婦に聞いた円満のヒケツ

人間関係

 

セックスレスが離婚の原因になることは少なくありません。先日も、タレントの桃さんがセックスレスを想起させるコメントとともに離婚を発表したことが話題になりました。

 

桃さんは33歳で結婚は8年前。一般男性の元夫とは「ものすごく仲のいい夫婦」と言うものの、「男とか女とかそういうものを通り越して、仲のいい兄妹のようになってしまいました」「気づいたときには、お互いにその行為が考えられなくなってしまった」とセックスレスを意味するコメントを告白。「結婚して、あまりに早い時点でそうなってしまって。とっても幸せなんだけど、心のどこかで何かすごく物足りない気持ちが常にありました」「周りがどんどん結婚して、子どもができてゆくのを目の当たりにするたび、すごく嬉しい反面、ずっとどこかで焦りを感じていました」と苦しい胸のうちも明かしていました。

 

一般的にも、セックスレスはあまり長い期間続くと、夫婦生活にも支障をきたすもの。とくにこれから妊娠や出産、子育ての可能性がある夫婦にとっては切実な問題になります。したがって、できるだけ早い段階でセックスレスを解消する努力が必要になるでしょう。夫婦がセックスレスで悩むことがもっとも多いのは、産後クライシスになりやすい時期――つまり、妻が出産した直後から――と言われていますが、出産や妊娠前の段階でセックスレスの関係になってしまう夫婦も同じくらい危険ゾーンにいると考えられます。

 

それでは、もしも結婚後、妊娠や出産を考えているにもかかわらず、夫婦がセックスレスになってしまった場合はどうしたらいいでしょうか。

 

実際に、結婚後に一時的にセックスレスになったものの、お互いに「このままではいけない」と早めの対策をとった結果、ふたたび円満な関係を築くことに成功したご夫婦たちに、その秘訣を聞いてみました。

 

その1:「家族」ではなく「男女」の時間を持つようにした

 

夫婦でいることは精神的にも安定するもの。ところが、その「安定」がいつしか「油断」に変化すると、相手に対して魅力を感じたりドキドキしたりするシーンが少なくなってしまうのです。ときには家族としてではなく、恋人時代の頃のようなカップルとしてデートを楽しむことも男女の関係を取り戻すためには必要です。

 

その2:「セックスは女性の美を保つためにも必要」と考えた

 

自然のままにまかせていると、年齢や年月を重ねるうちに、やがて夫婦はセックスレスになっていくもの。だからこそ意識的にセックスレスを解消しようと努める必要があります。とくに働く女性で多いのは、「疲れたから」「面倒だから」と言う理由で夫からの誘いを断るケース。それが積み重なることでセックスレスに慣れてしまうと、夫婦の危機を迎えることにもつながります。「夫とはしたくないし考えられない」という人は、「セックスは女性を綺麗にしてくれるもの」ととらえ、美容のためのエクササイズのひとつと考えてみるのもおすすめです。

 

その3:お互いが知らない場所に「プチ旅行」をした

 

なれ合いになっている関係に刺激を与えるために、夫婦がお互いに行ったことのない場所にプリ旅行に行ってみるのもアリ。新鮮な体験にお互いの気持ちが高ぶりやすくなり、いつもと違うことにも挑戦しやすくなるからです。「今さら恥ずかしい」「きっかけがつかめない」という夫婦にも取り組みやすい方法です。

 

それでもセックスレスを解消できないという場合、離婚を考える前にプロのカウンセラーに相談するのも一助になるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

結婚離婚カウンセラー

岡野 あつこ

All About「離婚」ガイド。TVのコメンテーター、雑誌取材も多く結婚離婚相談実績は27年3万件以上。岡野あつこのライフアップスクールも現在迄に2000人以上の門下生を創出する名門となっている。夫婦問題の悩みを解...

岡野 あつこのプロフィール&記事一覧
ページトップ